エス・アンド・アイ、ヴイエムウェア社の“VMware認定コンサルティングパートナー”資格を取得

エス・アンド・アイ株式会社 2007年02月26日

エス・アンド・アイ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:松本充司、以下エス・アンド・アイ)は、仮想化インフラストラクチャ・ソフトウェアの世界トップベンダーであるヴイエムウェア株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:三木泰雄)が認定する、「VMware認定コンサルティングパートナー(英語表記:VMware Authorized Consulting Partner、VAC)」資格を取得したことを発表します。

エス・アンド・アイは、これまでにサーバー統合・仮想化インフラ構築サービスをいち早く展開し、VMware製品のトレーニングを受けた認定エンジニア(VMware Certified Professional)の活躍により、数々の実績をあげてまいりました。これまでのVMware製品の導入・構築実績が評価され、「仮想化」の真の価値を顧客にもたらすSIベンダーとして、エス・アンド・アイはヴイエムウェアとの新しい段階のパートナーシップを締結するに至りました。

今年に入ってから、サーバーの仮想化は多くの企業において本格的な導入段階に進んでいます。仮想化インフラの導入により、システム全体の負荷を正確に把握し、ITリソース全般と運用コストの最適化を図ることができるとともに、将来のシステム拡張に向けた柔軟な基盤環境の提供が可能となります。

エス・アンド・アイは、認定コンサルティングパートナーの取得を通じて、仮想マシンソフトウェアや管理サーバー、物理環境から仮想環境への移行ツールなどのVMware製品に対する高度なスキルを持ったコンサルタントを擁します。仮想化実績の豊富なコンサルタントを提案の初期段階から投入し、より優れた導入効果が得られる仮想化インフラの構築から、顧客がシステムを効率的に管理・運営していけるよう支援してまいります。

以上

用語解説

【ヴイエムウェア株式会社について】
VMware製品は、世界的にビジネスを展開する大企業において採用され、現在のコンピューティング資源を最大限に活用しながら、企業のITを簡素化し、変化するビジネス要求へのより速い対応を実現しています。VMware製品は現在、世界各国で300万人を越えるユーザーを持ち、フォーチュン100の99%など、20,000社を超える企業で採用されています。ヴイエムウェア社についての情報は、www.vmware.com/jpをご覧ください。

【エス・アンド・アイ株式会社について】
エス・アンド・アイは、先進のサーバー・ネットワークの統合/仮想化、IPテレフォニー、各種ミドルウェア・アプリケーションの開発をはじめとする、さまざまな技術を複合させたITインフラの導入・検討から、ファシリティやネットワークの設計・構築・運用に至るまで、コンサルティングを含めた総合的なソリューションの提供を行っております。

【報道関係者からのお問い合わせ】
エス・アンド・アイ株式会社 マーケティングコミュニケーション/増田
Mail:info@sandi.co.jp 電話番号:03-5623-7811

【VMwareによるサーバー仮想化に関するお問い合わせ】
エス・アンド・アイ株式会社 コンバージド・プラットフォーム事業部
Mail:info@sandi.co.jp 電話番号:03-5623-7350

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

エス・アンド・アイ株式会社の関連情報

エス・アンド・アイ株式会社

エス・アンド・アイ株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!