公衆無線LAN接続サービス『WirelessGate(R)』 利用可能なエリア数を国内最多の12,200箇所に大幅拡大!

~NTT東西の提供する“フレッツスポット”エリアを追加契約で接続可能に~

株式会社トリプレットゲート 2006年10月11日

ワイヤレスブロードバンド・プラットフォームを提供する株式会社トリプレットゲート(東京都品川区、代表取締役CEO 池田 武弘、以下トリプレットゲート、 (リンク ») )は、当社の運営する公衆無線LAN接続サービス『WirelessGate(R)(ワイヤレスゲート)』の接続可能エリアに、東日本電信電話株式会社(NTT東日本)と西日本電信電話株式会社(NTT西日本)の提供する公衆無線LAN接続サービス“フレッツスポット”のサービスエリアを加え、利用可能となるエリアを本日から日本全国で約12,200箇所に拡大します。なお、フレッツスポットエリアの利用は、既存サービスに追加の契約が必要なオプションのプランとなります。

ワイヤレスゲートは、現在、日本全国に約6,700箇所の接続可能エリアを有しています。一方、フレッツスポットは、関西・東海圏をはじめとする西日本地区を中心として日本全国に約5,500箇所を有しています。フレッツスポットのサービスエリアの利用を追加契約したワイヤレスゲート会員は、従来のワイヤレスゲートのサービスエリアに加えて、フレッツスポットのサービスエリアでも同一のワイヤレスゲートのID・パスワードで利用可能となり、国内では最多のエリア数に接続が可能となります。これにより、関東圏、西日本地区在住利用者それぞれの生活圏で利用可能エリアが大幅に拡大となるほか、関東圏在住者が出張や旅行などで西日本地区に広域移動した際の接続可能場所の確保が容易になるなど、これまで以上に利便性が向上します。  

なお、フレッツスポットの利用は利用か否かの選択が可能で、利用するワイヤレスゲート会員は従来のサービスに追加で契約、利用料金1ヶ月945円(税込)でフレッツスポットのエリアが使い放題となります。例えば、現在、12ヶ月使い放題の基本プランを利用している利用者は、1ヶ月2,835円(基本プラン1,890円+オプションプラン945円、税込)で約12,200箇所全てのエリアが利用可能です。

トリプレットゲートでは、これまで、いつでもどこでも快適なインターネット環境が得られるよう、利用可能エリアの拡大に努めてきました。今後も、利用者の利便性向上のため、利用可能エリアの拡大、および公衆無線LAN接続ならではのサービスの拡充を図っていく予定です。

以上

このプレスリリースの付帯情報

ワイヤレスゲート新料金体系

用語解説

WirelessGate(R)とは・・・
複数の公衆無線LAN接続サービス(BBモバイルポイント、livedoor Wireless、みあこネットなど)との接続提携により、広いエリアでの利用を可能とした公衆無線LAN接続サービス

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社トリプレットゲートの関連情報

株式会社トリプレットゲート

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR