ラクシーズ、野球ファンのためのSNS『野球SNS』において、携帯電話向けのSNS、『野球SNS モバイル』を開始

株式会社ラクシーズは、2006年6月28日より、携帯電話から野球SNSの機能が利用できる『野球SNS モバイル』を開始いたします。

株式会社ラクシーズ 2006年06月28日

報道機関各位
プレスリリース

2006年6月28日
株式会社ラクシーズ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ラクシーズ、野球ファンのためのSNS『野球SNS』において、
携帯電話向けのSNS、『野球SNS モバイル』を開始
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
株式会社ラクシーズ(東京都港区、代表取締役社長:間瀬佳昭)は、同社が運営する野球ファンのためのSNS『野球SNS』において、2006年6月28日より、携帯電話から野球SNSの機能が利用できる『野球SNS モバイル』を開始いたします。

■サービス名: 野球SNS モバイル
■URL:  (リンク »)

■概要
『野球SNS』は、Web2.0メディアと称されるSNSやBlogなどを組み合わせた、野球ファンのためのSNSです。

この度リリースする携帯向けのSNSサービス『野球SNS モバイル』は、携帯電話があれば外出先でも簡単に利用でき、日記の閲覧・投稿、メッセージの送受信、チームの出欠管理、野球観戦記の閲覧などが可能なサービスです。
ユーザは利用料無料で通常のSNSの機能だけでなく、野球専用の機能を携帯電話で楽しむことができます。

これによりユーザは、プロ野球や高校野球の試合を見に行ったときに、携帯電話のカメラで撮った写真をそのままSNSに日記として投稿することができたり、草野球の練習の風景を、携帯電話で日記として記録することができたりなど、実際のリアルなシーンでSNSをより有効的に活用することが可能となります。

今後も携帯向けサービスの機能追加に努めるだけでなく、PC、モバイル、リアルでのSNSの特徴を活かしたサービスを展開し、より多くの人々の役に立ち、楽しめるサービスを提供してまいります。

■主な機能
野球SNS モバイルで、利用可能な主な機能は下記の通りです。
・新規ユーザ登録
・日記の閲覧・投稿
・観戦記の閲覧
・コメントの閲覧・投稿
・メッセージの送受信
・チーム出欠管理
・コミュニティの閲覧・投稿
・検索
・あしあと(アクセス履歴)


■野球SNSについて
『野球SNS』( (リンク ») )は、Web2.0メディアと称されるSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)やBlog(簡易型日記)などを組み合わせた、野球ファン(プロ野球ファンと草野球プレイヤー)のためのSNSです。
SNSの特徴を活かし、ファン同士やプレイヤー同士でのコミュニケーションが可能なだけでなく、「観戦記」や「日記」などのブログ機能を利用して、プロ野球の試合についてのレポート・情報を発信・閲覧することが可能です。
「野球」というテーマに特化し、「ファン向け」、「プレイヤー向け」、「通常のSNS」に機能を分類して提供していることが特徴です。


■参考資料(サービス画面キャプチャなど)
(リンク »)

―――――――――――――――――――――――――――――
■株式会社ラクシーズ 会社概要
2005年4月設立。資本金500万円。従業員数2名。
「野球SNS」( (リンク ») )、の他に、
「サッカーSNS」( (リンク ») )、
「ラクシーファッション」( (リンク ») )を運営。

所在地:東京都港区北青山1-3-3 三橋ビル5F
代表取締役社長:間瀬 佳昭
URL:  (リンク »)
―――――――――――――――――――――――――――――

【本件に関するお問い合わせ先】
Tel: 03-3401-7530  モバイル: 090-8050-6473  E-mail: info@luxeys.com
担当者:間瀬 佳昭(マセ ヨシアキ)

※ 本広報資料は、ご自由にご転送・ご引用ください。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ラクシーズの関連情報

株式会社ラクシーズ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!