米ノベル、ストックホルム市の教師や学生10万人を安全にネット上でつなぐシステムに貢献

ノベル株式会社 2004年12月16日

ノベルのアイデンティティ・マネジメントとポータルのソリューションが採用

ネットビジネスソリューションの先進企業、米国ノベル社(以下ノベル、米国マサチューセッツ州ウォルサム)は、ストックホルム市が同市の学校システムにノベルのアイデンティティ・マネジメントとポータルのソリューションを活用し、10万人以上の教師や学生を対象に教育サービスを提供したと発表しました。

ストックホルム市では100万人近くの市民を高速光ネットワークで接続してサービスを提供し、市民がよりよい接続のもとでよりよい情報を得られるよう務めてきました。しかし、同市の学校システムにおけるアイデンティティ情報が、学生を含む市民の公開電話帳や、より高いセキュリティ性が必要な教師や公的機関職員の情報を掲載した管理用職員名簿など、さまざまな情報源に散在していたため、教師と学生をネット上でつなぐことは難しい問題でした。結果として、教師と学生の間では文書を共有することはおろか、ネット上で共同作業をすることもままなりませんでした。

そこでストックホルム市では、すべてのアイデンティティ情報を統合し、教師と学生間のコミュニケーションギャップを埋めるためのポータルを構築しました。ノベルのアイデンティティ・マネジメントとポータルのソリューションは、アイデンティティ情報を単一の汎用ディレクトリに同期・統合し、正確なユーザアイデンティティ情報の単一の情報源として維持することができます。今回の新たな教育ポータルでは、電子メールや、オンライン百科事典などの共有教材へのアクセスが提供されています。アプリケーションをポータルに統合することで、教師や学生は学校に設置された一部のパソコンからだけでなく、どのコンピュータからでも安全に教材を利用することができるようになりました。

ストックホルム市は、スウェーデンにおけるノベルのパートナの1社であるプルセン(Plusen)社からの協力を得て、アイデンティティ・マネジメントとしてNovell(R) exteNd(TM)、Novell eDirectory(TM)、Novell Nsure(TM) Identity Manager、共同作業やファイル管理ではNovell GroupWise(R) Web AccessとNovell iFolderをベースに、新しい教育ポータルを構築しました。

同市では、まずNovell eDirectoryを用いて、学生10万人と教師1万人のための汎用ディレクトリを構築しました。そしてこれをアイデンティティ情報の唯一の情報源として維持するため、Novell Nsure Identity Managerを活用して人事システムやカリキュラム・データベースなど、他のアプリケーションからの情報を同期しました。これにより、教師と学生は、Novell eDirectory上に格納されたユーザ情報に基づき、単一のIDとパスワードで情報源安全にアクセスできるようになりました。

ストックホルム市はさらに、Novell exteNdを利用することで、教師と学生間のコミュニケーションを促進する新たな教育ポータルを設計、構築、導入することができました。ポータルをディレクトリと統合することにより、教師や学生は、あらゆるWebブラウザから、学校名、学級名、学年、カリキュラムといったアイデンティティ属性に基づいた情報を安全に利用できる環境を手に入れることができました。

ストックホルム市において学校向けICT(Information and Communication Technology)ソリューションのコーディネーターを務めるハンス・ファーンストローム氏は、「教師や職員のニーズに応えるため、われわれは早急にソリューションを構築する必要がありました。われわれは明確な外部インタフェースを備えた分かりやすいポータルを構築したいと望んでいました。Novell exteNdは非常にモジュラー性と柔軟性が高いため、必要なポータルコンポーネントだけを選択し、確実に組み込むことができました」と語っています。

このポータルにはGroupWise Web Accessが統合されているため、ユーザは学校のマシンにログインすることなく、一般的なWebブラウザを用いて、どのコンピュータからでも互いに電子メールを送ることができます。同市の学校には合計約2万の端末が存在していますが、個々のマシンにGroupWiseクライアントソフトをインストールする必要がないため、これらの学校では経費と時間を節約することができます。Novell eGuideはストックホルム市の全ての教師や学生を網羅した電話帳機能を提供するため、教師や学生は互いに連絡しやすくなり、コミュニケーションが円滑化されています。

Novell iFolderは教師に対してセキュアなネットワークファイル・ストレージ機能を提供しています。これにより、教師はあらゆるコンピュータからファイルにアクセスすることが可能です。Novell iFolderは、ファイルに対する変更を自動的に同期することができるため、教師は自宅にいても学校にいても、最新のファイルを利用することができます。教師はまた、特定のクラスに対して共有フォルダを作成し、クラスの学生全員に対して容易に情報を配布することができます。

ファーンストローム氏は、「われわれの主要目的は教育の質を向上させることにあります。そして教師が技術を効率的に利用することができるよう支援しています。われわれは新しく構築したポータルは単純なソリューションのように見えるかもしれません。しかし、すでに飛躍的な効果が現われています。Novell exteNdとNovell Nsureはわれわれの可能性を広げ、将来における拡張のための基盤を作り上げてくれました。たとえば学生の親が、自分の子供の宿題や成績、出席に関する情報を安全に閲覧することもできるようになります」と語っています。


◇ノベルについて
ノベルは、あらゆるビジネスネットワークが安全でシームレスに連携することを目指し、Novell(R) Nsure(TM)(セキュア・アイデンティティ・マネジメント:アイデンティティに基づくセキュリティ管理)、Novell exteNd(TM)(Webアプリケーション開発/Webサービス)、Novell Nterprise(TM)(クロスプラットフォーム・ネットワークサービス)、そしてNovell Ngage(SM)(コンサルティングサービス)の4つのネットビジネスソューションを展開しています。また、オープンソース・コミュニティを積極的に支援し、Ximian(R)とSUSE(R) LINUXによるサーバからデスクトップまでの包括的な企業向けLinuxソリューションとサービスを提供しています。ノベルは情報障壁のない世界の実現を事業ビジョンとして掲げており、お客様企業が高いセキュリティと経済性の下に、自社の情報を新たな価値に変換していくための支援をしています。

*Novell、GroupWise、Ximianは米国Novell, Inc.の登録商標です。*exteNd、Nsure、Nterprise、eDirectoryは米国Novell, Inc.の商標です。*Ngageは米国Novell, Inc.のサービスマークです。*SUSEは米国Novell, Inc.の事業部であるSUSE LINUX AG.の登録商標です。*その他の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。

以 上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ノベル株式会社の関連情報

ノベル株式会社

ノベル株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR