アバイアがIVRシステムとエンタープライズ・ボイスポータルのマジック・クアドラントでリーダーのクアドラントに位置付けられる

日本アバイア株式会社 2007年02月06日

企業向けコミュニケーション・ソフトウェア、システムおよびサービスのリーディング・プロバイダーである米アバイア・インク(NYSE:AV、以下「アバイア」)は、ガートナー社が発行したIVR(音声応答システム)およびエンタープライズ・ボイスポータル分野における最新のマジック・クアドラント・レポートで、同社がリーダー・クアドラントに位置付けられたと発表しました[1]。


ガートナーは業界の調査・分析におけるリーダー企業で、同社のマジック・クアドラント・レポートは、ベンダー各社をビジョンの完全性と実行能力に基づいて、リーダー、チャレンジャー、ビジョナリー、ニッチ・プレイヤーの各クアドラントに位置付けるものです。リーダー・クアドラントには、現在好業績を上げ、市場の方向性に対する明確なビジョンを持ち、マーケット・リーダーの地位を維持するために積極的に競争力の向上に取り組んでいる企業が位置づけられます。


今回のガートナーのレポートによれば、電話におけるセルフサービス・アプリケーションの成功事例が、音声応答プラットフォームに対する企業投資の大きな推進力となっています。音声応答ソリューションによりお客様は、コールセンターを必要とするような業務を、業者に依存することなく行うことが可能になります。アバイアによると、多くのIVRプラットフォームが音声認識の統合により、セルフサービスの簡便性およびスピードのレベルを大幅に向上させています。


モータースポーツ界のリーディング・プロモーターであるInternational Speedway社、引越しマーケットに対応した住宅向けインターネット接続とショッピング比較サービスのリーディング・プロバイダーであるAllconnect, Inc.社など、数多くの企業がアバイアのIVRとボイスポータル・ソリューションの利益を享受しています。例えば、International Speedway 社は、アバイアのInteractive Responseを使用してスタッフの最適配置と代理店業務の生産性向上を可能にしながら、レース場の最新の情報への迅速かつ簡単なアクセス方法をモータースポーツ・ファンに提供しています。また、Allconnect社は、アバイアのIVRを使用して顧客に一連のセルフサービス・オプションとプロアクティブなアウトバウンド・コール機能を提供し、顧客がタイミング良く容易かつ効率的にAllconnect社との電話接続ができるようにしています。


アバイア音声セルフサービス・アプリケーションには、以下の製品があります。

・ Avaya Voice Portalは、SOA(サービス志向型アーキテクチャ)によりセルフサービス・ソリューションを展開するための次世代ソフトウェア・プラットフォームです。分散された多くの拠点を持つ企業は、このポータルの活用によって企業全体での音声対応Webサービスが実現します。


・ Avaya Dialog Designerは、従来の電話環境とWebサービス環境の双方で、音声セルフサービス・アプリケーションの開発期間を短縮するコスト効果の高いツールです。


・ Avaya Interactive Responseは、標準規格ベースのセルフサービス・プラットフォームで、音声やタッチトーンを使用してトランザクションを自動化します。


アバイアのカスタマー・サービス・アプリケーションズ部門バイス・プレジデント兼ジェネラル・マネージャーのジム・スミス(Jim Smith)は「オープン・スタンダードに基づいたセルフサービス技術は、企業のコンタクトセンター業務の大幅な改善を促進します。お客様は企業のより多くの情報にアクセスできるようになるとともに、新しいタイプのトランザクション機能の利用が可能になります。アバイアは、インテリジェント・コミュニケーション環境向けに設計された音声駆動型サービスによって企業の業務改善を支援し、お客様の体験を高め、業績の向上を実現します」と述べています。

[1] 出典:Magic Quadrant for IVR Systems and Enterprise Voice Portals, 2006.
Steve Cramoysan, Bern Elliot and Drew Kraus. Gartner Inc. 5 December 2006.
GJ07054.
(リンク »)


アバイア(Avaya Inc.)について  

アバイア・インク(本社所在地:米国ニュージャージー州バスキングリッジ、NYSE:AV)は、世界の100万社以上の企業(FORTUNE 500Rの90%を含む)に、コミュニケーション・ネットワークの設計、構築、管理を提供しています。信頼性にすぐれたIPテレフォニー・システムとコミュニケーション・ソフトウェア・アプリケーションとサービスの世界的リーダーとして、あらゆる規模の企業をサポートしています。

世界規模で提供できる包括的なサービスと、ビジネス・アプリケーションをともなった音声データ統合コミュニケーションに注力しており、お客様が既存のネットワークや新規に構築するネットワークを活用してよりよい業績を達成するためのお手伝いをしています。詳しくはアバイアのウェブサイト (リンク ») をご覧ください。日本アバイアについては、 (リンク ») をご覧ください。

IVRシステムおよびエンタープライズ・ボイスポータル分野のガートナー・マジック・クアドラントの詳細については、 (リンク ») をご覧ください。


マジック・クアドラントについて
本マジック・クアドラントは、2006年12月5日にガートナーが著作権を有しており、その許諾を得て再掲したものです。マジック・クアドラントは、特定の時点や期間における、特定の市場を図式的に表現したものです。これは、ガートナーの採用した定義に基づいて、当該市場向けの基準に特定のベンダーを当てはめた場合の評価をガートナーが分析したものです。ガートナーは、マジック・クアドラント内に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また「リーダー」クアドラント内に位置付けられたベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言するものではありません。マジック・クアドラントの用途はリサーチ・ツールに限定されており、特定の行為に導く意図を有しておりません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。


AvayaおよびアバイアのロゴはAvaya Inc.の登録商標です。その他すべての商標は個々の商標権者に帰属します

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR