ゴールデンウィーク、短期間サイト監視・運用代行キャンペーンを開始

~ご要望に答えるため 第2弾は導入期間を延長の試み~

フォースクーナ株式会社 2006年03月14日

フォースクーナ株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役:三角正樹、以下:フォースクーナ)は、2006年4月25日~2006年5月8日までの14日間、ゴールデンウィーク向けに期間を限定したサイトの24時間有人監視・運用代行サービスを開始致します。

「システム管理者へ本当の休息を。経営者へコスト削減を。」という企業コンセプトの元、フォースクーナは、年末年始期間に同サービスの第一弾となるキャンペーンを行いました。(~2006年1月8日終了)

先のキャンペーンには、当社の予想を上回る反響と、ご好評を頂いた一方で、「どのように監視運用を行っていくか、設計にもっと時間をかけたい」というシステム担当者様側からのご要望も多く寄せられました。そこで、第2弾はゴールデンウィークに向けて約1ヶ月間の導入期間を設けることに致しました。

24時間常勤1名の交代制で14日間の監視・運用を自社で行った場合、人件費のみで約100~150万円のコストが生じます。また、監視・運用のアウトソースを検討すると、長期間を前提にした契約が一般的です。

本キャンペーンはこのような実状とご要望に対し、システム管理者の休息と、最大およそ10分の1という大幅な人材コスト削減の実現をコンセプトに、期間を限定したサイト監視と運用を代行するサービスです。

【サービス概要】
■実施期間
2006年4月25日~2006年5月8日
■対象企業
自社でインターネットサービス向け、業務向けのシステム管理されている企業
■限定10社
■実施サービス
Vigia(24時間監視、障害対応サービス)
(リンク »)
1監視項目5000円~
OP×2(運用代行サービス) 
(リンク »)
20000円~
■オプション(別途料金)
 レポートサービス
■お申込み方法
ホームページからの問い合わせまたは下記の問い合わせ先にて承ります。
■申込み期限
2006年4月12日

【参考事例】レスポンスタイム・サイトページ表示の24時間監視
(リンク »)
「社内においてサーバのレスポンス監視、チェックツール使った各種のシステム監視を行っていました。しかし開発部門のメンバーが夜間、休日の対応に追われているという状況に置かれておりました・・・」

■フォースクーナ株式会社について (リンク »)
フォースクーナは、オープン系システムに高い技術とスキルを持ち、システム運用業務に長年従事してきた技術者を擁し、独自開発技術をベースとして、Webシステムの監視・運用サービスおよびコンサルティングサービスを提供します。

本件に関するお問い合わせ先
フォースクーナ株式会社
担当:川出
TEL:03-3350-9895 FAX:03-3350-9896
Email:info@forschooner.net

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

フォースクーナ株式会社の関連情報

フォースクーナ株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR