ALSI・旺文社デジタルインスティテュート・旺文社 産学協同による生徒・学生向け学習コンテンツ配信サービス e-Learningコンテンツを「指定教材」として提供する新事業を展開 「CHIeru.net(チ・エル ドット ネット)」を4月12日より本格販売開始

アルプスシステムインテグレーション株式会社 2005年03月17日

アルプス システム インテグレーション株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:大喜多 晃、以下ALSI〔アルシー〕)と株式会社 旺文社デジタルインスティテュート(本社:東京都大田区、代表取締役社長:川居 睦、以下旺文社DI)、株式会社 旺文社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:赤尾 文夫、以下旺文社)は、2005年4月12日よりWeb教材ポータルサイト「CHIeru.net(チ・エルドット ネット)」の本格販売を開始いたします。当サイトは、ASP形式による生徒・学生向け学習コンテンツ配信サービスであり、教育市場において初めて、高校・大学などの先生による授業の「指定教材」としてご採用いただく新しいビジネスモデルとして、2004年10月よりテスト販売を実施しておりました。この度の本格販売開始に伴い、初年度1億円の販売を予測しております。

■サービス名:
Web教材ポータルサイト「CHIeru.net(チ・エル ドット ネット)」
(リンク »)

■販売目標:1億円(想定利用者数:7万人)
■期間利用料:1コンテンツにつき 340円(月額)~
■販売開始時期:2005年4月12日
■販売チャネル:全国約400社のALSI販売パートナーを通じて販売
■販売対象:中学生~大学生

■本格販売開始後のビジネス展開

(1)ビジネスモデル

「CHIeru.net」は、「産学協同による教材制作」「ASP形式による教材配信」「指定教材としての採用」に着目し、先生と生徒・学生双方とをつなぎ、Web教材の利用から学習履歴の管理・シラバスの閲覧など、様々なサービスをトータルで提供する、新しい形の教材配信サービスです。

従来、Web教材等のデジタルコンテンツは、学校による設備費や教材予算で
一括購入されていました。これに対し、「CHIeru.net」では、生徒・学生が
個人購入しているペーパーベースの教科書や副教材等に代わる教材という位置付けで、先生や学校・学部に「指定教材」として当サイトのWeb教材をご採用
いただき、期間利用料という価格設定でシリアルキーを提供するという販売形
態をとることにより、これまでの教材と同額程度の価格で、生徒・学生が購入
できるようにいたしました。これにより、教材予算の削減傾向にある学校では
なく、個人持ち教材市場によるシェア拡大を目指します。

また、学校や学部などにおいて団体によるご採用をいただいた場合には、先生と生徒・学生間での情報共有ツールとして、授業に関するシラバス情報の登録・閲覧、先生による学習履歴の一元管理など、無料で利用できる付加価値をつけることで、新しいビジネスモデルにおけるサービスの定着を図ります。


(2)産学協同による教材制作

「CHIeru.net」では、授業や講義でご利用いただく教材を産学協同で制作し、授業との連携をさらに強化できるようにしております。その第一弾として、関東学院大学 工学部 奥 聡一郎助教授、同 Lisa Gayle Bond(リサ・ボンド・ゲイル)助教授と旺文社DIとの協同による工業英語教材を制作中で、2005年7月末のリリースを予定しております。

-------------------------------------------------------------
「e-Learning教材で期待される効果」
関東学院大学 工学部 奥 聡一郎 助教授からのコメント

e-Learningでは、コンピュータやインターネットの条件さえそろえば、時間や場所を超えて学習を自分のペースで進めることができます。学習の達成度や進度がすぐにわかるだけでなく、できるまで、覚えるまで繰り返して学習を進めることができるのです。
このe-Learning教材では、実践的な問題を解きながら工業英語の基礎を語彙から文法、読解まで身につくように構成しています。
-------------------------------------------------------------

■Web教材ラインアップ(2005年度)

(1)CAT(Computerized Adaptive Testing)エンジンを搭載した個別適応型英語
学習教材

旺文社グループの株式会社 教育測定研究所が研究開発した「旺文社・英検CAT」は、実際に英検で出題された過去問から学習者一人ひとりのレベルに合った問題を出題できるCATエンジンを搭載しております。英語力レベル診断・英検模試・文法ドリル・語彙力強化といった4つの学習ツールが搭載されており、目的に応じて学力を強化することができます。


(2)TOEIC(R)テスト・TOEFL(R)テスト対応教材

「TOEIC(R)テスト完全攻略」
「TOEIC(R)テスト リスニング完全攻略」
「TOEIC(R)テストスーパー模試シリーズ 470点攻略/600点攻略/730点攻略」
「TOEFL(R)テスト完全攻略」

(3)センター試験対策教材

「センター試験英語完全攻略」
「センター試験英語リスニング 完全攻略」(仮称;リリース予定)

(4)英語基礎力強化教材

「英文法徹底トレーニング」
「英文速読・語彙徹底トレーニング初級編/中級編」(リリース予定)

(5)ESP(English for Specific Purposes)対応教材

「実践!工業英語」(仮称:2005年7月リリース予定)



※掲載されている会社名及び商品名は各社の商標または登録商標です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR