G&Wは、ドロップシッピングとアフィリエイトを連動させた 業界初の「ドロップシッピングアフィリエイト」をリリースした。

2月13日、G&W株式会社(本社:京都府京都市中京区、代表:櫻井慎也)は、 運営するドロップシッピングASP『ドロップシッピングジャパン』における 「ドロップシッピングアフィリエイト」をリリースした。

G&W株式会社 2007年02月13日

G&W株式会社(本社:京都府京都市中京区、代表:櫻井慎也)は、 運営するドロップシッピングASP『ドロップシッピングジャパン』における 「ドロップシッピングアフィリエイト」をリリースした。

2月13日、G&W株式会社(本社:京都府京都市中京区、代表:櫻井慎也)は、
運営するドロップシッピングASP『ドロップシッピングジャパン』における
「ドロップシッピングアフィリエイト」をリリースした。


「ドロップシッピングアフィリエイト」とは、ドロップシッピングジャパンで商品を提供している
サプライヤー会員(生産者、メーカー)の商品リンクを自サイトに貼り付け
サプライヤー会員専用ショッピングサイトの「Gorilla」に誘導することにより
成果報酬を得ることのできる仕組み。


ドロップシッピングとは直送を意味し、ドロップシッピングジャパンは、
商品情報を提供し商品を直送するサプライヤー会員と、
商品を販売するドロップシッパー会員の取引を仲介している。


「これまでのドロップシッパー会員(商品販売サイト)登録を販売者責任やショッピングカートの
 実装などで、二の足を踏まれているブロガーやアフィリエイターの方々にも
 ドロップシッピングアフィリエイトを広く使っていただきたい。」
と、G&W株式会社広報担当者は語る。


アフィリエイト会員の成果報酬額は粗利益の50%とし、
現行の物販アフィリエイトの数倍~数十倍の利潤が得られる仕組みを提供する。


世界のブログ総数は5000万とも6000万とも言われており市場は計り知れない。

Gorillaには、順次ドロップシッピングジャパンのサプライヤー会員が出店を予定している。
現在、ドロップシッピングジャパンに商品提供をしているサプライヤー会員は、
アパレル、雑貨を中心に56社となっており、年内に500社、5000商品の登録を目指す。


◆ドロップシッピングジャパンの特徴とは?
商品情報を提供し商品を直送するサプライヤー会員と、
商品を販売するドロップシッパー会員の取引を
実現するシステムを提供している。
個人や中小企業が登録しやすい環境を整え、
職人の手作り商品や販売を行うためにコンセプトを定めやすい商品が揃っている。


◆G&W株式会社とは?
ドロップシッピングの手法を活用して
日本最大級の職人オンラインショップ「職人.com」を
2004年9月より運営している。
2006年9月に職人.comで培ったドロップシッピングの
ノウハウを活かして「ドロップシッピングジャパン」、
2007年1月には「Gorilla」をスタートさせた。


ドロップシッピングジャパン 
(リンク »)


生産者参加型の直送通販 Gorilla
(リンク »)


職人.com 
(リンク »)


G&W株式会社
(リンク »)


創業:2004年5月
資本金:3,000,000円


■ 本件に対するお問い合わせ

G&W株式会社
京都府京都市中京区三条通新町西入釜座町22ストークビル三条烏丸6F
担当:椿本(つばきもと)

Tel : 075-252-2684
FAX : 075-950-3112
E-Mail : support@gandwco.com
URL : (リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

ドロップシッピングジャパン

用語解説

ドロップシッピングとは直送を意味し、ドロップシッピングジャパンは、
商品情報を提供し商品を直送するサプライヤー会員と、
商品を販売するドロップシッパー会員の取引を仲介している。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

G&W株式会社の関連情報

G&W株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?