アリエル・プロジェクトA の英語版βを公開

~ インターネット経由の情報共有機能により、日系企業の海外展開プロジェクトを支援 ~

アリエル・ネットワーク株式会社 2006年06月13日

アリエル・ネットワーク株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:小松宏行、以下アリエル・ネットワーク)は、本日2006 年6 月13 日(火)アリエル・プロジェクトAの英語版のベータ版を公開いたしました。

【海外展開を行う日系企業の支援ツールとして展開】
アリエル・プロジェクトAは、企業や組織の壁を越えて、手軽に情報共有を実現することができる、新しいコンセプトの情報共有ソフトです。
自社開発したビジネスP2P 技術により高度なセキュリティを実現しているため、ネットワーク環境を意識せずにインターネット経由でセキュアな情報共有を実現することができます。そのため、一般的なサーバー型のグループウェアでは難しい、日本本社と海外の現地法人、または海外企業との合弁プロジェクトなど、新しい情報共有の形を実現します。
今回の英語版の公開は、アリエル・ネットワークの「日本発で世界に展開するソフトウェアを開発する」というビジョンの達成に向けての、第一歩となります。

【英語版のベータ版をウェブサイトで公開】
アリエル・プロジェクトAの英語版βについては、まず開発者向けコミュニティのアリエル・エリアで公開を行います。ベータ版の利用希望者は、アリエル・エリアからダウンロードすることができ、無料で試用を行うことができます。

【関連リンク】
■ アリエル・プロジェクトA 英語版βのダウンロードはこちら
(リンク »)

用語解説

-----------------------------------------------------------------------------------
●アリエル・ネットワーク株式会社について
アリエル・ネットワーク株式会社は,空気のように意識せず使えるネットワーク・コンピューティングを実現させるべく,旧ロータス社の技術者を中心に2001 年4 月11 日に日本で設立。
グリッドやP2P などの分散コンピューティング技術に着眼、ビジネスで活用できるレベルの分散コンピューティング環境開発基盤を自社開発し、インターネット、社内ネットワークを問わずネットワークに接続された環境で、セキュリティを保持しながら、ネットワークを意識せずに必要な情報を取得、送信する仕組みを提供している。
(リンク »)
-----------------------------------------------------------------------------------
●エアワン・シリーズについて
アリエル・ネットワークが開発したクライアントソフト型の情報共有ソフトの総称。
自社開発したビジネスP2P 技術により高度なセキュリティを実現しているため、ネットワーク環境を意識せずにインターネット経由でセキュアな情報共有を実現することができる上、高価なサーバーを購入する必要が無いため、小規模の組織やグループから手軽に情報共有を始めることができるなど、一般的なサーバー型のグループウェアでは難しかった新しい情報共有の実現を目指している。
有料版であるアリエル・プロジェクトAのほか、プロジェクトAのスケジュール管理機能を切り出した無料版のアリエル・マルチスケジューラがあり、ダウンロード実績は累計で20 万件を超える(2006 年5 月実績)。
-----------------------------------------------------------------------------------

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アリエル・ネットワーク株式会社の関連情報

アリエル・ネットワーク株式会社

アリエル・ネットワーク株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!