shockwave.comサッカーがケータイゲームとして登場

~PCそのままの臨場感をFlashにより実現~

ショックウェーブ エンターテインメント株式会社 2005年05月19日

エンターテインメント・サイト「shockwave.com」を運営するアトムショックウェーブ株式会社(東京都渋谷区 代表取締役社長:瀬戸浩次郎)< (リンク ») >)は、「shockwave.comサッカー」のケータイ版ゲームを「shockwave.com mobileゲーム」にて5月19日より配信開始することを発表しました。

■shockwave.com サッカーについて
「shockwave.com サッカー」は、PCで人気のスポーツゲームを携帯電話でも楽しめる Flash コンテンツです。携帯電話での操作性、短い時間で気軽に遊べるゲーム性を考慮してルールをアレンジし、携帯で初めてプレイするユーザーにも楽しめる内容となっています。100KB 以上の Flashコンテンツを再生できる NTT DoCoMo、au の携帯電話端末があれば無料でお楽しみいただけます。

■shockwave.com サッカーの特徴
・美しいグラフィック
Macromedia Flash Liteによる美しいグラフィック表現により、PC 版と同等のゲームグラフィック、スムーズなスクロール表現を実現しました。

・PC 版そのままの臨場感
クリック操作でドリブル/パス/シュートが可能な PC 版の操作を携帯電話の数字キー操作に最適化しました。これにより、PC 版と同等の臨場感を持ったゲームプレイが気軽に楽しめます。

・i モードと au に対応
shockwave.com サッカーは、NTT DoCoMo、au の Flash 対応端末でご利用いただけます。アトムショックウェーブは今後も積極的にオリジナリティあふれる Flash ゲームを提供し、NTT DoCoMo、au 両キャリアのユーザー様に最新のモバイルエンターテインメントをお届けします。

■遊び方
数字キーで選手を操作します。5キーを中心に数字キーを押して移動やパスの方向を決定。ボールを持った選手は、数字キーを1回押すとドリブル、同方向に2回押すとパス、3回押すとフィードの動作をします。5キーを押すとシュートです。矢印方向にボールをつなぐとチャンスゲージが上昇。得点のチャンスが高くなります。3分間プレイして、得点を競います。キックオフ後3分が経過するか、相手チームが得点するとゲームセットです。

■その他
<URL> http://g.swm.jp/
<対応キャリア> NTT Docomo、au
<対応端末>  (NTT DoCoMo)
F900i、N900i、P900i、SH900i、F900iT、P900iV、N900iS、D900i、F900iC、N900iL、N900iG、SH901iC、F901iC、N901iC、D901i、P901i、F700i、SH700i、N700i、P700i
F901iS、N901iS、P901iS、SH901iS、D901iS
(au)
PENK、W31S、W31K、W31SA、W22SA、W22H、W21CA/CA II、W21T、W21SA、W21S、W21K、Sweets、Talby、A5507SA
<利用料> 無料

アトムショックウェーブ株式会社について
アトムショックウェーブ株式会社は、ゲーム、アニメーション、ショートフィルムといった、短時間で気軽に楽しめるエンターテインメントコンテンツで、広告、EC、ライセンスのビジネスを確立しています。同社の運営するサイトshockwave.comは日本でもトップクラスのエンターテインメントサイトです。同社に関する情報は  (リンク »)  にてご覧いただけます。

*shockwave.com、AtomShockwaveはAtomShockwave社の商標または登録商標です。
*その他の会社名、製品名はそれぞれ各社の登録商標または商標です。

このリリースに関するお問い合わせ先:アトムショックウェーブ株式会社
担当:桑崎
TEL:03-5469-3840 FAX:03-5469-3841
(リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

shockwave.com サッカー

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ショックウェーブ エンターテインメント株式会社の関連情報

ショックウェーブ エンターテインメント株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR