ベアー・スターンズ 東京支店新経営陣を発表

ベアー・スターンズ(ジャパン)証券会社 2006年12月27日

ベアー・スターンズ(ジャパン)証券会社(以下「ベアー・スターンズ」)は、本日、東京支店の新しい経営陣を発表いたしました。現東京支店長兼アジア地域 債券・デリバティブ統括責任者であるレオナルド フェダーが、2007年1月付をもって、ザ・ベアー・スターンズ・カンパニーズ・インク ニューヨーク本社にてストラクチャード エクイティ トレーディング本部 グローバル総括部長に就任することとなり、法務部長兼シニア マネージング ダイレクター ジョン スワードが、後任として東京支店長を兼任いたします。なお、フェダーはベアー・スターンズ(ジャパン)証券会社 取締役も兼任いたします。

ベアー・スターンズ(ジャパン)証券会社 会長 ミシェル ペレティエは次のように述べています。「レニー(レオナルド フェダー)はこの五年間、日本そしてアジアにおけるビジネスの拡充に大変重要な役割を担っていました。彼の指導力と当社への一意専心ぶりの寄与は計り知れません。また、この度の新経営体制が東京支店を更なる成長と成功へ導くことと期待しています。」

同時に、シニア マネージング ダイレクター ロス アントチとレイモンド ウォングが東京支店 債券本部共同本部長に就任いたしました。アントチは現在証券化商品部でアジア地域においてシニア マネージング ダイレクターであり、ウォングは現在債券トレーディング部でアジア地域においてシニア マネージング ダイレクターの任にあります。今後、ともに現職を兼任しながら、債券本部の共同本部長として東京支店の債券本部 営業部およびトレーディング部を統括し、今後の更なる飛躍への主導的役割を担います。

加えて、金融商品開発部ファイナンシャル・プロダクツ部長としてシニア マネージング ダイレクター 百瀬茂が選任されました。主にデリバティブ等の最新金融技術を活用した商品開発、顧客財務・ポートフォリオ分析を主とした非流動的資産管理へのソリューション提供等の業務開発及び営業活動に従事いたします。

さらに、現在ベアー・スターンズ(ジャパン)証券会社 副会長兼シニア マネージング ダイレクター 小林正和はザ・ベアー・スターンズ・カンパニーズ・インク ニューヨーク本社にて、ストラテジック ファイナンシャル グループ及び日本ビジネスに対するグローバル リレーションシップ マネジャーに就任いたします。

ジョン スワード、ロス アントチ、レイモンド ウォングと百瀬茂はエクイティ トレーディング部においてアジアを統括するキン チャンやストラクチャード エクイティ プロダクツ営業本部 部長の杉浦勇二、東京支店 COOのブライアン べネスと共に東京支店における経営委員会の委員であります。

◇ ◇ ◇
ベアー・スターンズ(ジャパン)証券会社について
1989年に設立されたベアー・スターンズ(ジャパン)証券会社は、東京証券取引所の総合取引参加者で日本証券業協会の会員です。ベアー・スターンズ(ジャパン)証券会社はベアー・ス۠ターンズ・コー・インクの関連会社で、金融機関を始め、事業法人、公的機関など広範囲にわたりグローバルな商品・サービスを提供しています。日本語のウェブサイトは (リンク ») をご覧ください。
ザ・ベアー・スターンズ・カンパニーズ・インクについて
1923年に設立されたザ・ベアー・スターンズ・カンパニーズ・インク(NYSE:BSC 総資本金:約619億ドル)は、世界中の政府機関、事業法人、金融機関、個人投資家向けにビジネスを展開しています。同社の主要子会社であるベアー・スターンズ&コー・インクは、企業金融、M&A、株式、債券セールス、トレーディング、リサーチ、個人投資家向けサービス、デリバティブ、外国為替、先物取引、アセットマネジメント、証券代行業務などを提供しています。また、ザ・ベアー・スターンズ・カンパニーズ・インクは、子会社のベアー・スターンズ・セキュリティーズ・コーポレーションを通じ、ヘッジファンド、ブローカー/ディーラー、投資顧問会社に、金融・証券貸借・クリアリング・サービス・技術ソリューションを提供しています。なお、ベアー・スターンズ・カンパニーズ・インクはニューヨークに本拠を置き、世界全域で約1万3000人の従業員を擁しています。ベアー・スターンズに関する詳報は、ウェブサイト (リンク »)  (英語)をご覧下さい。

本リリースに関するお問い合わせ:
ベアー・スターンズ(ジャパン)証券会社 東京支店 
コーポレートコミュニケーションズ&コーポレートマーケティング 
小河原 愛
TEL:03-3437-7878

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?