24時間対応サービスやダンプからの障害調査を実施するLinux拡張サポートサービスをRed Hat Enterprise Linux v.4に拡大

日本電気株式会社 ソフトウェアビジネスユニット 2006年01月31日

NECはこのたび、Express5800シリーズにLinuxOSやサポートサービスをセットで提供する「Linuxサービスセット」において、24時間対応サービスやダンプからの障害調査を実施するLinux拡張サポートサービスをRed Hat Enterprise Linux v.4に拡大し、本日から出荷開始いたしました。

 NECではLinuxを用いた基幹システム向けソリューションを「NEC エンタープライズLinuxソリューション for MC」として強化しており、その一環としてOSに関する保守サポートのサービスメニューの充実を進めております。

 「Linuxサービスセット」では、Express5800シリーズにLinuxOS、運用時の問合せ等が可能なLinuxサポートサービスと運用管理ツールESMPROをセット化して提供しております。

 この度、Linuxサポートサービスにおいて、問合せや障害時の受付を24時間可能とする時間延長サービス、およびより詳細な障害調査が可能なLinux拡張サポートサービスをRed Hat Enterprise Linux v.4に拡大します。

 Linux拡張サポートサービスでは、ダンプから障害を調査し、調査結果と可能な回避策・対応策を提示し、さらに予防保守のために、ディストリビュータ発信情報に加え、定期的に更新・修正情報を提供するなど、高信頼性が求められる企業の基幹システムにおいて、高レベルなOSサポートを行います。


・対応ハードウェア
 Express5800/100シリーズ

・対応OS
 Red Hat Enterprise Linux AS 4/ES 4

・価格
Linux拡張サービスセット
希望小売価格:¥500,000~ 月額保守料金 ¥41,600~(保守料金は2年目以降に発生)  (消費税含まず)
Linux基本サービスセット 24時間対応
希望小売価格:\230,400~ 月額保守料金 \19,200~(保守料金は2年目以降に発生)   (消費税含まず)
Linux拡張サービスセット 24時間対応
希望小売価格:\648,000~ 月額保守料金 \54,000~(保守料金は2年目以降に発生)   (消費税含まず)

・出荷時期
 2006年1月31日~

・製品情報
 詳しい情報が製品情報サイトにてご覧いただけます。
(リンク »)

Linux製品に関するお問い合わせ:
日本電気株式会社
 Linux推進センター 
 TEL: 03-3456-0625 E-mail:linux@sw.nec.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?