PC200台までの中小企業向けクライアント管理アプライアンス 「LogVillageコンポ」を発売 リモートでの管理代行サービス「LogVillageソムリエ」提供

操作履歴・資産情報の把握、Winny対策を低コストで容易に導入可能 不正PC接続検出オプション無償バンドルキャンペーン実施

株式会社蒼天 2006年12月21日

株式会社蒼天(本社:東京都中央区、代表取締役 芦辺多津治)は、Windows PCの資産情報や操作履歴を把握するクライアント管理アプライアンスサーバ「LogVillageコンポ」 (ログヴィレッジ・コンポ)を発表し、本日12月21日より販売開始いたします。

「LogVillageコンポ」は、蒼天が開発・提供するエージェントレスのクライアント管理ソフト「LogVillage」を、専任のIT管理者が不在の中小規模企業でも容易に短期間で導入できるよう、アプライアンス方式で提供する製品です。管理するクライアント台数を制限することで、ソフトウェアライセンスでの導入に比べて最大40%程度低価格で導入可能にし、50台までのモデルが78万円(税別)、200台までのモデルが120万円(税別)です。
また、導入・運用開始時はもちろん、運用開始後に管理者の作業を一部代行するリモートサポート「LogVillageソムリエ」サービスを併せて提供開始します。
さらに、2007年3月までのキャンペーンとして、企業内LANに不正接続された管理外のPC、NAS、プリンタなどを検出するソフト「サーチライト」も無償バンドルして提供し、クライアントPC管理と未許可PCの社内ネットワーク接続検出を「LogVillageコンポ」1台だけで実現可能となります。

◆LogVillageコンポ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「LogVillageコンポ」は、管理対象のクライアントPCに常駐ソフト (エージェントウェア) をインストールする必要がなく、クライアントのソフト資産情報、アプリケーション実行履歴、ログオン履歴、Webアクセス履歴、印刷履歴などを記録・保存し、許可されていない外部記録メディア (USBディスクなど) の接続や不正なアプリケーションのインストールを検知することで情報漏洩を抑止します。
また、「Winny」などの社内使用禁止ソフトを監視して管理者にアラートを送ることができる「プロセス検出機能」も搭載しており、記録した実行ログの中から、それらのアプリケーションが、いつ、どのPCで実行されたかを、速やかに検索して特定することができます。
さらに、各クライアントPCの稼働状況、OSやアプリケーションのバージョンやパッチ適用状況を把握して一元管理することで、クライアントPCがネットワーク上のセキュリティホールになるのを防止します。

◆LogVillageソムリエ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「LogVillageソムリエ」は、通常の保守サービスで提供するメニューを、全ての「LogVillage」ユーザ向けに充実させたもので、導入・運用開始時に必要なサービスはもちろん、運用開始後に管理者が行うべき作業の一部をリモートで代行します。
同サービスでは、「LogVillage」のログ情報を蒼天のサポートセンターに送付すれば、管理対象のすべてのPCからログが正常に取得されているか、重要なHotFixを適用しているかどうか、ウィルス対策ソフトが正常に稼働しているかどうかなどをチェックし、状況・原因のレポートや改善アドバイスを提供することで「LogVillage」が効果的に継続運用できるよう支援します。
「LogVillageソムリエ」の料金は通常の保守サービス費用(製品価格の15%)に含まれており、「LogVillageコンポ」については、初年度は同サービス費用が製品価格に含まれています。
また、今回の発表以前に「LogVillage」を購入し保守サービス契約を締結している全てのユーザにも適用します。


「LogVillageコンポ」に搭載しているのは最新版の「LogVillage 1.3」で、本バージョンから、管理対象となるクライアントPC情報登録を非常に簡単に効率的に行えるようになりました。各クライアントPCにUSBディスクを接続してWeb画面に従って簡単な操作を行うとクライアントPCの情報(ホスト名、ID、パスワード) などを自動的に収集し、最後に「LogVillageコンポ」サーバにUSBを接続すれば各クライアントPCの情報が一括登録されます。
また、「LogVillage 1.3」では、ソフトウェア資産を一目で把握しやすい一覧機能を追加するなど、レポート表示機能を強化しています。
さらに、「LogVillage」は、2007年3月に、エージェントレス方式では取得が困難だったクライアントPCのシリアル番号、型番、登録済みアカウント情報などを自動収集する機能の追加とWindows Vista対応を予定しており、レンタルユーザ、ならびに保守サービスを購入した買取りユーザには無償でアップグレードが提供されます。


LogVillageは、2005年10月末に出荷開始し、クライアントPCへ負荷をかけずに管理を実現したいというユーザの要望に応えられることなどが評価されて、NECビッグローブ株式会社、株式会社ナビタイムジャパンほか、ソフトウェア開発会社、製造企業、大学、病院などを中心に約200社に導入実績があります。
大規模ユーザでは1,000~2,000台のクライアントPCを管理していますが、一方で、50台~200台クラスの中小規模ユーザからの問い合わせや導入検討も急増しています。
これらの企業は、ITシステムの管理を総務部などが他の業務と兼務しているようなケースが多く、管理サーバの導入・運用が大きな負担であり、クライアント管理システムの導入のハードルが高いとの声が多く寄せられていたことから、今回、「LogVillageコンポ」ならび「LogVillageソムリエ」はこれらのニーズに応えて提供開始することになりました。

蒼天は、直販および現行の販売代理店を通じて、初年度500台の販売を予定しています。また、「LogVillageコンポ」の発売に合わせて、中小企業市場を対象とする新たな販売チャネルを拡充していく計画です。

……………………………………………………………………
◇ LogVillageの詳細について
(リンク »)
◇ サーチライトの詳細について
(リンク »)
……………………………………………………………………

________________
■価格・販売/出荷時期
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
販売開始:2006年12月21日
出荷開始:2007年1月16日

販売価格(税別):
LogVillageコンポ50 (クライアントPC50台まで)   780,000円
LogVillageコンポ200 (クライアントPC200台まで) 1,200,000円

※上記価格には、初年度の保守サービスと「LogVillageソムリエ」(運用支援サービス)の費用が含まれます。
 次年度以降は、上記製品価格の15%です。
※現地での導入・設定サービス(200,000円)をオプションでご提供します。

________________
■「LogVillageコンポ」の特長
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(1)短時間で簡単に導入・運用可能なアプライアンス
USBディスクを管理対象のクライアントPCに接続しWeb画面で所定のプログラムを実行するだけで必要な情報を自動収集。社内LANに接続した「LogVillageコンポ」に一括登録するだけでクライアント管理を開始。

(2)エージェントソフト不要
クライアントPCに常駐ソフトをインストールしないので、アプリケーションやパフォーマンスに影響を与えず、ユーザの作業効率を低下させない。また、クライアントのシステム環境に左右されず、導入/運用が容易。

(3)Webベースの管理コンソール
充実したレポート機能により履歴情報を分かり易く表示・検索し、事後追跡が可能。
ログインユーザ(管理者)ごとに、参照可能なログデータの制限設定も可能。

(4)リモートサポート
初期設定から運用時のトラブルまで、電話サポートに代わって、ユーザサイトにリモートログインして問題を迅速に解決。

(5)ユーザ別の操作履歴検索が可能
コールセンターなど、複数のユーザが1台のクライアントPCをタイムシェアする場合でも、特定ユーザの行動追跡(ログオン/オフ、印刷、Webアクセスなど)が可能。

(6)アラート機能
許可されていない外部記憶デバイスの接続やアプリケーションのインストール、ユーザによる不正操作検出時、重要なエラーイベント発生

(7) Winny等の使用禁止アプリケーションの実行を監視
クライアントPCで実行されたアプリケーション情報を収集しているため、不正または不注意によるアプリケーションの実行を監視することが可能。

_______________________
■「LogVillageソムリエ」のリモートサポート内容
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(1) 本番運用開始時の支援
・不正プロセス(無許可アプリケーション、PtoPソフトなど)のアラート設定
・不正デバイス接続のアラート設定
・不正Webアクセスのアラート設定
・その他運用設定全般に関する支援

(2) 運用開始後の支援
・HotFix適用チェック (システムUpdate情報により、重要なHotFixを適用していないPCを特定)
・重要アプリケーションの稼働チェック
(プロセス情報により、ウィルス対策ソフトなどが稼働しているかどうかを確認)
・PC障害の切り分け支援 (イベントログより、PC障害の原因を切り分け)

(3) LogVillageの正常稼働に関する支援
・PC情報取得可否チェック (ログ収集できていないPCの有無をチェックし、原因・対策をレポート)
・監視漏れPCチェック (不正接続検出ソフト「サーチライト」台帳を照合し、管理漏れPCを検出)
※本サービスは「サーチライト」を同時使用しているユーザに対してのみとなります。

このプレスリリースの付帯情報

LogVillage資産情報管理画面

用語解説

◇ LogVillageの詳細について
(リンク »)
◇ サーチライトの詳細について
(リンク »)

________________________
◇ 株式会社蒼天について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(リンク »)
株式会社蒼天は、OSコア部分および大規模データベースシステムの設計で高い技術とスキルを持つ技術者を擁し、独自開発技術をベースとして、サーバシステムやデータベースシステムのパフォーマンス解析・改善のためのパッケージソフトウェア開発、販売およびコンサルティングサービスを提供します。2003年に設立し、主な開発製品は、不正接続検出ソフトウェア「サーチライト」、リソース管理ソフトウェア「GASAIRE」、クライアント監視・管理ソフトウェア「LogVillage」などがあります。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社蒼天の関連情報

株式会社蒼天

株式会社蒼天の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR