【ナノプロ】MRRでエムレポートの「基地局関連メーカ各社の動向-2006年度上期-」を販売開始

NTTドコモとソフトバンクモバイルがMNP導入前にエリアを拡充

グルーヴプロモーション株式会社 2007年01月18日

IT、情報通信市場の調査レポート販売サイトMRR(運営会社:株式会社ナノプロ 代表取締役 森田裕行)は、携帯市場のレポートで定評のあるエムレポートが制作した「基地局関連メーカ各社の動向-2006年度上期-」の販売を開始しました。

報道関係各位

2007年1月18日
株式会社ナノプロ MRR事業部
(リンク »)

――――――――――――――――――――――――――――――――
ナノプロMRR事業部、
「基地局関連メーカ各社の動向-2006年度上期-」を販売開始

~NTTドコモとソフトバンクモバイルがMNP導入前にエリアを拡充~

詳細はこちら⇒ (リンク »)

――――――――――――――――――――――――――――――――

■概要■
IT、情報通信市場の調査レポート販売サイトMRR(運営会社:株式会社ナノプロ 代表取締役 森田裕行)は、携帯市場のレポートで定評のあるエムレポートが制作した「基地局関連メーカ各社の動向-2006年度上期-」の販売を開始しました。

詳細はこちら⇒ (リンク »)


■■資料概要■■

◆上期のドコモは4,600億円、KDDIのau事業が1,200億円の投資
2006年度上期の設備投資額は、NTTドコモが前年同期比14.0%増となる4,628億円、KDDIのau事業は同3.9%増の1,218億円になりました。上期はNTTドコモやソフトバンクモバイル(旧ボーダフォン)といったW-CDMA方式事業者が、携帯電話番号ポータビリティ制度導入に向けてサービス・エリアの拡充に努めています。
なお、ソフトバンクモバイルは上期実績を公表していません。

◆通期は既存/事業者合計で1兆7,000億円超の投資
携帯電話事業者各社による通期予測では、NTTドコモが55.5%増となる9,160億円、au事業は同21.9%増の3,330億円、ソフトバンクモバイルが同66.8%増となる4,000億円を見込んでいます。また、イー・モバイルは2006年度に約807億円、アイピーモバイルも今後5年間で1,500億円の設備投資を計画しています。それに伴い、既存事業者3社で合計1兆6,490億円となり、新規参入事業者の投資額を合算すると1兆7,000億円を超える規模になります。


■■キーワード■■

◆上期にエリア整備を積極化したW-CDMA方式事業者!!
NTTドコモやソフトバンクモバイルが2006年度上期に3Gエリアの拡充を実施しました。

◆下期に投資を拡大するau事業!!
KDDIは2006年度下期にau事業へ前年同期比35.5%増となる2,112億円を投資します。

◆好調なNECのインフラ部門!!
NECは3G基地局などがほぼ期初計画どおりに推移し、通期で前年度比ほぼ横ばいの売上高を見込んでいます。


■■携帯電話基地局数の推移と予測(2005~2010年度)■■

◆通期はドコモとソフトバンクモバイルの拡充で15万局の見込み
総務省によれば、2006年度上期の携帯電話基地局数は前年同期比22.6%%増となる12万1,330局になっているようです。第1四半期のみで4,831局、第2四半期で6,523局の基地局が設置され、上期合計では11,354局の設置となってます。


■■目次/図表■■

要約
キーワード

1.市場概況
 上期のドコモは4,600億円、KDDIのau事業が1,200億円の投資
 通期は既存/事業者合計で1兆7,000億円超の投資

2.携帯電話基地局数の推移と予測(2005~2010年度)
 通期はドコモとソフトバンクモバイルの拡充で15万局の見込み
 3社合計の2006年度通期投資は前年度比18%増

3.携帯電話事業者の動向
 NTTドコモの動向
  上期は前年同期比22%増となった携帯電話向け投資
  増強進むFOMA基地局
  10月にHSDPA方式サービスが全国に拡大
  8月末にHSDPA方式サービスを開始
  多種多様な基地局設置方法
  NTTドコモ東海ではFOMA基地局数をmovaの倍に
 KDDI(au)の動向
  上期は前年同期比4%増の設備投資にとどまったau事業
  12月からRev.Aを導入
  Rev.Aは2009年度に全国展開
 ソフトバンクモバイルの動向
  基地局設置は投資を前倒し
  2006年度末に46,000局は不可能
  猛烈な勢いで基地局設置を進行中
  数年内に10万局超の基地局数に拡大
  10月にホーム・アンテナの無償貸与を開始
  HSDPA方式基地局は秋に9,200局
 イー・モバイルの動向
  07年3月にHSDPA方式サービスを開始
  9月にNTTドコモと音声ローミングで合意
  7月にHSDPA方式網供給メーカにHuawei Technologiesを追加選定
 9月に沖電気工業と基地局設備契約を締結したアイピーモバイル

4.基地局メーカの動向
 上期の生産金額/台数が増加
 日本電気(NEC)の動向
  業績がみえにくくなったモバイルインフラ
  2006年度にパソリンクの増産を計画
  7月にTelenorからパソリンクなどを受注
  7月にスペインTMEから小型屋内中継装置を受注
 富士通の動向
  2007年度の通信機器事業売上高を下方修正
  8月に仏Alcatelへ仏Evolium株式を譲渡
 Rev.Bなどの開発を視野に入れる日立製作所

5.基地局関連メーカの動向
 上期の計測器事業は増収増益となったアンリツ
 6月に新無線基地局用電源を開発したNTTファシリティーズ

6.基地局工事会社の動向
 上期は前年同期比8%増の売上高になったNTTデータ
 上期は前年同期比15%増の売上高になったNECネッツエスアイ
 基地局等工事の上期受注が前年同期比36%増のコムシスHD
 上期は前年同期比37%増の協和エクシオのワイヤレス部門
 モバイルネットワークソリューションが好調な大明

7.海外メーカとその他の動向
 8月に中国GSM方式網拡張契約を受注したEricsson
 5月にTD-SCDMA方式基地局設備生産の合弁会社設立を発表
 9月に加Nortelのワイヤレス事業を一部取得した仏Alcatel
 加Nortel Networksの動向
  7月に米Verizon Wirelessと3G網拡張契約を締結
  7月にIPベースのW-CDMA/HSDPA方式屋内基地局を発表
 Huawei Technologies(華為技術)の動向
  9月にウルグアイANTELからW-CDMA方式網敷設を受注
  8月にVodafone Spainの3G網供給メーカに選定
  8月に米Leap Wirelessから1xEV-DO方式網構築を受注
  8月にサウジアラビアとカンボジアで3G技術を支援
  7月に米Motorolaと研究開発センターを共同設立
 ZTE(中興通訊)の動向
  10月にChina UnicomからGPRS方式機器などを受注
  6月にモンゴルSkytelからRev.A網敷設を受注
  6月にインドTATAから1x方式網敷設を受注

8.関連リンク


■■資料の仕様■■
商 品 名:「基地局関連メーカ各社の動向-2006年度上期-」
発 刊 日:2007年1月16日
判   型:A4版27頁〔PDF資料〕
発   行:エムレポート
販   売:株式会社ナノプロ
頒   価:15,750円(税抜15,000円+消費税750円)

■■お申し込み方法■■
下記URLよりおご購入ください。
⇒  (リンク »)

■■ナノプロについて■■
設立:2006年1月
会社名:株式会社ナノプロ
所在地:
本社/東京都渋谷区恵比寿4-20-3恵比寿ガーデンプレイス18階
神南オフィス/東京都渋谷区神南1-13-8パーク・アヴェニュー神南404
事業内容:
インターネットならびにモバイル向けのプロモーション
セールスプロモーション事業
関連コンテンツ・システム事業
(1)成果報酬型Eコマースプロモーション
(2)プロモーションコンテンツ制作、ネットプロモーションシステム開発事業
代表取締役:森田裕行
URL: (リンク »)

■■本件に関するお問い合わせ先■■
〒150-0041
東京都渋谷区神南1-13-8パーク・アヴェニュー神南404
TEL:03-6379-9771
E-Mail: info-mrr@nanopro.jp
担当:惠本(えもと)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

グルーヴプロモーション株式会社の関連情報

グルーヴプロモーション株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから