人気サッカーゲーム「Webサカ」を配信

アットネットホーム株式会社 2006年11月01日

ケーブルインターネットのトータルソリューションプロバイダー アットネットホーム 株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:深町俊幸)は、ケーブルインターネット加入者に向けたPCコンテンツ「@NetHome」ポータルサイトにおいて、2006年11月1日よりオンラインサッカーシミュレーションゲーム「Webサカ」の配信を開始します。

当コンテンツはインターネットサービス「ZAQ」を運営する関西マルチメディアサービス 株式会社(本社:大阪府北区、代表取締役:今川哲夫)が、2004年より、会員に向けて 提供している人気コンテンツです。この度の@NetHomeでの配信開始に伴い、無料(注1)で利用できるユーザーが約190万世帯(注2)増加することから、更にゲームが盛り上がることが期待されます。

≪コンテンツ概要≫
ユーザーがチームオーナーとなり、監督、選手、フォーメーションを設定して作ったオリジナルチームを、オンライン上で他のユーザーのチームと対戦させるゲームです。試合は決まった時間に自動的に行われます。チームオーナーであるユーザーは、試合結果を見て、選手補強や監督の交代、フォーメーションの追加を行いながら自分のチームを強化していき、リーグ優勝を目指します。

■主な機能■
・マイページ
チームオーダーの設定や試合結果、選手情報などを見ることができます。掲示板を利用して他ユーザーとコミュニケーションを取り、情報交換したり戦術を学んだりすることもできます。
・チームオーダー
メンバーやフォーメーション、戦術などを状況に合わせて変更します。
・カード交換
選手の補強や監督、フォーメーションの交換を行います。
・トレーニング機能
選手をトレーニングすることで能力値をアップします。

■その他情報■
・コンテンツ名: 「Webサカ」
・ジャンル名: ゲーム
※「ジャンル」とは@NetHomeサイト内のカテゴリの名称を指します。
・利用対象者 : 全国の提携ケーブルテレビ局のケーブルインターネット加入者
※ご利用にはコンテンツメンバーIDの取得(無料)が必要となります。
※一部、当コンテンツをご利用頂けないケーブルテレビ局がございます。
・利用料金:無料(インターネット接続料に含まれる)
・コンテンツパートナー:関西マルチメディアサービス株式会社(ZAQ)

(注1)
他プロバイダーやポータルサイトにおいては有料での提供となっていますが、@NetHome 及びZAQユーザーの方は無料でご利用頂けます。
(注2)
@NetHomeコンテンツ視聴可能世帯数約249万世帯のうち、ZAQ各局及び当コンテンツを  ご利用頂けないケーブルテレビ局のインターネット加入世帯数を差し引いた数。

@NetHomeでは、ケーブルインターネットのメインユーザーであるファミリー層に向け、ニュース、スポーツ、ゲーム、キッズ、グルメ、ペットなど、ご家族皆様で楽しめる100本以上のブロードバンドコンテンツを取り揃えています。今後も、ご家庭で楽しく、便利にお使いいただけるコンテンツを充実させて参ります。

※添付の≪サイトイメージ画像≫をご参照ください。
Copyright(c) Novel Approach powered by ZAQ

アットネットホーム株式会社について  (リンク »)
アットネットホームは、全国に広がるケーブルテレビ局を対象に高速ブロードバンド・ インターネットサービスを提供するプロバイダー(ISP)です。国内主要IX(インターネット相互接続点)との接続および国内外の高速バックボーン網の構築とネットワーク運用、 及び、高速広帯域に対応した専用インターネット・コンテンツ配信事業を行っています。現在は株式会社ジュピターテレコムを株主に2006年10月末時点で169局のケーブル局へ サービスを提供中です。

以上

このプレスリリースの付帯情報

「Webサカ」イメージ画像

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アットネットホーム株式会社の関連情報

アットネットホーム株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!