ケーブルインターネット「ZAQ」、京阪神ケーブルビジョンと業務提携

関西マルチメディアサービス株式会社 2006年11月15日

12月より大阪南港エリアにて「ZAQインターネット接続サービス」を提供開始

関西においてケーブルインターネット「ZAQ(ザック=ブランド名)」( (リンク ») )を企画・運営しております、関西マルチメディアサービス株式会社 (略称:KMS、本社:大阪市北区、社長:今川哲夫)は、財団法人京阪神ケーブルビジョン(略称:KCV、本社:大阪市中央区、理事長:三宅忠男)とインターネット接続サービス提供において業務提携いたします。12月より、KCVが運営するケーブルテレビ局の内、『KCVポートタウンケーブル局』(※)のサービス提供エリア、「南港ポートタウン」において、ZAQインターネット接続サービスの提供を開始いたします。

==================================================================
「南港ポートタウン」エリアにおいて提供するサービス
==================================================================
1.<インターネットサービス>
① ZAQプレミアム3,500円(税込3,675円)下り20Mbps/上り2Mbps
② ZAQライト 2,500円(税込2,625円)下り 1Mbps/上り512kbps

サービス開始記念 キャンペーン内容 

・12月4日~1月31日まで月額利用料無料期間を実施 (最大2ヶ月無料)
・12月4日~1月31日までにご加入の場合、初期費用無料 (通常料金18,000円)
・12月4日~1月31日までにご加入の場合、出張設定サポート無料
------------------------------------------------------------------
2.<ZAQケーブルフォンサービス(IP電話)>
初期費用  1,000 円(税込1,050円) 
月額利用料  160円(税込 168円) + TA※レンタル料330円(税込346.5円)
※TA:ターミナルアダプタ

==================================================================

ZAQはこれからも関西エリアに特化した地域密着プロバイダとして、ケーブルテレビ事業者様と提携を行い、  お客様へ「安全」「安心」「快適」「便利」なインターネット環境をお届けできるよう、鋭意努力してまいります。


会社概要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■財団法人京阪神ケーブルビジョン (リンク »)
京阪神地区における「難視聴地域」・「すずらんケーブル」・「KCVポートタウンケーブル局」にケーブルテレビサービス、地上波を提供
------------------------------------------------------------------
※KCVポートタウンケーブル局 (リンク »)
サービスエリア : 大阪市住之江区南港ポートタウン
対象世帯数   : 10,416世帯
設置端子数   : 8,679端子(83.32%)
------------------------------------------------------------------
■関西マルチメディアサービス株式会社   (リンク »)
関西2府3県24のケーブルテレビ局と提携し、「ZAQ」(ザック)というサービスブランドにて、ケーブルインターネット接続サービスを提供。(2006年10月末現在の加入世帯数:42万件超)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

関西マルチメディアサービス株式会社の関連情報

関西マルチメディアサービス株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?