ブログや個人ホームページに簡単に貼り付けることのできるチャットサービス「comitia.com」を開始

株式会社ガイアックス 2004年11月25日

株式会社ガイアックスは、ブログや個人ホームページに簡単に貼り付けることのできるチャットサービス「comitia.com」サービスを提供開始致します。 ブログや個人ホームページなどに簡単に貼り付けることのできるHTMLインターフェイスでリアルタイムに楽しめるサービスとして初のサービスとなります。

                               2004年11月25日
報道関係者各位
プレスリリース
                            株式会社ガイアックス


  ブログや個人ホームページに簡単に貼り付けることのできる
チャットサービス「comitia.com」を開始


 インターネット上のコミュニティソリューションを提供する株式会社ガイアックス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:上田祐司)は、ブログや個人ホームページに簡単に貼り付けることのできるチャットサービス「comitia.com」サービスを提供開始致します。

 ブログや個人ホームページなどに簡単に貼り付けることのできるチャットのうち、アプリケーション上やFLASH上のインターフェイスではなく、HTMLインターフェイスでリアルタイムに楽しめるサービスとして初のサービスとなります。
 最近、急拡大しているブログユーザーに、チャットというキラーサービスを簡単な仕組みで提供することにより、多くのユーザーの口コミ効果により拡散し大きなコミュニティを形成することを目的としています。

■「comitia.com」とは
 「comitia.com」は、ブログや個人ホームページの所有者が1~2行程度のHTMLタグを書き込む事により、簡単に貼り付ける事のできるチャットのサービスです。
 ユーザーにとって、Macromedia Flash Player7とMicrosoft Internet Explorer5.5以上の環境があれば、特にアプリケーションをインストールすることなく、リアルタイムのチャットを楽しむことができます。

■ブログや個人ホームページにおけるチャットの重要性
 ブロードバンドの普及によって、「リアルタイムにコミュニケーションをする」という楽しみ方が可能な環境となりつつありますが、下内普及しつつあるブログ等のサービスでは、リアルタイムではないコミュニケーションだけが提供されている状態となってしまっています。

 ガイアックスは、このような時代背景をもとに従来のリアルタイムではないコミュニケーションから、一歩進んだリアルタイムのコミュニケーションである、チャットサービスをユーザー間に提供致します。
 将来的には、comitia.comの簡単に貼り付けることのできるチャットを利用するユーザーを10万人以上、実際にチャットで楽しまれるユーザーを100万人以上を確保し、プロモーションや有料課金等の新しいビジネスジャンルを切り開くことを見込んでいます。

■提携スポンサーに関して
 現在のインターネットにおいて非常にユニークなサービスである「comitia.com」を活用し、プロモーション効果等を高める事を狙ったスポンサー企業様を募集しております。
 スポンサー企業様においては、先進的なサービスを利用するユーザーにチャット中の広告、またスキンデザイン等のユニークな形でアプローチできるというメリットがございます。

■本サービスのURL
「comitia.com」 (リンク »)

【参考資料:画面キャプチャー画像】
(リンク »)
(リンク »)

【株式会社ガイアックス 会社概要   (リンク ») 】
コミュニティサービスの企画、開発、運営及びコミュニティを中心とする各種ASPの
提供を行っております。ガイアックスは、「人と人をつなげること」を企業理念とし、
人と人とのコミュニケーションの促進やコミュニケーションを行う場所を作ることに
力を注いでいます。

なお本文に関するお問い合わせは、以下まで御願い致します。

■株式会社ガイアックス 広報室
東京都渋谷区渋谷2丁目12番地19号 東建インターナショナルビル 7F
Tel: 03-5464-0300
FAX: 03-5464-0303
E-mail: pr@gaiax.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ガイアックスの関連情報

株式会社ガイアックス

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR