米ノベル、ハイパフォーマンス・コンピューティングをLinux上で実証

ノベルとHPが複雑なLinuxベースのクラスタ化ソリューションの検証を共同実施、 お客様企業の負担を軽減し、導入を容易に

ノベル株式会社 2005年08月04日

オープンプラットフォーム・コンピューティングにおけるリーダーシップの強化を進める米国ノベル社(以下 ノベル、米国マサチューセッツ州ウォルサム)は、テスト・実証を行い、ハイパフォーマンス・コンピューティング用の統合ソリューションを発表しました。これは、米ヒューレット・パッカード社(以下 HP)のBladeSystemソリューションとノベルのNovell(R) SUSE(R) LINUX Enterprise Server、そして両社のパートナ各社による追加コンポーネントで構成され、ノベルが本年より開始したValidated Configuration Programに基づく初めてのハイパフォーマンス・コンピューティング(以下 HPC)ソリューションとなります。ノベルとHPによる柔軟かつ検証済みのソリューションが、複雑なLinuxベースのクラスタ・インフラの導入を容易にし、Linux上でのハイパフォーマンス・コンピューティングの効果を最大限に高めます。

ハイエンドな高負荷の科学・技術演算から大量の商用データを扱う業務まで、さまざまな場面で大量処理の能力を実現するために、ハイパフォーマンス・コンピューティングへの注目度は高まっています。油田探索における耐震解析、自動車や航空機の設計における空気力学シミュレーション、生物医学研究における分子モデリング、ビジネス分析におけるデータマイニングや財務モデリングは、すべてハイパフォーマンス・コンピューティングを活用しています。企業はまた、オープンソースの柔軟性や信頼性、コストの低さを活かしながら継続的な稼動を確保するために、Linuxをベースとしたクラスタを採用しています。

クラスタ化されたHPCインフラの設計と運用は複雑です。複数ベンダの多様なコンポーネントが存在するだけでなく、それぞれがシームレスに相互接続され、パフォーマンスや安定性におけるミッションクリティカルな基準を満たさなければなりません。ノベルとHPはこうした課題に応え、企業がLinuxベースのHPCによる利点を迅速かつコスト効率よく実現するソリューションを提供します。

今回のソリューションは、ハイパフォーマンス・コンピューティングのニーズが特に高い5つの産業分野(電子設計の自動化、金融サービス、生命科学、製造業、石油およびガス)に対応しています。これらの各分野に対し、具体的なソリューション構成が設定されており、お客様は自社の属する産業分野に特有の要件を満たすべく設計・調整されたソリューションを選択することができます(ソリューション・コンポーネントについては添付の製品情報をご覧ください)。

◇ ノベルについて
Novell, Inc. (米国本社) は、43カ国、50,000社以上のお客様企業に対し、インフラストラクチャ関連のソフトウェアとサービスを提供する先進企業です。企業データセンターから部門レベル、デスクトップにわたるソリューションで20年以上の実績を持ち、世界中の6,000人の社員と5,000のパートナ、サポートセンターによって、Identity Driven Computing(アイデンティティを基盤とするコンピューティング環境)とLinuxソリューションへのお客様のニーズに応えています。商用ソフトウェアとオープンソースソフトウェア双方の分野においてエンタープライズクラスのソフトウェアとサポートを提供し、業務の柔軟性の向上と選択肢の拡大、TCOの削減を実現します。ノベル株式会社は、Novell, Inc.の日本法人です。詳細はこちらのサイトをご覧ください。(Novell, Inc. www.novell.com/ ノベル株式会社 www.novell.co.jp )

*Novellは米国およびその他の国においてNovell, Inc.の登録商標です。*SUSEは米国Novell, Inc.の一部門であるSUSE LINUX Products GmbHの登録商標です。*LinuxはLinux Torvals氏の登録商標です。*その他の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。

以 上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ノベル株式会社の関連情報

ノベル株式会社

ノベル株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR