自動車アフターマーケット業界向け次世代基幹システム.NSシリーズ登場 ~業種別基幹システムの連携を可能にした、総合ネットワークシステム第一弾ついに販売開始~

株式会社ブロードリーフ 2006年09月14日

【要旨】
 株式会社ブロードリーフ(URL= (リンク ») )は、9月20日より、
自動車アフターマーケット向け基幹業務システムの新商品と
して、自動車整備ネットワークシステム「SF.NS」、自動車鈑金見積
ネットワークシステム「BK.NS」、車両販売ネットワークシステム
「CS.NS」の3つの商品群を、システム間連携可能な.NSシリーズ(ドッ
トエヌエスシリーズ)として同時に販売開始いたします。

 新商品.NSシリーズは、これまで定評のあった各業務システム(自動
車整備システム、自動車鈑金見積システム、車両販売システム)の豊富
な機能を継承した上で、Microsoft社の.netフレームワークを採用した
同一のアーキテクチャで設計されており、操作性を飛躍的に向上させる
とともに、システム間での連携機能が強化されました。また、インター
ネットを通じて最新のデータベース、法改正対応プログラムを提供する
仕組みを装備するなど、メンテナンスフリーで、将来にわたった発展性
も確保されています。

 当社は、この.NSシリーズを今後の基幹商品と位置づけ、既存のユー
ザー様24,000社を中心に営業活動を展開し、2007年度100億円の達成を
目指します。また、この度の.NSシリーズの3製品のリリースを第一弾と
して、今後、NSシリーズのアーキテクチャを、当社の従来製品であるリ
サイクル部品流通システム、自動車部品商向け業務システム等にも順次
採用する計画です。これにより、自動車アフターマーケットの様々な業
態の事業者が、当社システム経由で、常に“最新のデータベース”、
“最新のプログラム”を活用して業務連携できる環境を実現し、事業者
の業務効率の改善に貢献することを目指します。

<.NSシリーズの主な特徴>
【各システム共通仕様】
・通信型業務アプリケーションにより「データベース」、「最新プログ
ラム」の更新が自動化され限りなくメンテナンスフリーになりました。
・通信が途絶えても、オンライン時に必要なデータを取り込むことによ
り通常業務を行うことができる「オフライン機能」を搭載。また、オフ
ライン時に行った「見積り等」はオンラインに切り替えるとサーバー保
存も可能です。
・業種を超えた「比較見積り」提示機能
・セット作業マスタの共通化
・バーコード読み取り機能の拡張
・データベースの統合化により①鈑金での日整連作業の利用、②車輌販
売装備情報の全システム共通化などが可能になりました。
・業界随一のデータベース(自動車の類別フル型式情報34万点、整備標
準工数4,688万点、部品価格5,118万点)

<.NSシリーズの詳細について>
 .NSシリーズの最大の特徴は、当社の既存商品であるスーパーフロン
トマンシリーズの優れた操作性を踏襲し、各システム間の連携を図った
点が挙げられます。自動車アフターマーケットの事業者は、大半が少数
体制であり、多くの車種、それに使用されている多品種の部品を扱うこ
とから、現場の業務を効率的に行なうことが最重要案件となっていま
す。こうした事業者の声により、永年にわたって改善を重ねてきたスー
パーフロントマンシリーズは、抜群の操作性を誇っており、テンキーや
マウスによる簡単な操作で顧客情報や顧客が所有する自動車の情報をPC
の画面に表示させたり、修理や車検に必要な部品、工賃のデータを引き
出して見積書や請求書を発行する作業を簡単に行うことができます。

 .NSシリーズでは、そうした操作性を保持したまま、インターフェー
スを刷新し、例えば、自動車整備から鈑金見積、さらには車両販売に機
能(システム)をスムーズに拡張できるようになっています。具体的に
は、現行のシステムでは、複数の業務のエントリー作業を行なう場合、
整備業務は整備システム、鈑金業務は鈑金システムをそれぞれ立ち上げ
てから行わなければなりませんでしたが、.NSシリーズでは、エント
リー作業はひとつですみます。整備、鈑金、車両販売の各システムに伝
票入力を行う必要がなく、「得意先・車両検索」を行うだけで、すべて
の伝票の状態や状況を把握できることができます。
逆に、各シリーズについて、売り掛け、請求書発行、買い掛け、仕入れ
といった機能を削除、付加することができますので、ユーザーの業務に
合わせた細かい機能選択と最適なコストでの運用を可能にします。

 また、.NSシリーズは、通信ネットワークを利用しており、ユーザー
にとって手間だったデータベースや法改正後の対応プログラムの更新が
随時行なえるため、常に“最新のデータベース”、“最新のプログラ
ム”を利用することができます。

 さらにブロードリーフは、自動車部品専用流通システム「パーツマ
ン」、リサイクル部品流通ネットワークシステム「パーツステーショ
ン」のインフラを保有し、サービス提供しています。将来は、それらの
システムを.NSシリーズと共通のアーキテクチャでバージョンアップを
行い、今回発売する各システムと連携することを計画しております。

以 上

<株式会社ブロードリーフについて>
 株式会社ブロードリーフは、ソフトウェアメーカーとして、自動車修
理工場、自動車部品商、機械工具商、工務店等に業種特化型のパッケー
ジシステムを提供しています。各業種が持つ固有の業務環境に合わせた
業務システムを、業務に不可欠な各種データベースとともに提供するこ
とを特徴としており、約4万社に当社システムをご利用いただいており
ます。
 ITおよびネットワーク技術など先進技術を駆使し、各業種・業態に特
化した新たなシステム事業を展開します。
 また、ITX及びグループの事業戦略とのコラボレーションも推進し、
ユーザーのビジネスの発展を強力に支援することで、IPO(株式公開)
を早期に実現させ、ユーザーから一層の信頼が得られる企業になること
を目指します。

【会社概要】
名  称:株式会社ブロードリーフ
(URL= (リンク ») )
(2006年8月1日にITX翼ネット株式会社より社名変更)
創  立:2005年12月
資 本 金:78億8,500万円〔2006年1月現在〕
代 表 者:代表取締役社長 大山 堅司
売 上 高:約222億円
〔翼システム(株)の事業部門としての2004年度《04年4月~05年3月》の
売上高〕
従業員数:1,036人〔2006年1月現在〕
株  主:ITX株式会社グループ(100%)
ITX株式会社(登記上:アイ・ティー・エックス株式会社)
本社所在地:東京都品川区東品川4-12-2 品川シーサイドウエストタ
ワー
TEL.03-5781-3100(代表)
事 業 所:営業・サポートネットワーク 全国42拠点〔2006年1月現
在〕
開発拠点:札幌、東京、福岡の全国3拠点〔2006年1月現在〕
事業内容:
【各業界・業種別システムパッケージの開発・販売事業】自動車整備シ
ステム「スーパーフロントマン」をはじめとする各種自動車業界向け業
務用システムパッケージや自動車以外の各種業界・業種別の業務用シス
テムパッケージ(在庫管理、顧客管理、見積・売上・請求書管理等)お
よびデータベースの開発・販売、サポート。
【各種ITソリューション事業】上記各システムパッケージに関連するさ
まざまな次世代システムの開発・販売・運営管理・サポート。 ・自動
車リサイクル部品共有在庫ネットワーク「パーツステーションNET」
や、Web利用の自動車部用品専用流通システム「パーツde.com」の開
発・販売・運営管理・サポート。
【対象業界・業種】自動車補修・販売・買取等アフターマーケット全
般、機械工具、農業関連、文具事務機器、住宅工務、携帯電話販売、大
手IT関連企業等。

【沿 革】
2005年
12月 翼システム(株)より、パッケージソフトウェア事業を独立・分
社化した新会社『アイ・ティー・エックス翼ネット株式会社』設立
2006年
7月  本社を品川区東品川に移転
8月  ITX翼ネット株式会社より「株式会社ブロードリーフ」に社名変

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ブロードリーフの関連情報

株式会社ブロードリーフ

株式会社ブロードリーフの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!