オムロン、国内メーカーで初めて、韓国向けUHF帯RFIDリーダライターを出荷開始、韓国における物流・流通分野等における現場の課題解決に!

オムロン株式会社 2007年02月22日

オムロン株式会社(TSE:6645、本社:京都市下京区、代表取締役社長:作田久男)は、2006年 10月の米国向け、2006年12月の国内向けのEPC Global Gen2リーダライターの出荷に続き、韓国の電波法に対応したUHF帯リーダライターを2007年2月28日より韓国へ出荷を開始いたします。


■ UHF帯 EPC Global Gen2リーダライター
仕向地 商品名     商品形式     価 格    出荷開始日
韓国  リーダライター V750-BA50D04-KR オープン価格 2007年2月28日
韓国  アンテナ    V740-HS01CA   オープン価格 2007年2月28日

韓国政府は、ITの進展と国民生活への利活用を拡大するために、2004年2月からより高度なIT社会とサービスを実現するユビキタス社会の基盤(u- IT839戦略:*1)を構築しています。その一環として2006年2月より、多くのRFID実証実験サービスが開始されたことから、韓国のRFID市場は堅調に成長しています。現在、韓国政府の情報通信部の8大新規サービスにロジスティクスや資産管理アプリケーションの核技術としてRFIDが位置づけられています。このように、韓国業界も日本と同様にUHF帯RFIDシステム導入に向け積極的に取り組んでいることから、韓国のUHF帯RFID市場の成長が大いに期待されています。

そこでオムロンは、韓国のビジネスパートナーである株式会社CONTRON(*2)の事業開発部を窓口に、UHF帯リーダライターを投入することで韓国 RFID市場に本格的に参入します。当社は、2004年3月より北米市場でのUHF帯リーダライターの導入実績を持っており、その際培ったUHF帯 RFID利用技術のノウハウを今回出荷するリーダライターに盛り込み、ターゲット分野である生産工場ライン、物流倉庫、流通店舗などに提供していきます。

オムロンは、RFID機器導入現場での経験を活かし、現場対応力をさらにレベルアップして、サプライヤー、ラベル加工業者、プリンタメーカーなど広範囲の業種・業態で使用いただける「より使い易いリーダライター」を目標に、今後も商品開発に取り組んでいきます。

*1 u-IT839戦略
2004年2月に策定された国家戦略で、8大新規サービス、3大インフラ、9大新成長エンジンを通して、ユビキタス社会を構築しIT産業を発展させることを目的にしている。この中で、RFID活用サービスが8大新規サービスの一つに挙げられている。
 
*2:株式会社CONTRON
1989年4月に韓国オムロン株式会社として創立。2004年4月に現在の商号に変更。
代表取締役社長: キムドックヨン  
従業員: 67名(2006年6月)
売上高: 705億ウォン(2005年度の実績)
販売サービス網: 韓国21拠点
主な事業: 自動化関連制御機器
事業分野: 自動車、半導体、機械装備


(1)リーダライター V750-BA50D04-KRの仕様概要

項目 仕様
対応タグ EPC Class1 Generation2 (C1G2)
使用周波数 FHSS方式(*3) 910MHz~914MHz 19チャンネル
(占有周波数帯幅:200kHz以下)
アンテナ出力 最大31.5dBm
タグとの通信速度 リーダ→タグ:40kbps 
タグ→リーダ:25kbps/40kbps/160kbps(3モード切替)
適合規格 韓国電波法
電源電圧 DC12V
消費電力 28W以下
使用周囲温度 -10~+50℃(氷結なきこと)
外形寸法 246×215×43.5mm(W×H×D)
保護構造 IP50(IEC60529規格)
アンテナ接続端子数 送受信アンテナ:4台
材質 アルミニウム
取付方法 M4ネジ締付け
重量 約1400g


*3:FHSS(Frequency Hopping Spread Spectrum)方式

FHSSとは、周波数ホッピング・スペクトラム拡散方式のことです。 IEEE802.11標準LAN規格の変調方式の一つで、変調された周波数スペクトラムを時間と共に変化させて、周波数を広げて通信する方式です。リーダライターとタグの間では、同一周波数を変化させるホッピングパターンを事前に取り決めて、変調と復調を行います。ベースバンド方式(狭帯域変調方式)に比べて周辺ノイズに強い特徴をもつ通信方式です。


(3)アンテナ V740-HS01CAの仕様概要
項目 仕様
偏波 円偏波
使用周波数 910MHz~914MHz
アンテナ利得 最大6dBi
入力インピーダンス 公称50Ω
最大入力電力 1W
使用周囲温度 -10~+50℃(氷結なきこと)
外形寸法 256×256×57mm(W×H×D)
保護構造 IP53(IEC60529規格)
材質 アルミニウム
取付方法 M6ネジ締付け
重量 約1000g


概要: オムロン株式会社

オムロン株式会社(TSE:6645、本社:京都市 代表取締役社長 作田 久男)は、オートメーション分野のグローバルリーダーです。創業1933年、従業員数、35カ国、28,000人以上、インダストリアルオートメーション、電子部品、ソーシャルシステム(自動改札機、自動券売機および交通制御)およびヘルスケアのあらゆる分野の顧客に商品とサービスを提供しています。
オムロン株式会社 ウェブサイト: 
(リンク ») (日本語) 
(リンク ») (英語)

お問合せ先:

オムロン株式会社
事業開発本部
RFID事業開発部 
広報・渉外担当 
立石 俊三
TEL: (03) 5435-2016
FAX: (03) 5435-2017 
Eメール:shunzo_tateishi@omron.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR