Opera Mobile、ウィルコムのシャープ製デバイス“W-ZERO3[es]”にプリインストール

Opera Software ASA 2006年07月04日

オスロ、ノルウェー 及び 東京、日本 - 2006年7月4日:

Opera Software は本日、日本をリードするキャリアの一つであるウィルコムから発売されるシャープ製 Windows Mobile デバイス、“W-ZERO3[es]”<WS007SH> に最新の Pocket PC 向け Opera ブラウザ、Opera Mobile 8.6 が推奨ブラウザとして搭載されることになった旨をアナウンスいたします。“W-ZERO3[es]” は、好評のウィルコム W-ZERO3(シャープ製) の新シリーズであり、Opera Mobile 8.6 をプリインストールする初のデバイスでもあります。ウィルコムは、“W-ZERO3[es]”上でユーザーの皆様に最高の Web 体験を提供するために、Opera を推奨ブラウザとして搭載することを決断されました。このデバイスは、7月27日に日本でリリースされる予定です。

“W-ZERO3[es]” は、Windows Mobile 5.0 を搭載するパワフルな Windows Mobile デバイスです。MS Office や PDF ビューワー、Windows Media Player 10 を始めとした Windows Mobile の定番ソフトウェアを搭載し、QWERTY キーとダイヤルキーのデュアル・キーボード、2.8 インチ VGA のスクリーンを備えています。また、このデバイスに搭載される Opera Mobile 8.6は、Pocket PC 向け Opera Mobile として初めて Flash に対応いたしました。

「Windows Mobile の標準ブラウザに加え、Opera Mobile を推奨ブラウザとして選択していただいたことは、Opera にとって非常に重要であると考えています。」と Opera Software の Mobile 部門 Executive Vice President、 Roger Carlhammar は述べています。「Opera のスピード、最上級のユーザビリティによって、Windows Mobile ユーザーの皆様に、お持ちの端末にふさわしい Web 体験を提供できることに喜びを感じます。」
入手方法

“W-ZERO3[es]”は7月27日に日本で発売される予定です。

■Opera Software ASAについて

Opera Software ASA は、デスクトップやモバイル、ネットワーク接続デバイスなど向けの高機能なウェブブラウジングをご提供しています。 Opera のクロスプラットフォームなウェブブラウザ技術は他のブラウザに比してその 軽量性やパフォーマンス、標準への準拠などにより定評を確立しており、より高速かつ セキュア、よりダイナミックなオンライン環境をユーザの皆様に実現しています。

Opera Software ASAの本社はオスロにあり、そのほか世界各地に現地オフィスを擁します。会社の株式は OPERA のティッカーシンボルにて Oslo 証券取引所で取引されています。Operaについてのより詳しい情報は、jp.opera.comをご覧下さい。

■株式会社ウィルコムについて

ウィルコムは、日本国内において PHS サービスを提供する、モバイルデータ通信のリーディングカンパニーです。データ通信のみならず、業界初となる音声定額サービス「ウィルコム定額プラン」を2005年5月に開始するなど、新しいサービスを次々に市場に投入し、現在の累計加入者数は400万加入(2006年5月末現在)を超えています。ウィルコムについてのより詳しい情報は、www.willcom-inc.com (英語・日本語ページあり)をご覧下さい。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR