アッカ・ネットワークス、 企業向け光サービスのエリアを拡大、新たに76ヵ所の開局を決定

~ 本年度開局予定数700局、ビジネスエリアカバー率97%を達成 ~

株式会社アッカ・ネットワークス 2006年09月21日

株式会社アッカ・ネットワークス(以下 アッカ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:坂田好男、 (リンク ») )は、企業向け光サービスの提供エリア拡大を目的に、新たに76ヵ所のNTT収容局(*1)にて開局することを決定し、10月より順次受付を開始します。
(新規開局エリアは (リンク ») を参照)

アッカでは増え続ける企業向け光サービスへのニーズに対応するため提供エリア拡大を進めており、今回発表の76局で、本年度中の開局予定数を超える711局となり、ビジネスエリア(*2)におけるカバー率を97%といたします。

アッカは企業向けサービスを成長戦略における重要な事業ととらえ、さらなるサービス品質と顧客満足度の向上を目指します。

用語解説

*1:NTT収容局
アッカの企業向け光サービスはNTT収容局にネットワーク設備を置きNTTのダークファイバを借り受けて提供しています。

*2:ビジネスエリア
NTT東西地域会社の各収容局で電話端子種別(住宅用/事務用)における割合を比較し、事務用電話端子数比率50%以上の収容局がカバーするエリアと定義しています。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!