「M2~神甲演義~」情報:4月1日エイプリルフール限定ニュース掲載

MMORPG「M2~神甲演義~」にて、新種の魔物「超巨大たまうさ」の生息の確認及び魔物「たまうさ」によって公式サイト(http://www.m2onliine.jp/)が占領される障害発生

株式会社ガイアックス 2005年04月01日

株式会社ガイアックス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:上田祐司、以下ガイアックス)は、配信・運営しているMMORPG「M2~神甲演義~」にて、新種の魔物「超巨大たまうさ」の生息の確認及び魔物「たまうさ」によって公式サイト( (リンク ») )が占領される障害発生という、2つの4月1日エイプリルフール限定ニュースを公式サイトにて掲載致しました。

これらのニュースは、エイプリルフールの「害のない嘘をついてもよい日」として日本に定着している風習に則って作成・掲載されたものであり、事実とは異なる情報ではありますが、「M2~神甲演義~」では、常にユーモアを忘れない遊び心のあるゲーム作りと運営を目指して参ります。


▲エイプリルフール情報ページ
  (リンク »)
=======================================

超巨大たまうさ出現!
たまうさによる公式サイトジャック障害のお知らせ

中原大陸の秘境に「超巨大たまうさ」が生息することを、運営チームでは確認しました!この超巨大たまうさは、あまりにも大きすぎてウィンドウの枠をはみ出てしまうことがあるので、発見した場合は注意が必要です。

さらに、運営チーム調査団の果敢な調べによって、この超巨大たまうさのデータ収集に成功!

<<超巨大たまうさデータ>>

 Lv 401
 HP 20050401
 属性 金
 攻撃タイプ 超アクティブ
 ドロップアイテム 超巨大たまうさ人形、超巨大リンゴ

この超巨大たまうさは「超巨大たまうさ人形」をドロップすることも確認されていますが、あまりにも巨大すぎてリュックに収めることができませんでした…。

さらにさらに「M2~神甲演義~」の公式サイトもたまうさに占領されてしまっている状況が続いています!
現在、運営チームでは原因究明と修復に努めております。
修復まで、ユーザーのみなさまにはご迷惑をおかけすることをお詫び申し上げます…。

状況に進展が見られましたら、公式サイトにてご報告いたします。

なお、未確認な部分も多々あるため、本件についてのお問い合わせにはサポートセンターではお答えできかねますのでご了承下さい。

=======================================

【『M2~神甲演義~』概要】(えむつー・しんこうえんぎ)
2004年9月10日よりオープンβトライアルを開始。25種の職業、200以上の技能、アバター機能搭載により、ユーザーは自由自在にキャラクターを作り上げることができます。また、キャラクターは巨大ロボット(神甲兵)に変身することも可能。他にも、土地を買って自分の家を建てる家システムや、仲間とチームを組んで発動する連携技など、多くの機能を盛り込んだ幅広い遊びのできる台湾発本格3DMMORPGで、2005年2月2日より正式サービスを開始しました。

【関連URL】
・『M2~神甲演義~』公式サイト
  (リンク »)

・GaiaX Co.,Ltd.
  (リンク »)

【コピーライト】
Copyright (c) 2004-2005 GaiaX Co.,Ltd. All rights Reserved.
Copyright (c) 2002-2005 InterServ International Inc. All rights Reserved.

【株式会社ガイアックス概要】
 設立:1999年3月5日
 資本金:5億1237万円
 代表取締役社長:上田 祐司
 従業員数:120名
 本社所在地:東京都渋谷区渋谷2-17-5 シオノギ渋谷ビル8F
 事業内容:コミュニティサービスの企画、開発、運営及び
 コミュニティを中心とする各種ASPの提供、コンサルティング

本文に関するお問い合わせは、下記担当までお願い致します。
■株式会社ガイアックス 担当:石山
 TEL:03-5464-0301
 E-mail:sayaka.ishiyama@gaiax.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ガイアックスの関連情報

株式会社ガイアックス

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR