ウイングアーク、多次元高速集計検索エンジン「Dr.Sum EA」製品シリーズに新製品 データ連携ソリューション「Dr.Sum EA Connect」出荷開始

ウイングアーク1st株式会社 2006年10月11日

 Form & Dataのウイングアーク テクノロジーズ株式会社(以下、ウイングアーク テクノロジーズ、本社:東京都港区 代表取締役社長 内野弘幸)は、多次元高速集計検索エンジン「Dr.Sum EA」製品シリーズに、新たに円滑なデータ連携を実現するデータ連携ソフトウエア「Dr.Sum EA Connect(ドクター・サム・イーエー・コネクト)」を加え、2006年10月13日(金)より出荷を開始することになりましたので、お知らせいたします。
 新製品「Dr.Sum EA Connect」は、企業内にさまざまな形で点在する各種データベースやメインフレームなどの既存システム、エクセルやメールなど、企業に点在するあらゆるデータを統合・収集し、ノンプログラミングで「Dr.Sum EA」につなげるデータ連携ソフトウエアです。標準価格は、1サーバ 160万円(税別)から、ウイングアーク テクノロジーズのビジネスパートナーを通じて、データ資産の有効活用を検討される新規のお客様、および「Dr.Sum EA」ユーザ企業様に向けて販売を開始いたします。

 具体的な機能としては、これまでデータフローを定義する作業はデータソースごとに別々にSQLで詳細に設定するなどの必要がありましたが、「Dr.Sum EA Connect」は設定画面上でアイコンを配置して線でつなぐだけで詳細なデータフローの定義を設定することができます。また、データクレンジング・ロジックを標準搭載し、120種類のロジックアイコンの中から必要なロジックを選択するだけで設定することができ作業効率を大幅に高めます。
 また、データの取り込み方式は、専用のスケジュール機能で定期実行を設定し作業を自動化することができます。この他、複数のデータソースの変更状況を感知して同期処理を行う機能により、業務形態や運用環境にあわせ同期スケジュールを設定し、データ管理の自動化をはかります。

 以上のような機能をもつ「Dr.Sum EA Connect」は、GUIによるデータ設定の簡略化、初期設定作業やメンテナンス作業の簡略化することでデータ運用の自動化を実現し、システム管理者の作業工数を大幅に削減することができます。また、企業内に点在するシステムの多様な形式のデータから、必要な情報を必要な時に活用できる仕組みにより、ユーザ企業様の分析環境の向上をはかります。

 企業システム内に蓄積されている貴重な業務データを、セキュリティ環境下でデータを活用する必要性は高まりつつあります。このたび新たに「Dr.Sum EA Connect」を出荷し、業務現場から経営者層まで全社規模で、大規模の企業データの集計分析を実現する“多次元高速集計検索エンジン「Dr.Sum EA」”の製品ラインアップが揃いました。「Dr.Sum EA」製品シリーズの製品構成は以下のとおりです。

◇Dr.Sum EA/データ集計分析のための多次元高速集計検索エンジン。エクセルアドイン。
データ容量にあわせて以下3製品
Dr.Sum EA Enterprise、Dr.Sum EA Premium、Dr.Sum EA Advanced
◇Dr.Sum EA Visualizer/多彩なグラフ機能で集計分析結果をグラフィカルなイメージで可視化する拡張ソフト
◇Dr.Sum EA Datalizer for Excel/使い慣れたエクセルの操作画面で、複数の集計結果を比較しながら自由な角度で集計分析できる拡張ソフト
◇Dr.Sum EA Datalizer for Web/Webブラウザ上で複数の集計結果を同時に実行でき、複雑で高度なマルチ・レポーティングを実現する拡張ソフト
◇Dr.Sum EA Connect(新製品)/既存システムやエクセルやメールをDr.Sum EAにつなぐ連携ソフト

<稼働環境>
■Dr.Sum EA Connectサーバモジュール
・OS
<32Bit>
Windows(R) 2000 Server、Advanced Server
Windows(R) Server 2003 Standard、Enterprise
Windows(R) Server 2003 R2 Standard、Enterprise
<64Bit>
Windows(R) Server 2003 x64 Standard、Enterprise
Windows(R) Server 2003 R2 x64 Standard、Enterprise
・CPU
<32Bit>Pentium 4 2GHz 相当以上
<64Bit>Xeon(EM64T) 1.8GHz以上
・メモリ:1GB以上
・HDD :1GB以上
・ネットワークプロトコル:TCP/IP

■Dr.Sum EA Connect Studio
・OS:Windows(R) XP Professional
:Windows(R) 2000 Professional
・CPU:Pentium III 1GHz 相当以上
・メモリ:512MB以上
・HDD :100MB以上
・ネットワークプロトコル:TCP/IP

■クライアント環境
・OS:Windows(R) XP Professional
:Windows(R) 2000 Professional
・CPU :Pentium III 1GHz 相当以上
・メモリ:256MB以上
・HDD :100MB以上
・ネットワークプロトコル:TCP/IP

[ウイングアーク テクノロジーズについて]
「Form&Data」のウイングアーク テクノロジーズは、大手SI企業や企業の情報システム部門が取り組むシステム開発と現場業務の効率化をはかるため、「帳票、レポート、ドキュメント」の分野に特化したツール・ミドルウエア製品、サポート、導入支援、トレーニング等のサービスを提供します。とくに、情報システムに共通する「データ」のINとOUTに対して、業務に見やすい「フォーム」を使ったユーザインターフェイスによって、ソフトウエアの組み合わせによる短期システム構築と、わかりやすい業務の運用を実現しています。

・「StraForm-X」【帳票入力】業務にあるドキュメントのデータ化とWebシステム化
・「Dr.Sum EA」【データ活用】業務に蓄積されるデータの高速な集計分析と可視化
・「SVF」【帳票出力】基幹系帳票システムの統合・共通化、帳票運用の効率的な一元化

[会社概要]
社名:ウイングアーク テクノロジーズ株式会社
代表取締役社長:内野 弘幸
設立:2004年3月
資本金:1億円
売上高:62億円(2006年2月期)
従業員数:116名(2006年2月現在)
事業内容:帳票・レポート・ドキュメントの分野におけるソフトウエア製品の開発、販売、導入支援、保守サービスの提供。
URL: (リンク »)

<製品に関するお問合せ先>
ウイングアーク テクノロジーズ株式会社  
〒108-0075 東京都港区港南1-8-15 Wビル14F
TEL:03-6710-1700  FAX:03-6710-1701  
E-mail:tsales@wingarc.co.jp

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ウイングアーク1st株式会社の関連情報

ウイングアーク1st株式会社

ウイングアーク1st株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!