コグノス、コーポレート・パフォーマンス・マネジメント・スイートにおける最新レポートで、“リーダー”クアドラントに位置付けられる

CPMスイートおよびエンタープライズ・ビジネス・インテリジェンス・プラットフォームの両レポートにおいて“リーダー”クアドラントに位置付けられる

日本アイ・ビー・エム株式会社 2006年12月18日

【2006年12月5日発米国マサチューセッツ州バーリントン発】
ビジネス・インテリジェンス(BI)およびコーポレート・パフォーマンス・マネージメント(CPM)ソリューションのリーディング・カンパニーであるコグノス社(Nasdaq: COGN; TSX: CSN)は、本日、ガートナーの2006年コーポレート・パフォーマンス・マネージメント・スイートのマジック・クアドラント(*1)においてリーダーのクアドラントに位置付けられたと発表しました。ベンダーは、ビジョンと実行能力の両面から評価されます。

ガートナーによれば、「『リーダー』は、現在優れた業績を挙げており、市場の方向性について明確なビジョンを持ち、市場でリーダーの地位を維持するために競争優位性の向上に積極的に取り組む企業」を意味します。またガートナーはCPMを、「戦略開発、予算編成、予測等のプロセス、バランス・スコアカードや価値ベースのマネージメント等のプロセスを推進するメソドロジー、戦略目標および事業目標との対比で業績を測定するメトリクス」を包括するものと定義しています。さらにガートナーは、「このようなプロセス、メソドロジーおよびメトリクスをサポートする機能を提供してくれる分析アプリケーション・スイートのサポートがあって初めて、CPMは効果を発揮できる」と述べています。

コグノスは、持続的な競争優位性獲得のためにパフォーマンス・マネージメント・プロセスを変革することによリ、アクタビス・グループなど世界各地の企業が意思決定を改善するための支援を続けています。

アクタビス・グループは、ジェネリック医薬品市場で主導的地位を占めています。同社は、一連の企業買収によって5年間に社員数が100人から1万人にまで増大したことを受け、コグノスのプランニングおよびレポーティングの機能を利用したパフォーマンス・マネージメントの実行に着手しました。

アクタビス・グループのCIOであるウルファル・ヘルガソン氏は次のように述べています。「事業規模の飛躍的な成長に伴い、幅広いERPシステムを統合して、計画作成、予算編成、予測および報告の全社的なビジビリティを改善できるような柔軟なソリューションが必要になりました。コグノスを導入してモデル、プラン、レポートの集中管理を行うことにより、一貫性のある正確な情報が得られるようになりました。売上や売上原価を含めて計画の範囲が拡大されたため、収益性の分析が可能になりました。また自動化されたプロセスの合理化を進め、新たに買収した企業をより迅速にプランニング構造に組み込めるようにもなりました。ビジビリティと一貫性が改善されたため、意思決定の効率と効果が拡大したのです。」

コグノスのCPMシステムは、テクノロジー、ベストプラクティス、分析アプリケーション・ソリューションおよび広範なパートナー・ネットワークを組み合わせて、顧客のために単一のパフォーマンス・マネージメント・ソリューションを作り出します。このシステムは、ERPなどのソース・トランザクション・システムを完全に管理して、複数の変化し続ける内部および外部データソースを統合および橋渡しできるようにする、重要なバッファーとして機能します。このようなデータ資産は行動可能なリアルタイム情報へと転換されるため、顧客はいちだんとインパクトのあるビジネス・パフォーマンスをより素早く追求できるようになります。

コグノスの社長兼CEOであるロブ・アッシュは次のように述べています。「今回、マジック・クアドラントでリーダーに位置付けられたことは、顧客が、パフォーマンス・マネージメント・パートナーとしてのコグノスのシステムを利用して標準化を進めることによって多大な利益を得ていることの何よりの証拠です。また当社のパフォーマンス・マネージメント・システムは、ビジネス管理と業績を改善するエンタープライズ・プランニングおよびBIをベースにビジビリティのための堅牢な基盤を提供するという当社の戦略ビジョンを具現化するものでもあります。この組み合わせによって、社内のすべてのレベルにおいて、さらに適切な情報に基づいた意思決定がよりスピーディに下せるようになります。」

コグノスは、ガートナーの2006年第1四半期の「ビジネス・インテリジェンス・プラットフォームのマジック・クアドラント」でもクアドラント・リーダーに選ばれています。詳細は (リンク ») をご覧下さい。

(*1)
出典:ガートナー “Magic Quadrant for CPM Suites, 2006” Nigel Rayner、2006年12月1日、GJ06510


マジック・クアドラントについての免責事項

本マジック・クアドラントは、2006年1月および12月にガートナーが著作権を有しており、その許諾を得て再掲したものです。マジック・クアドラントは、特定の時点や期間における、特定の市場を図式的に表現したものです。これは、ガートナーの採用した定義に基づいて、当該市場向けの基準に特定のベンダーを当てはめた場合の評価をガートナーが分析したものです。ガートナーは、マジック・クアドラント内に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また「リーダー」クアドラント内に位置付けられたベンダーのみを選択するようテクノロジの利用者に助言するものではありません。マジック・クアドラントの用途はリサーチ・ツールに限定されており、特定の行為に導く意図を有しておりません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

以上


コグノスについて

コグノスは、ビジネス・インテリジェンスとパフォーマンス・マネージメントの世界的リーダーとして、企業プラン、財務・業績の把握・管理をサポートする世界クラスのプランニングおよびBIソフトウェアを提供しています。コグノスは、顧客に完璧なパフォーマンス・システムを提供するため、技術、分析アプリケーション、ベストプラクティス、広範なパートナーのネットワークを提供します。コグノスのパフォーマンス・システムは、企業のERP、パッケージ・アプリケーション、およびデータベースに蓄積された情報を最大限に活用できる、オープンかつ適応可能なソリューションです。顧客は、「現状はどうなのか」「なぜ、順調なのか、順調でないのか」「それについてどうすべきなのか」、といった質問に答えられるようになり、将来のビジネス戦略の計画を行う一方で、パフォーマンスの現状を把握し、モニターすることが可能となります。コグノスの顧客は135カ国以上、2万3,000社を超え、そのうちのトップ100社は一貫して市場指数を超える業績を達成しています。コグノスのパフォーマンス管理ソリューションとサービスは、ワールドワイドで3,000社以上のパートナーおよびリセラーからも購入できます。詳しくは、コグノスのホームページ (リンク ») をご覧下さい。

Cognos、Cognosロゴ、Cognos 8は、米国および/またはその他の国々におけるコグノス社の登録商標です。本文中に記載の社名、製品名はすべて各社の商標または登録商標です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから