三井物産、RSS検索サービス大手の米Feedster, Inc.(フィードスター)に出資

三井物産株式会社 2005年09月07日

 三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:槍田松瑩、以下、三井物産)は、ブログを中心としたRSS検索サービス大手のFeedster, Inc.(本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ市、President & CEO:Scott Rafer, URL: (リンク ») , 以下、Feedster(フィードスター)社)に出資し、普及が著しいブログ・RSS関連事業を手がける同社の企業価値の拡大、そして日本市場への参入を積極的に支援する予定です。

 Feedster社は、インターネット上でRSS検索サービスを提供しています。 同社の検索エンジンの最大の特徴は、ユーザーが、あるキーワードや話題について、より速報性の高い情報をオンライン検索できるところにあります。

Feedster社が開発した検索エンジンは、独自の技術を活用することで、RSSを対象としたオンライン検索を実現しました。RSSは、特定のコンテンツの更新を知らせる、受信者主導型のオンラインメディアとして、近年、飛躍的な普及を見せており、ブログを始めとして、新着ニュース、商品情報、企業情報、求人情報など、オンラインでの情報配信において様々な用途に拡がりを見せています。

 Feedster社のRSS検索エンジンは、約1,385万件(2005年9月6日現在)を超える数のRSSフィードを検索の対象にしています。 ブログを始めとして、RSS配信を行っているwebサイトからの更新情報をすばやく収集し、インデックス化することが可能です。 Feedster社が検索対象とするRSSフィードの発信元は、ブログに加えて、RSS配信を行っている一般企業のwebサイトあるいはオンラインで情報を配信するメディアのwebサイト(BBC, The New York Times, Wiredなど)も約7万5000サイト(2005年9月6日現在)ほど含まれています。

 Feedster社の検索エンジンにおいて、ユーザーは、興味のあるテーマについてRSS配信されている最新の情報を得ることができ、かつ、それがいつ更新された情報であるか、知ることが出来ます。なお、Feedsterの検索エンジンにおいて検索の対象となる言語は、英語のみならず日本語も含まれます。

 近年、世界的な規模で、ブログの閲覧あるいは作成が急速に増加しております。現在、日本国内のブログ人口は、サービス利用者約335万人、閲覧者約1,651万人といわれますが、2年後には現状の約2倍にまで増加すると推計されております(2005年5月、総務省発表)。 多くのブログサービスが更新したブログ記事の関連情報をRSSで配信する機能を備えていることから、同時にRSSも普及しつつあり、今後、ブログを中心としたRSS検索サービスは尚一層、ニーズが高まるものと考えられます。

 三井物産では、コンシューマーサービス事業本部において、国内関連子会社及び海外の大手有力パートナーとの提携を通じ、日本国内で各種のe-Marketing事業を推進しております。今回、Feedster社との資本提携を機に、既存のe-Marketing事業とも連携を図りながら、なお一層、事業を拡大させてゆく方針です。 

 Feedster社のセールス&マーケティング担当副社長、Chris Redlitz(クリス・レドリッツ)氏は、「この度、三井物産を投資家として迎えることをうれしく思っています。Feedster社は、既にRSS検索サービスなどの分野でマーケット・リーダーとなりつつあります。この出資受入れによって、我々は引続き、グローバルな事業展開を拡張していきます」と述べています。

(Feedster, Inc.について)
・創業:2003年12月
・本社所在地:米国カリフォルニア州サンフランシスコ市
・President & CEO:Scott Rafer (スコット・レイファー)
・事業内容:インターネットにおけるRSS検索エンジンの開発およびサービス提供
・webサイトのURL: (リンク »)

問合せ先:
三井物産 広報部 白木
TEL: 03-3285-7566
FAX: 03-3285-9819
E-Mail: K.Shiraki@mitsui.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR