ソフトバンク・テクノロジー、エイベック研究所と資本・業務提携

eコマースとコミュニティとを連携させた「Web2.0」対応ECシステム『コミュニティ・コマース TM』を共同開発、販売開始

ソフトバンク・テクノロジー株式会社 2006年04月19日

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:石川憲和、以下ソフトバンク・テクノロジー)は、株式会社エイベック研究所(本社:東京都港区、代表取締役社長:武田隆、以下 エイベック研究所)に出資するとともに業務提携をし、エイベック研究所の提供する双方向コミュニティ・マーケティングシステム「Avec10.0」とソフトバンク・テクノロジーの提供するECシステム ASPサービス「ワンストップECサービス」(仮称)を連携させる「コミュニティ・コマース TM」サービスを共同開発し、5月より販売を開始いたします。

「コミュニティ・コマース TM」は、近年のSNS(Social Networking Service)、BlogといったCGM(Consumer Generated Media:ユーザ主導、作成によるコンテンツ)とソフトバンク・テクノロジーの最新のECシステム「ワンストップECサービス」(仮称)をシームレスに連携させることで、導入した会社のECサイトを「Web2.0」時代に対応させるソリューションとして開発されました。

「コミュニティ・コマース TM」のプラットフォームとなる「Avec10.0」は、エイベック研究所が開発した企業参加型コミュニティサービスであり、主要な特長として、メンバー制Blogをユーザ管理型で運営し、企業が顧客の囲い込み、市場調査、口コミ情報伝達の手段として、マーケティングに活用できることがあげられます。既にこれまでに、日本テレビ、セガ、ニッセン、クレディセゾンなど71社の採用実績があります。

「コミュニティ・コマース TM」は、「Avec10.0」に参加している趣味嗜好ごとのサークルにグルーピングされているユーザに対して、そのグループ参加者の購買履歴から、購入する可能性の高い商品をグループごとに推奨することで、ニッチなニーズにマッチした商品の流通を可能にする仕組みです。このメカニズムによって、「ロングテール」(Long Tail:ニッチなニーズを効率よく開拓することができれば、マスマーケットを凌駕する市場を開拓することができるという仮説)に対応することが可能になります。

「コミュニティ・コマース TM」の構成要素は、「Avec10.0」と共に、ソフトバンク・テクノロジーの「ワンストップ EC サービス」(仮称)により提供される、ネットショップの全機能と共同開発によるインターフェース部分から成り立っています。コンタクトセンターからはじまり、Edyを含む多彩な決済機能、物流、購買履歴管理までを網羅した、全てのショップ機能はソフトバンク・テクノロジーから提供され、インターフェース部分は双方から提供されます。

今後は、ソフトバンク・テクノロジー、エイベック研究所の双方で「コミュニティ・コマースTM」への誘致を行うと共に、既存のECサイトに「コミュニティ・コマースTM」を連携させるインテグレーション・サービスを提供します。両社は、初年度2億円の売上を見込んでおります。また、ソフトバンク・テクノロジーでは、「コミュニティ・コマース TM」の仕組みを組み込んだ、新しいパラダイムに基づいたECサイトを起ち上げます。

ソフトバンク・テクノロジーの石川社長は、「ECの次の世代のキーワードである、”Web2.0”、”CGM”、”Long Tail”に対して、企業が現実的に即応できるソリューションをいち早く市場に投入することで、競合への差別化、新市場開拓が可能と考えております。新サービスを早期に立ち上げるために、この分野で卓越したノウハウと実績をもつエイベック研究所と資本提携を含む、業務提携を行いました。ソフトバンク・テクノロジーは、今後とも市場の必要とするソリューションをいち早く提供し続けて参ります」とコメントしています。

エイベック研究所の武田社長は、「当社が10年にわたり注力してきた、コミュニティマーケティングが最近の顧客志向の潮流の中で、企業の関心を集めております。今回の提携を通じて、当社のノウハウとプラットフォームを市場に普及させることを通じて、マーケットリーダーの地位を確固たるものとしたいと考えております」とコメントしています。

なお、ソフトバンク・テクノロジーは、平成18年2月にエイベック研究所の第三者割当増資を引き受けることによって10.7%の出資をしています。

■会社概要
【ソフトバンク・テクノロジー株式会社 会社概要】
社名 : ソフトバンク・テクノロジー株式会社
代表者 : 代表取締役社長 石川 憲和
本社 : 東京都新宿区西五軒町13-1飯田橋ビル3号館
U R L : (リンク »)
資本金 : 634百万円(平成17年3月末現在)
従業員 : 342名(連結 平成17年3月末現在)
売上高 : 25,522百万円(連結 平成16年4月1日~平成17年3月31日)
市場 : 東京証券取引所市場第一部
事業内容 : ソフトバンク・テクノロジー株式会社は、ブロードバンドを基盤としたソリューションとASP Enabling™サービスを提供するテクノロジーカンパニーです。ネットワーク、セキュリティ、アプリケーションなどのシステム構築・運用サービスを提供する「Solution事業」、eBusiness事業者向けのアウトソーシング、ASPサービスを提供する「eBusiness Service事業」およびセキュリティシステムの構築・運用等のサービスを提供する「Secured System Management Service事業」を展開しています。ネットワークインテグレーション、システムインテグレーション双方の技術をバランスよく持つことによって無駄なく一貫したサービスを提供することができます。ソフトバンクグループが推進するデジタル情報革命の技術革新の中核を担う会社として常に最先端の技術サービスを提供することを目指しています。

【株式会社エイベック研究所 会社概要】
社名 : 株式会社エイベック研究所
代表者 : 代表取締役 武田 隆
本社 : 東京都港区虎ノ門5-11-1-1001
U R L : (リンク »)
資本金 : 548百万円(資本準備金を含む。平成17年3月末現在)
主要株主 : 株式会社サンブリッジ、ソフトバンク・テクノロジー株式会社、株式会社DGインキュベーション、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ株式会社、安田企業投資株式会社、日本アジア投資株式会社、オリックス・キャピタル株式会社、三菱UFJキャピタル株式会社、ウエルインベストメント株式会社、みずほキャピタル株式会社
事業内容 :双方向コミュニティ・マーケティングシステムの開発/運用/販売/コンサルティング

・記載されている社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

■本件に関するお問合せ先:
ソフトバンク・テクノロジー株式会社    
広報IR室             
TEL:03-5206-3316
FAX:03-5206-3382   
Email:sbt-pr@softbank.co.jp   

株式会社エイベック研究所
TEL: 03-5733-0023
Email:pr@aveclab.com
   

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから