マクロミル、回答謝礼ポイント交換先を拡充

みずほ銀行、三井住友銀行へのポイント交換(現金振込)スタート

株式会社マクロミル 2005年08月01日

株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:杉本哲哉、以下マクロミル)は、当社アンケートモニタの回答謝礼ポイント交換において、8月1日より、みずほ銀行ならびに三井住友銀行を振込先指定銀行とする取扱いを開始しましたのでお知らせします。

1.概 要
マクロミルは、市場調査の回答を依頼するリサーチ専用モニタ会員(マクロミルモニタ)を独自構築しています。2005年6月末現在、有効モニタ数は国内約33万人となっております。モニタがアンケートに回答すると、アンケートの種類や質問数に応じ、回答謝礼としてマクロミル独自のポイントが付与されます。モニタ各自のポイントが既定のポイント以上貯まった場合、1.振込先指定銀行口座へポイント交換(現金振込)、2.提携プログラムのポイントに交換、3.商品券や図書券と交換、の中から選択して交換依頼を行うことが可能です。

これまで、マクロミルの振込先指定銀行口座へポイント交換(現金振込)は、イーバンク銀行、ジャパンネット銀行、東京三菱銀行から選択できるようになっていました。このたび、みずほ銀行、三井住友銀行が振込先指定銀行に加わることで、マクロミルモニタは、従来の交換サービスと併せて、さらに幅広い銀行からポイント交換先を選択し、現金交換を行うことができます。

マクロミルは、モニタのポイント交換先の選択肢の幅を広げ、利便性を高めることにより、アンケートモニタの一層のロイヤリティー向上を促進してゆきます。

2.ポイント交換申込み開始日時
2005年8月1日(月) 12:00 (予定)

3.ポイント交換の比率・単位
マクロミル回答謝礼ポイント(※1) 1ポイント = 1円換算 で モニタ会員の普通口座へ振込み
500ポイント以上から、500ポイント単位で交換が可能です。


以 上

※マクロミルモニタ専用サイト(新規登録無料)   (リンク »)
※みずほ銀行   (リンク »)
※三井住友銀行  (リンク »)




【 マクロミルのネットリサーチ回答謝礼ポイント交換方法 】
下記URLをご参照ください
(リンク »)

【 株式会社マクロミル 会社概要 】
 株式会社マクロミルは、独自開発した自動インターネットリサーチシステム【AIRs】(Automatic Internet Research System :エアーズ)を活用し、さまざまな企業の商品やサービス等に対する消費者の声をインターネットで瞬時に集めるネットリサーチのリーディングカンパニーです。全国33万人を超える消費者モニタ会員を対象に低価格・迅速なネットリサーチを提供する「QuickMill」を主力サービスに、携帯電話を活用したモバイルリサーチ「MobileMill」、世界各国の消費者を対象にした海外市場調査「GlobalMill」など様々なマーケティングリサーチサービスを展開しています。2004年1月、ネットリサーチ専門企業としてはじめて、東証マザーズに上場し、2005年4月には、東証一部に市場変更いたしました。

社名    ■株式会社マクロミル
本社    ■東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー11F 〒108-0075
URL   ■www.macromill.com
設立    ■2000年1月31日
資本金   ■8億7,066万円  ※2005年3月末現在
上場取引所 ■東証一部 ( 証券コード:3730 )
代表者   ■代表取締役社長CEO 杉本哲哉(すぎもと・てつや)
従業員数  ■128名 (うち、契約社員8名) ※2005年6月末現在
主な所属団体■社団法人 日本経済団体連合会
社団法人 経済同友会  ※個人資格
       社団法人 日本マーケティング・リサーチ協会(JMRA)
社団法人 日本マーケティング協会(JMA)
       ヨーロッパ・マーケティング世論調査協会(ESOMAR) ※個人資格






 

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社マクロミルの関連情報

株式会社マクロミル

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR