エレクセン社、バッグや洋服に装着できる、「ウィンドウズ・サイドショー」対応のコンピューター・ディスプレーを発表

新製品「ウェアラブル・ディスプレー・モジュール」の高い耐久性により、バッグ、ブリーフケース、リュック型かばんにも使用可能

エレクセン社 2007年01月10日

ビジネス関連編集者/技術関連編集者各位 2007国際CES サンズ・ホテル、ブースNo.71632

米ネバダ州ラスベガス発 -- (ビジネスワイヤ) -- 2007年1月10日 -- 家電向けスマート・ファブリック・コントロールキーパッド「ElekTex」の開発・製造で知られるエレクセン・グループ社(AIM:ELG.L)は本日、マイクロソフト・ウィンドウズの「サイドショー(SideShow)」機能(補助ディスプレー)対応の「ウェアラブル・ディスプレー・モジュール(WDM)」の発売を発表しました。「WDM」は、バッグ、リュック型かばん、衣服などの柔らかい素材に一体化して装着できるコンピューター用補助ディスプレーで、ディスプレー技術をこうした用途に応用したものとしては世界初の製品であり、かばんを電子機器の一部として使うことも可能になります。

「WDM」は、ブリーフケースやリュック型かばんなど柔らかい素材に簡単に組み込んで、幅広いコンピューター電子機器とともに使用できる初の「スクリーン付きバッグ」を実現します。これによりユーザーは、キャリーケースとコンピューターを接続すれば、わざわざバッグを開けたりウィンドウズ・ビスタ対応機器を操作したりしなくても、バッグの外側から電子メールやスケジュールなどの重要情報を、移動中に素早く確認することができます。

エレクセン社のロビン・シェパード最高経営責任者(CEO)は、次のように語っています。「エレクセン社は、ユーザーとデジタル機器を結ぶための、革新的で創意に富んだ方法の開発を続けてきました。『ElekTex』は、ウェアラブル・テクノロジー市場のパイオニアとなっているアパレルや電子機器のリーディング・ブランドの間ではスタンダードとなっています。来年の市場動向を見据える当社としては、バッグ、ブリーフケース、リュックサック用のビジュアル・アウトプット製品をマイクロソフト社との協力により開発したことは、ごく自然な次のステップなのです。この製品により、外出中に好きな音楽を聴くだけでなく、好きな画像やデータを見て楽しむことができるようになります。」

マイクロソフト社ウィンドウズ顧客担当ゼネラル・マネジャーのブラッド・ゴールドバーグ氏は次のように述べています。「今年のCES見本市では、エレクセン社が当社の『ウィンドウズ・ビスタ』に対し、大変な熱意とサポートを提供してくれました。両社が緊密に協働することにより、ユーザーの皆様をつなぐ、楽しめる技術を提供して、皆様が驚くような便利な暮らしをもたらす次世代コンピューティング技術を実現していきたいと考えています。」

エレクセン社の「ウェアラブル・ディスプレー・モジュール」は、新たに柔らかい製品の多様な市場への道を拓く製品であり、従来のバッグやリュックサックを柔らかなエレクトロニクス製品に変貌させることができます。「WDM」は、「ウィンドウズ・ビスタ」のノートPC用補助ディスプレー/二次ディスプレー「ウィンドウズ・サイドショー」機能をサポートする設計で、ウィンドウズ・ビスタ対応機器用のアプリケーションには全て対応しており、電子メール、オンライン・カレンダー、メディア・プレーヤーなどをサポートしています。ノートPCの電源がオフだったりスリープ・モードになっていても、ユーザーはこのディスプレーを使えば手軽に重要な情報を閲覧することができるのです。

エレクセン社の「ウェアラブル・ディスプレー・モジュール」は、2.46インチのアクティブTFT液晶スクリーンとデータファイルを保存する1GBのメモリーで構成されています。このメモリーは、インタラクティブな布状キーパッド「ElekTex」で操作することができ、アプリケーション管理とデータ表示もコントロールできます。同製品は、専用の「MENU」キーと「BACK」キー、4つのナビゲーション・キー、「GO」キーの、合計7つのキーによる操作をサポートしています。

参照設計と、簡単に装着可能なバッグ・メーカー向けモジュールの出荷が開始されており、今月中の「WDM」に対する注文はエレクセン社で直接受付を致します。詳報については、同社ウェブサイト( www.eleksen.com )をご覧下さい。

エレクセン社について

エレクセン・グループ社は、エレクトロニクス・インターフェースの設計に使用されるタッチ感応式インタラクティブ・ファブリックの世界大手です。同社の基幹テクノロジー「ElekTex」は、他に類のない電導性の布製キーパッドで、柔軟で耐用性が高く頑健な布状タッチ・スクリーン・インターフェースの設計に最適な技術です。「ElekTex」は、家電製品用のウェアラブルな電子コントロール装置や作業衣から、家電周辺機器、テレマティックス、軍用、輸送用、宇宙服などの用途での軽量・低電力消費タッチ・インターフェースなど、各種製品分野に採用されています。これは、ウェアラブル・エレクトロニクス市場の発展を遅らせる要因となってきた、硬質のキーボード、フレキシ回路、ポリマースイッチなどの従来型技術に代わる、新しい技術です。エレクセン社は、「エレクテックス」と参照データをカスタムメードのエレクトロニクス設計用として、メーカー企業各社にライセンス供与しているほか、衣料品、バッグ、アクセサリーのメーカー向けに、同技術を簡単に装着できるソリューション各種のマーケティングを行っています。エレクセン社は、英国ロンドン近郊のパインウッド・スタジオと、米国ボストン近郊のマサチューセッツ州ウォルサムに本拠を置いています。

Copyright(C) Eleksen Group plc 2007.「Eleksen」および「ElekTex」のロゴは、エレクセン・グループ社の登録商標です。ここに記載されたその他会社の名称およびロゴは、その各々の所有者に帰属します。

CONTACT: PAN Communications
Ann Shannon, 978-474-1900
m. 978-317-6543
eleksen@pancomm.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!