ディー・ワークス、携帯サイト専用アクセス解析SaaS 「wellout(ウェルアウト) 2006-Autumnバージョン」をリリース Google AdWords APIに対応 http://www.wellout.net

株式会社ディー・ワークス 2006年11月08日

携帯サイト専用のアクセス解析SaaS(Software as a Service)を提供する株式会社ディー・ワークスは、2006年11月7日「wellout(ウェルアウト)2006-Autumnバージョン」をリリースいたしました。 今回のバージョンアップでは、広告効果測定機能の強化としまして、Google AdWords APIに対応し、welloutの広告効果測定レポート内にGoogle アドワーズ広告内の情報を表示することが可能となりました。

携帯サイト専用のアクセス解析SaaS(Software as a Service)を提供する株式会社ディー・ワークス(所在地:東京都港区、代表取締役 泉 大五郎)は、2006年11月7日「wellout(ウェルアウト)2006-Autumnバージョン」をリリースいたしましたので、ご報告いたします。
今回のバージョンアップでは、広告効果測定機能の強化としまして、Google AdWords APIに対応し、welloutの広告効果測定レポート内にGoogle アドワーズ広告内の情報を表示することが可能となりました。

■wellout2006-Autumnバージョンアップ内容は下記の通りです。
1.Google AdWords API対応
Google Adwords APIにてGoogleアドワーズにおけるモバイル広告の表示回数、クリック数、ご利用金額を取得し、welloutの広告効果測定レポート内に通常の解析内容と併せて表示します。これまでアドワーズのモバイル広告の場合、コンバージョン数が把握できませんでしたが、welloutとの連携により、表示回数からコンバージョンまでワンストップで把握することが可能となりました。

2.訪問回数レポートの追加
指定された期間内にユーザが何回訪問したか表示する訪問回数レポートを追加しました。

3.端末レポートの追加
・コンテンツ配信対応機種分布
(iチャネル、EZニュースフラッシュ、ライブモニター、EZチャネル、ミュージックチャネル、S!キャスト)
・トルカ対応機種分布
・デコレーションメール対応機種分布
・世代・シリーズ分布

4.管理画面のAJAX化
・URLへの名称設定機能
 URLとページ名の対応付けが可能になりました。
・広告効果測定の設定
 広告入稿用URLの出力が可能になった他、利便性が向上しました。

上記の追加機能は本日より利用可能です。


■welloutについて
ディー・ワークスは2005年10月、国内で初めて携帯サイト専用のアクセス解析SaaSを提供。4半期に一度のペースでバージョンアップを行っております。
[主な特徴]
1. iモード、EZWeb、SoftBankの公式・勝手サイトに対応
2. ページビュー、訪問回数、ユニークユーザの基本的な解析レポート
3. 広告効果測定機能で広告からのコンバージョンを測定可能
4. 携帯端末を世代別・機能別などで機種の分布を表示する端末情報レポート
5. サイト内でのユーザの動きを知る経路解析レポート

■サイトのURL
(リンク »)

■welloutの価格
welloutは広告効果測定機能も含み、月額\52,500~ご利用いただけます。
 初期費用 : \105,000
 月額費用 : 20万ページビューまで  \52,500/月
50万ページビューまで \105,000/月~

■ディー・ワークスについて
株式会社ディー・ワークス( (リンク ») )
東京都港区北青山2-10-22舞鶴ビル1F
設立 1996年6月
資本金 2,500万円
代表取締役 泉 大五郎
事業内容:インターネットを利用したシステムの受託開発・コンサルティング

■本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社ディー・ワークス 担当:太田
TEL:03-5775-1482
E-mail:info@wellout.net

このプレスリリースの付帯情報

広告効果測定レポート

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ディー・ワークスの関連情報

株式会社ディー・ワークス

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?