『求人WEB』携帯サイトオープン 

~登録無料、企業側の掲載無料の『求人WEB』が携帯でも閲覧可能~

株式会社ペンシル 2006年06月19日

求人WEB』を運営する株式会社ペンシル(本社:福岡市中央区、代
表取締役社長:覚田義明)では、求人WEBの携帯サイト(URL:
(リンク ») )の展開を開始致しました。

求人WEBは「すべてが探せて無料!」というコンセプトのもと、20
02年10月にオープン致しました。ユーザー登録が無料であるだけで
なく、企業からの求人情報も無料で掲載できることから好評を頂いてい
るサイトです。転職や新卒に限らず、派遣やアルバイトなど全ての求人
情報を検索することが可能で、現在求人登録数約13,000件、企業登
録数は約12,000件、月間アクセスは120万PVを突破しています。

本サイトは新着情報で最新の求人情報を閲覧できる他、業種、職種、地
域別、さらには自分の持っている資格から求人情報を検索することが可
能です。また『自分リモコン』で自分に合った仕事を探すことができま
す。今回オープンした携帯サイトでは、新着情報と地域別の求人情報の
閲覧が可能です。今後、業種や職種からの検索やマイページの編集など
サービスを充実させていく予定です。

ペンシルでは、今後も様々なメディアで、求人WEBをはじめとした各
種ポータルサイトのコミュニケーション活動を実施していく予定です。

─────────────────────────────────
        ■□■   求人WEB   ■□■        
─────────────────────────────────

求人WEBはすべてが探せて無料というコンセプトのもと、2002年
10月にオープン致しました。
ユーザー登録、企業の求人情報掲載いずれも無料。
転職、新卒、アルバイト、派遣、紹介など全ての求人情報を探すことが
可能です。
求人登録数は約13,000件、企業登録数は約12,000件、月間アク
セスは120万PV。
求人WEBは趣旨にご賛同頂いた、福岡のクリエイター支援団体、福岡
コンテンツ産業拠点推進会議(旧マルチメディア・アライアンス福岡)
による公的支援のもとオープンし、運営しています。
 
【自分リモコン】
年齢や性別、希望業種、希望職種など自分の希望にあった求人情報を検
索することができます。

【求人新着情報】
毎日更新される求人情報の中から最新の情報を紹介いたします。

【検索】
キーワード、業種、職種、勤務地エリア、資格でから求人情報を検索す
ることが可能です。
 
     求人WEB > (リンク »)

────────────────────────────────
       ■□■  株式会社ペンシル  ■□■     
────────────────────────────────

   株式会社ペンシル > (リンク »)
              (リンク »)

1995年に設立した研究開発型企業。戦略的ホームページ制作/ポータ
ルサイト制作/SEO・SEMを超えた戦略的SEOサービス等を行って
おり、様々な企業のビジネスに活用できる戦略的ホームページを提案。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         本リリースに関するお問い合せ先
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  株式会社ペンシル  広報担当:柴山 shibayama@pencil.co.jp

    福岡市中央区天神1-3-38 天神121ビル5F
     TEL :092-726-1400
     FAX :092-726-1422

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ペンシルの関連情報

株式会社ペンシル

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?