関西地区初のサービス拠点「アイリバー・プラザ心斎橋」をオープン ~ 「アイリバー・プラザ神田小川町」もリニューアル/両店舗にて、記念のオープニングキャンペーンを実施 ~

アイリバー・ジャパン株式会社 2004年11月24日

 携帯型デジタルオーディオプレーヤーの世界ブランド「iriver」(アイリバー)製品を日本国内で販売するアイリバー・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:遠藤信久)は、関西地区初のサービス拠点として、大阪・心斎橋に、iriver製品の展示・販売、相談受付などをユーザーと対面で行うショールーム兼サービスセンター「アイリバー・プラザ心斎橋」を、12月4日(土)にオープンします。尚、東京・神田の「アイリバー・プラザ神田小川町」も、本社移転に伴い移転、同じく12月4日(土)より、リニューアルオープンします。  また、アイリバー・プラザ心斎橋のオープン並びに、アイリバー・プラザ神田小川町のリニューアルを記念したキャンペーンも、両店舗にて同日より実施します(各店舗の概要ならびにキャンペーンの内容については下記参照)。

 本年2月に、東京・神田の本社オフィスに併設されオープンした「アイリバー・プラザ神田小川町」は、iriver製品の全ラインアップをはじめ最新製品もいち早く体感できるほか、エンジニア常駐による内蔵充電池交換・修理への即日対応や、知識豊富なスタッフによる製品に関する相談や質問の受付などの各種サービスを提供してきました。この10月には、2店舗目となる「アイリバー・プラザ新宿」を、新宿西口の新宿センタービル内にオープン、メーカー直轄のサービスセンターだからこそできる、きめ細やかなサービスで、両店舗とも多くのユーザーから好評を得ています。

 アイリバー・ジャパンでは、関西地区在住のユーザーに対してもサービスの拡充を図るべく、この度、関西地区初のサービス拠点として、大阪・心斎橋に「アイリバー・プラザ心斎橋」をオープンします。大阪ミナミ随一の繁華街である心斎橋は、ファッションやカルチャー関連の最先端ショップが軒を並べる他、日本橋の電気店街からも近く、買い物ついでに気軽に立ち寄れる最高の立地。製品の試聴や無料のインターネット環境などを、誰でも自由に利用できるオープンなスペースなので、待ち合わせ場所としても最適。アイリバーとユーザー、そしてユーザー同士を結ぶコミュニケーションスペースです。

 アイリバー・ジャパンでは、今後も、ユーザーとのコミュニケーションを大切にし、質の高いサービスを提供できるよう、より一層努力していきます。

用語解説

■アイリバー・プラザ心斎橋の概要
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・名称    :アイリバー・プラザ心斎橋
・サービス開始:2004年12月4日(土)
・住所    :大阪市中央区心斎橋筋2-6-14 グルメタワーアクロス1F
・アクセス  :地下鉄御堂筋線・心斎橋駅 徒歩5分/
        近鉄難波線・難波駅 徒歩5分
・問い合わせ先:TEL:06-6211-8285
・営業時間  :午前10時~午後7時 年中無休(年末年始を除く)
・サービス内容:ファームウェアアップグレードサービス
        製品の修理受付
         (アイリバー・プラザ心斎橋では製品受付のみとなり、
          後日修理・交換後発送となります)
        製品についての相談・質問の受付・対応
        製品の展示・販売
         (プレーヤー、アクセサリー、ブランドグッズなど)


■アイリバー・プラザ心斎橋 オープニングキャンペーンの内容
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・「N10-512MB」限定カラーの販売
・「N10」オリジナルヘッドフォン付ネックストラップ(ショートタイプ)
  限定販売
・「H300シリーズ」と「ゼンハイザー社製ヘッドフォンPX100」の
  お得なバンドルパックを限定販売
  (H320限定バンドルパック:\42,800(税込)、
   H340限定バンドルパック:\52,800(税込))。
・製品購入者先着200名にオリジナルグッズをプレゼント
・缶コーヒー「Roots AROMA BLACK」(JTフーズ提供)をもれなくプレゼント


■アイリバー・プラザ神田小川町の概要
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・名称    :アイリバー・プラザ神田小川町
・サービス開始:2004年12月4日(土)
・住所    :東京都千代田区神田小川町2丁目2番地8 天下堂ビル2階
・アクセス  :都営地下鉄新宿線・小川町駅B5出口 徒歩1分/
        営団地下鉄千代田線・新御茶ノ水駅B5出口 徒歩1分/
        営団地下鉄丸ノ内線・淡路町駅B5出口 徒歩3分/
        JR・御茶ノ水駅聖橋口 徒歩5分
・問い合わせ先:TEL:03-5282-5160
・営業時間  :午前10時~午後7時 (日曜・祝日、年末年始を除く)
・サービス内容:ファームウェアアップグレードサービス
        製品の軽修理および内蔵式充電池交換
        製品についての相談・質問の受付・対応
        製品の展示・販売
         (プレーヤー、アクセサリー、ブランドグッズなど)


■アイリバー・プラザ神田小川町リニューアルキャンペーンの内容
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・「N10」オリジナルヘッドフォン付ネックストラップ(ショートタイプ)
  限定販売
・「H300シリーズ」と「ゼンハイザー社製ヘッドフォンPX100」の
  お得なバンドルパックを限定販売
  (H320限定バンドルパック:\42,800(税込)、
   H340限定バンドルパック:\52,800(税込))。
・製品購入者先着50名にオリジナルグッズをプレゼント
・缶コーヒー「Roots AROMA BLACK」(JTフーズ提供)をもれなくプレゼント


【アイリバー・ジャパン株式会社について】
 携帯型デジタルオーディオプレーヤーの世界的ブランド「iriver」(アイリバー)製品の国内販売会社として設立され、韓国アイリバー社(iriver Limited、本社:ソウル)との連携のもと、iriverの世界展開の一翼を担っています。
 iriverは、独自の最先端技術をベースにした製品を提供するブランドとして高い評価を得ています。現行のiriver製品には、音楽はもちろん動画も再生できるマルチメディアプレーヤー「PMP」シリーズ、アクセサリー感覚で身に付けられるペンダントタイプの「N」シリーズ、本体にHDDを搭載し、膨大な音楽ファイルの収納の他、データストレージとしても活用可能な「H」シリーズ、持ち運びに便利な軽量・コンパクトボディに大容量フラッシュメモリを内蔵、デザイン面でも人気が高い「iFP」シリーズ、世界最薄サイズで話題を呼んだMP3/WMA/ASF再生対応のポータブルCDプレーヤー「iMP」シリーズなど、多彩なラインアップが揃っています。

<会社概要>
 会社名 :アイリバー・ジャパン株式会社
 所在地 :東京都千代田区神田小川町2-2-8 天下堂ビル2階
 代表者 :代表取締役 遠藤信久(えんどう のぶひさ)
 資本金 :8,000万円
      (韓国デジタルオーディオメーカー大手レインコム社100%出資)
 設立  :2003年7月
 業務内容:日本市場におけるiriver製品の販売、マーケティング、
      ユーザーサポート
 従業員 :24名
 URL   : (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アイリバー・ジャパン株式会社の関連情報

アイリバー・ジャパン株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR