jig.jp、FOMA 703iシリーズ対応『jigムービーVer.2.1.5』販売開始

~ jigムービー1周年、jigムービーサイト全面リニューアル ~

株式会社jig.jp 2007年02月09日

携帯電話初のPCサイトが閲覧できるフルブラウザ「jigブラウザ」の企画・開発・販売を行う株式会社jig.jp(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:福野 泰介)は、『jigムービーVer.2.1.0』をさらにバージョンアップさせ、FOMA 703iシリーズ、及びD800iDSに対応した『jigムービーVer.2.1.5』の販売を開始致します。

同時にjigムービーサービス開始から1周年を迎えるにあたり、jigムービーサイトを全面リニューアル致します。

『jigムービーVer.2.1.5』では、今回NTTドコモが販売した『N703iD』『P703i』『F703i』『D703i』『SH703i』『P703iμ』『D800iDS』に対応し、今後順次703iシリーズ端末に対応していく予定です。

また今回、jigムービーサイトを、サービスの特徴やメリットをよりストレートに伝えるために、白を基調としたシンプルなデザインでフラッシュなどを効果的に採用したサイトにリニューアル致しました。

今後ともjig.jpでは、『jigムービー』のクオリティをさらに向上させ、携帯電話向けによりリッチなコンテンツを配信する環境を提供できるよう努めてまいります。

【 概 要 】
■ 販売開始日
  2007年2月9日(金)

■ 主な追加機能
 ・FOMA703iシリーズ、D800iDS 対応

■ jigムービープレイヤー対応機種
 ・NTTドコモ
  FOMA903i/902i/901i/900i/800i/703i/702i/701i/700iシリーズ、
  Music Porter II/prosolid II

■ jigムービーVer.2.1.5エンコーダー販売価格
 207,900円(税込)
  ※『jigムービーVer.2.xシリーズ』から『Ver.2.1.5』への
   バージョンアップは無償となります。
  ※ 再生用のプレイヤーは無料で付属しています。
  ※ jigムービーエンコーダーFREEに機能の追加・変更はございません。
  ※ jigムービーエンコーダーFREEからのグレードアップは有償となります。

■ jigムービーサイトURL
    (リンク »)

■ 本リリース掲載ページ
   (リンク »)

【 参 考 】
社  名:株式会社jig.jp (ジグジェイピー)
U R L: (リンク »)
所 在 地:東京都新宿区新宿2-8-6 アクシスビル2F
代 表 者:代表取締役社長 福野 泰介
事業内容:携帯電話に関するアプリケーションの企画・開発・販売

※ 本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先】
 株式会社jig.jp 担当 持田(もちだ)
 TEL:03-5367-3891/ FAX:03-3350-1043
 E-MAIL:info@jig.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

用語解説

※ jigムービーとは
jigムービーは、携帯電話向けのパケット通信を利用した動画配信プラットフォームです。従来の携帯電話向けの動画配信プラットフォームでは不可能であった長時間の動画配信を可能にしました。2006年1月25日よりエンコーダーの販売を開始し、2006年9月7日にはHSDPAに対応、2006年11月16日にFOMA903iシリーズに対応した『jigムービーVer.2.0.0』へのメジャーバージョンアップを行いました。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社jig.jpの関連情報

株式会社jig.jp

株式会社jig.jpの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!