日本IBMのxSeriesにてTurbolinux OSサポートモデルを拡充 - 64ビットOSもサポート -

TLホールディングス株式会社 2006年09月06日

ターボリナックス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:矢野広一、以下ターボリナックス)は、IBMのIAサーバー「IBM(R) eServer(R) xSeries」のxSeries 206m、xSeries 306m、xSeries 346モデルにおいて「Turbolinux 10 Server」および「Turbolinux 10 Server x64 Edition」のサポートが開始されたことを発表いたしました。

これは、2005年2月に発表したxSeries 206、xSeries 306、xSeries 346の3モデルにおける「Turbolinux 10 Server」サポートが好評であったため、新規対応および64ビットサーバーOS対応を含め、サポートモデルを拡充したものです。

今回対象となる4モデルは、中堅中小向け/SOHOサーバー、ファイアウォール/ゲートウェイサーバー、アプリケーション/データベースサーバーなどをターゲットとしており、Turbolinux OSと組み合わせことで、初期投資からの構築/運用/保守までトータルなTCO削減が可能となります。また、対象xSeriesへのTurbolinuxの導入に関する技術的なサポートについては、ターボリナックスのサポートに加え、IBMの「xSeriesヘルプライン・サービス」および「スタートアップ90」を利用することができます。

また、xSeries 206mおよびxSeries 306mは、ストレージソリューションのグローバルリーダーであるアダプテックジャパン株式会社(本社:東京都中野区、以下アダプテック)の協業により、SATA/SAS Adaptec HostRAID(TM)に対応したクローズドドライバもインストール時に含めており、今後のセキュリティアップデートにも安心してご利用頂くことができます。

■Turbolinuxサポート対象製品
TurbolinuxをサポートするxSeries対象製品は、下記の4モデルとなります。
・IBM eServer 206m/8485-PAP/タワー型
Intel Pentium4 3GHz, MEM:512MBx1, HDD:160GB, RAID:SATAオンボードRAID-0,1
・IBM eServer 306m/8849-PAN/1Uラック型
Intel Pentium4 3GHz, MEM:512MBx1, HDD:オープン, RAID:SATAオンボードRAID-0,1
・IBM eServer 306m/8849-PAM/1Uラック型
Intel Pentium4 3.2GHz, MEM:512MBx1, HDD:オープン,RAID:SATA/SASオンボードRAID-0,1
・IBM eServer 346/8840-PND/2Uラック型
Intel Xeon 3GHz, MEM:512MBx2, HDD:73GBx3, RAID:ServeRAID-7k

■xSeries/Turbolinux OSサポートモデルの詳細
(リンク »)

■Turbolinux 10 Serverの詳細
(リンク »)

■Turbolinux 10 Server x64 Editionの詳細
(リンク »)


LinuxはLinus Torvalds氏の商標または登録商標です。
IBM、e-businsseロゴ、eServer、xSeriesは、IBM Corporationの商標です。
ターボリナックス、Turbolinuxはターボリナックス株式会社の商標または登録商標です。
その他、記載された会社名および製品名などは該当する各社の商標または登録商標です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから