ヤナセ、CRCソリューションズのアウトソーシングサービスをフル活用し、TCOを大幅削減

WindowsNTの認証環境から Linuxとオープンソースソフトウェアによる認証システムへ移行、6,000名のドメイン認証と4000名のメール認証を一元管理

株式会社CRCソリューションズ 2005年05月31日

CRCソリューションズとミラクル・リナックスは、日本屈指の輸入車メガディーラーであるヤナセにワンストップのフルアウトソーシングサービスを提供。利用者に負担を掛けることなくWindowsNT4.0からMIRACLE LINUX搭載環境へとスムーズに移行させました。認証データの更新においてメンテナンスフリーを実現。さらにCRCのマネージドサービス導入により、運用負荷を軽減し、運用コストを抑制することができました。

株式会社CRCソリューションズ(本社:東京都江東区、社長:杉山尋美、以下:CRC)とミラクル・リナックス株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:佐藤武、以下ミラクル・リナックス)は、日本屈指の輸入車メガディーラーである株式会社ヤナセ(本社:東京都港区、社長:古市宏幸、以下:ヤナセ)にワンストップのフルアウトソーシングサービスを提供。約4,000ユーザのメール環境、約6,000ユーザのWindowsドメイン認証環境、およびインターネットアクセス環境を構築し、利用者に負担を掛けることなくWindowsドメイン認証環境をWindowsNT4.0からMIRACLE LINUX搭載(LDAP+Samba)のLinux環境へとスムーズに移行させました。これによりヤナセ のWindowsドメイン認証とメール認証の一元管理が可能になり、認証データの更新においてメンテナンスフリーを実現。さらにCRCのマネージドサービス導入により、運用負荷を軽減し、運用コストを抑制することができました。

今回、CRCはシステム全体の設計、構築をはじめ、運用サービス等フルアウトソーシングサービスをヤナセに提供し、認証サーバ(LDAP+Samba)の構築は、Linuxの大規模認証サーバの構築、及びWindowsからLinuxへの移行において豊富な実績を持つミラクル・リナックスが担当しました。

■導入の背景

ヤナセでは、企業としての基礎体力向上を目指し、2004年より様々な情報プラットフォームの整備を行ってきました。その一環として、CRCデータセンターへのシステムの移行を2005年1月に完了させ、Windowsドメイン認証対象者を既存の3,000名から全従業員6,000名へと倍増させることを計画しました。また、同時期に既存情報システムのWindowsNT4.0サーバがサポート終了となり、アップグレードによるライセンスコストの負担回避とウイルスに対する耐性などから、Linuxによるシステム構築を検討することとなりました。

検討の結果、運用後の管理負荷の削減までをトータルに視野に入れ、CRCのアウトソーシングサービス利用することにし、システムの移行と同時に、LDAP+SambaによってWindowsログオン認証、メールサーバへのログイン認証を一元化することを決定しました。

■導入の経緯

ヤナセは情報プラットフォームをCRCデータセンターへ移行する際にトータルコストを抑えることが一つの目標でした。

Windowsログオン認証とメール認証の一元化による認証管理コストの削減及びライセンス費用の削減の解決策は、LDAP+Sambaによる認証サーバの構築でした。認証サーバの構築においては、CRCが設計を担当、それに基づいて認証システムの構築と認証データの移行をミラクル・リナックスが担当しました。認証サーバのOSに「MIRACLE LINUX V3.0 - Asianux Inside」を選定した理由として、Sambaとの親和性や日本語対応などといったOSとしての優位性があげられます。なお、既存システムのWindows NT4.0サーバからデータを移行する必要があったこと、さらに、Windowsドメイン認証対象者約6,000名、メールアカウント認証対象者約4,000名という大規模システムであったため、ミラクル・リナックスの、Windowsからの移行に関する豊富な実績や蓄積ノウハウの高さを大きく評価し、パートナーとして連携し、認証サーバの構築を行いました。また、ヤナセはコストを抑え、運用負荷の軽減を図るため、メールサーバ等インフラ環境を自社で持たずにCRCのサービスを利用し、CRCのマネージドファイアウォールサービス、マネージドホスティングサービス、運用監視サービス、インターネット接続等ISPサービス、データセンターファシリティ等をフルアウトソーシングの形で活用することになりました。

ヤナセは、CRCのサービスを利用することにより、情報システム技術・運用といった側面から解放され、経営資源のさらなる集中が可能となりました。

■導入の効果

CRCのアウトソーシングサービスを利用することにより、自社で資産を持たず、運用の負担も少なくなり、ランニングコストを抑える事ができました。

移行の結果、インターネットアクセスのレスポンスは大幅に改善。Windowsドメイン認証サーバのOSの変更に関して、移行後に利用者のパソコン環境を変更する必要もなく、「既存ユーザもほとんど気がつかないほど」スムーズに移行が完了しました。また、ライセンス費の削減による初期費用の大幅削減で、初期費用を抑えつつシステムの利用者を増やすことができ、運用についても認証の一元化による管理負荷の削減に加えて、認証サーバと従業員データベースとの自動連携仕組みを構築し、認証データの更新はメンテナンスフリーの形で実現しました。

結果として、構築から運用までにおいて「トータルコスト約3,000万円弱削減」という大きな効果を得ることができました。


■株式会社CRCソリューションズについて

CRCソリューションズは、伊藤忠グループにおけるITソリューションサービスの中核事業会社のひとつで、主に流通分野でのSIに強みを持ち、日本のアウトソーシングサービスの草分け的会社です。東京(大手町、渋谷)、横浜、神戸で最高水準のデータセンターを運営。お客様のビジネスを根幹から支えるためのソリューションセンターと位置づけ、ラックやスペースの提供にとどまらず、お客様の課題に踏み込み、システムの構築から運用まで、様々なニーズにお応えするサービスを提供しています。

■ミラクル・リナックス株式会社について

ミラクル・リナックスは、Linuxサーバ関連製品とサービス専門事業企業として2000年6月1日より業務を開始し、Linuxサーバ OS「MIRACLE LINUX」の開発および販売、マルチプラットフォームに対応したセキュアOS「MIRACLE HiZARD」や、24時間365日連続稼動を実現するクラスタソリューション「MIRACLE CLUSTERPRO」の提供、さらにLinux関連のコンサルティング、教育、保守等のサポート・サービスの提供等、幅広く事業を展開しています。

Linuxの大規模認証サーバの構築、独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)の実施する*「オープンソフトウェア活用基盤整備事業」の「Samba3.0国際化対応プロジェクト」の成果、及びWindowsからLinuxへの移行において豊富な実績を持っております。

*オープンソフトウェア活用基盤整備事業:独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は、事業の一環として、オープンソースソフトウェアの利用環境や開発環境の充実を支援し、オープンソースソフトウェアを安心して活用するための基盤を整備することを目的として、2003年度から実施されている。

■本発表に関するお問い合わせ先

株式会社CRCソリューションズ
データセンター営業部
TEL :03-5489-3131
E-mail:contact@crc.co.jp
URL: (リンク »)
■報道機関のお問い合わせ先

株式会社CRCソリューションズ
広報室
TEL :03-5634-5684
E-mail:press@crc.co.jp


ミラクル・リナックス株式会社
マーケティング部
TEL :03-5404-5038
FAX :03-5404-5051
E-mail:mktg@miraclelinux.com
URL: (リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

用語解説

【注記】
アウトソーシング: 業務を外注すること。特に,情報システムの設計・運用・保守を企業外の専門業者に全面的に委託すること。資源の有効活用,費用の削減をめざして行われる。


ホスティング: インターネットなどで,専門業者のサーバの一部領域あるいはサーバそのものをユーザに貸し出し,ユーザ独自の業務サーバとして運用するサービス。


マネージドホスティングサービス: 構築、運用管理等付加サービスをつけたホスティング・サービス。


Windows ドメイン認証: Windows ドメインに参加しているファイルやプリントサーバなどのリソースにアクセスする際の本人確認の仕組み。


メール認証: メールサーバにアクセスする際の本人確認の仕組み。


Linux: 1991年にフィンランドのヘルシンキ大学の大学院生(当時)Linus Torvalds氏によって開発された、UNIX互換のOS。


LDAP : インターネットやイントラネットなどのTCP/IPネットワークで、ディレクトリデータベースにアクセスするためのプロトコル。ディレクトリサービスとは、ネットワークを利用するユーザのパスワード、メールアドレス、組織名等情報を管理するサービスのことで、ユーザ名からこれらの情報を検索することができる。


Samba: Linux/UNIXシステムでWindowsネットワーク上のファイルサーバ/プリントサーバとして使用できるようにするソフトウェア。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社CRCソリューションズの関連情報

株式会社CRCソリューションズ

株式会社CRCソリューションズの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR