京セラコミュニケーションシステム、 ISOプロセス/文書管理システム「イソロジー」の ASPサービスを提供開始

導入コストを抑えて、管理業務の効率化と ISO規格が要求する文書管理に沿った運用を可能に

京セラコミュニケーションシステム株式会社 2006年07月27日

京セラコミュニケーションシステム株式会社(本社:京都市伏見区 代表取締役社長 森田直行 以下KCCS TEL代表 075-623-0311)は、ISOプロセス/文書管理システムGreenOffice ISO Document Manager「イソロジー」(以下 イソロジー)のASPサービスを提供開始致します。

ISO規格は、特定の業務分野に限定された枠を超えて、今や企業価値を高めるマネジメントシステムへと進化してきました。ISOの「Plan⇒Do⇒Check⇒Act」のPDCAサイクルは、「リスクの評価と対応」、「統制活動」、「モニタリング」といった内部統制の基本要素と同じであり、ISOの仕組み作りこそが内部統制への取組みへとつながっていると言えます。

KCCSでは既に、様々なISO規格が要求する文書管理をNotes/Dominoをベースとして構築し、Web上で活用できるISOプロセス/文書管理システム「イソロジー」として350社500サイトを超える導入実績を誇っています。その実績をベースに、この度本格的にASPサービスを開始することになり、既に一部企業でご利用いただいております。
「イソロジー」ASPサービスは、これまでパッケージソフトとして提供してきた
「イソロジー」を、弊社のインターネットデータセンター「D@TA Center」を使用して提供するもので、導入コストを抑え、安全、簡単にご利用いただけます。更に、運用開始後はバージョンアップの心配もなく常に最新のサービスをご利用いただくことができ、運用管理にかかる人件費の削減にも貢献致します。

<「イソロジー」ASPサービス版>
月額利用料 98,000円(税込)/月 ~
※別途初期登録費用が必要です。
※お客様の環境によっては、D@TA Centerへの接続に際し別途通信費用が必要な場合があります。
※最小構成は25IDとなります。
※オプション機能の価格は別途お問い合わせ下さい。
初年度登録ID目標 2,000ID
提供開始日 7月27日

「イソロジー」ASPサービスの主な機能は次の通りです。

●ワークフロー、ファイリングなど全てのISO文書管理機能を強化
ISOで要求される文書管理に必要な機能を全て装備しています。採番・配布・登録などの文書管理業務を自動化し、管理者の負荷を軽減します。また、効果的にメールを活用し、確認・決裁・配布などの業務のスピード化を促進します。
 充実したキャビネット機能により、新・旧文書を適切に管理するとともに、様々な角度から文書を閲覧することが可能です。

●充実したオプション機能を提供
*内部監査/是正・予防処置に関わる管理業務の効率化をサポートします。
*方針・目的・目標から監視・効果確認までをサポートする
システムアプローチを実現します。

●対象規格
*品質管理及び品質保証に関する国際規格ISO9001
*環境マネジメントシステムに関する国際規格ISO14001
*自動車産業分野の規格ISO/TS16949:2002
*医療機器分野の規格ISO13485:2003
*食品業界における衛生管理国際規格HACCP
*労働安全衛生マネジメントシステムの国際規格OHSAS18001
*情報セキュリティマネジメントシステムの評価制度ISMS

今後もKCCSでは、システムを効果的に活用するための運用指導など、
コンサルティングも含めたトータルなISO関連ソリューションを提供して参ります。

<GreenOfficeシリーズについて>
GreenOfficeシリーズでは、『情報を守る、情報を活かす、そして経営を伸ばす』をコンセプトに、テクノロジーとマーケットの変化に即応するシステム、
ソリューションを提案しています。社内のナレッジを現場から経営者まで
リアルタイムかつセキュアに届け適切な判断をサポートする、それが現在の企業に求められる真のリアルタイムマネージメント・ソリューション
『GreenOffice』です。

* 製品名及び会社名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。

* 本製品はISO9001の認証制度のもとに開発しています。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR