SL ジャパン、Microsoft Windows Vista のサポートをいち早く発表 - Vista 対応 .NET 開発ツールの新バージョン 3.0c をリリース

Vista 対応の SL-GMS Developer & Custom Editor for .NET 製品の新バージョン 3.0c をリリース

株式会社 SL ジャパン 2007年01月24日

株式会社 SL ジャパンは、リアルタイム・データ監視と表示のグラフィックス・ソフトウェアで業界をリードする米国 SL 社が、Microsoft Windows Vista 対応の SL-GMS Developer for .NET ならびに SL-GMS Custom Editor for .NET 製品の新バージョン 3.0c を世界同時リリース(日本では日本語版)したことを、本日発表しました。

報道機関様各位

プレス・リリース

■■ SL ジャパン、
■■ Microsoft Windows Vista のサポートをいち早く発表 ■■

 Vista 対応の SL-GMS Developer & Custom Editor for .NET 製品の
 新バージョン 3.0c をリリース

■■ 2007 年 1 月 24 日 ■■

株式会社 SL ジャパン(所在地: 東京都港区、代表取締役社長: 羽島
良重)は、リアルタイム・データ監視と表示のグラフィックス・ソフトウェア
で業界をリードする米国 SL 社が、Microsoft Windows Vista 対応の
SL-GMS Developer for .NET ならびに SL-GMS Custom Editor for .NET
製品の新バージョン 3.0c を世界同時リリースしたことを、本日発表
しました。

SL 社では、これまで待ち望まれてきた Windows Vista の正式版が
リリースされ次第サポートできるよう、昨年から Windows Vista のベータ
版を使って、先行開発していました。そしてこの度、SL-GMS Developer
& Custom Editor for .NET 製品の Windows Vista 拡張版 Visual Studio
2005 における動作をテストし、これらの製品で構築したアプリケーション
もWindows Vista 互換であることを、正式版で検証しました。

SL-GMS 製品は、製造業をはじめ、リアルタイムなプロセスを表現
するための高性能なダイナミック・グラフィック・コンテンツを必要と
する監視制御システムの開発と運用で活用されています。SL-GMS
Developer for .NET 製品では、その SL-GMSDraw ダイナミック・
グラフィック・エディタで、ビジュアル・リッチな画面を対話的に作成し、
その動的振る舞いをプレビューして確認できます。この SL-GMSDraw
で作成した画面は、SL-GMS のカスタム .NET コントロールによって
ローディングされ、ライブデータ駆動または対話操作によってダイナ
ミックに動作します。そして、Web またはデスクトップで運用するアプリ
ケーションは、この SL-GMS カスタム .NET コントロールを使って、
Microsoft Visual Studio で構築できます。

多くのプロセス制御環境においては、監視制御システムのグラフィック
画面をプログラマではない技術者でも簡単に作成して保守できることが、
必要条件になっています。SL-GMS Custom Editor for .NET は、監視
制御システムやソリューションを開発しているソリューション・ベンダーが、
アプリケーション固有の機能やデータソースへの接続を持った独自の
カスタム・エディタを、迅速に開発できるようにしたものです。これに
よって、さまざまなターンキー・ソリューションや顧客プロセスごとの画面
を作成する社内のサービス・エンドユーザや、プロセスの変更や拡張に
伴い画面を変更する社外のエンドユーザ顧客は、画面をプログラミング
することなく柔軟にかつ容易にカスタマイズすることができます。

「SL-GMS は、過去 20 年以上に渡って、製造向けの HMI システムの
作成で業界をリードしてきた製品である」と、SL 社のプロダクト・マネジ
メント担当副社長の Rodney Morrison は述べました。「当初 .NET
フレームワークが発表されたときには、ほとんどの DCS/SCADA
ならびに MES サプライヤが、Microsoft .NET の分散データとコンポー
ネント・モデルを活用するために、まずはバックエンド・アーキテクチャ
を設計し直すことに専念していた。今回の Windows Vista のリリースに
よって、今度は Visual Studio の進化に追随するため、フロントエンド
のモダン化に専念している。SL 社のミッションは、この過程において
すべてのお客様がこの新しい環境に円滑に移行できることを支援し、
今後の監視制御システムの標準となるであろう Windows Vista 技術
への容易なアクセスを、いち早く提供するものだ」と、加えました。


■■ お問い合わせ先

株式会社 SL ジャパン 広報担当 publicity@sl-j.co.jp
電話 03-3423-6051
〒107-0062 東京都港区南青山 3-1-30 エイベックス ビル3階


■ SL 社 (Sherrill-Lubinski Corporation) について www.sl-j.co.jp

1983 年以来、20 年以上にわたって、リアルタイム・データ監視と表示の
グラフィックス・ソフトウェアで業界をリードしてきた、専門メーカーです。
SL-GMS (SL 社開発グラフィカル・モデリング・システム) は、プロセス
制御、エネルギー、通信ネットワーク管理、交通管制、宇宙・防衛などの
分野における世界のミッション・クリティカルなアプリケーションで、81,000
以上 (2006 年末現在)がライセンスされています。ABB、Agilent、Alcatel、
CalTrans (カリフォルニア運輸局)、Hewlett-Packard、NASA、Toshiba を
はじめとする、グローバルな顧客実績を誇っています。
株式会社 SL ジャパンは、1998 年に設立された SL 社の日本法人です。


■記載される会社名・製品名は、それぞれ各社が所有する商標または
 登録商標です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR