仮想化ソフトOpenVZがSun UltraSPARC T1プロセッサに対応

Parallels 2007年01月10日

米国バージニア州 ハーンドン発、2007年1月2日 - OpenVZプロジェクト(www.openvz.org) は、オープンソースの仮想化ソフトOpenVZがSun UltraSPARC(r) T1 CoolThreads(TM)プロセッサに対応したことを発表しました。オペレーティングシステム(OS)レベルのサーバ仮想化ソフトウェア技術は、サーバ利用率の向上を可能にします。

OpenVZプロジェクトのマネージャであるKir Kolyshkin (キア・コルシュキン)は次のように述べています。「SunのUltraSPARC T1プロセッサ搭載のサーバを利用しているユーザは、オープンソースの仮想化ソフトの恩恵を受けることができます。我々は、UltraSPARC T1への移植のリクエストおよびSun Fire(TM) serverを用意してくれた Jonathan Kinney (ジョナサン・ケニー)にユーザコミュニティから感謝します。」

ワシントン州ワラワラにあるAdvantagecom Networks, Inc.のデータ システムスペシャリストであるJonathan Kinney (ジョナサン・ケニー)氏は次のようにコメントしています。 「我々は既にOpenVZを本稼動させており、このプロジェクトは非常に有望であると信じています。現時点で、我々は複数のDebianベースの仮想環境を構築しており、それらは完璧に動作しています。」

Kir Kolyshikin(キア・コルシュキン)によると、OpenVZソフトの95パーセントのコードはプラットフォームに依存しないため、 UltraSPARC T1プロセッサへの移植はシンプルなプロセスであったと述べています。 OpenVZは異なるアーキテクチャに容易に移植することが可能であり、現在 OpenVZは、x86、x86_64、IA-64、Power 64-bitプロセッサを利用したサーバに対応しています。

Jonathan Kinney (ジョナサン・ケニー)氏は次のようにコメントしています。 「プラットフォームに依存しないため、カーネルソースへのOpenVZパッチに妥協がないことをはじめに聞いて非常に気に入りました。ソフトウェアが短期間のうちにSPARCに移植されるのを見て、私は確固たる信者になってしまいました。」

OpenVZはLinuxによるOSレベルのサーバ仮想化ソリューションです。OpenVZは、単一の物理サーバ上に複数の隔離された安全な仮想環境を作成することにより、パフォーマンスを損ねることなく、サーバの高い利用率と優れた可用性を実現します。 仮想サーバは確実にアプリケーションの競合を防ぎ、それぞれの仮想サーバごとの再起動も可能です。

SunのUltraSPARC T1プロセッサの高い性能においては、ハードウェアの性能を十分に発揮できていない場合が多くあります。 仮想化技術により、サーバを多数の小さなサーバに効率的に分割して、それぞれ個別のタスクを稼動させることにより、サーバ全体のさらなる効率的な利用が可能になります。

Sun MicrosystemsのOpenSPARCマーケティング ディレクターのFadi Azhari(ファディ・アズハリ)氏は次のように述べています。「Sun Fire T2000などのSunサーバ向けのオープンソース仮想化ソフトウェアを持つことは、我々のユーザにとって素晴らしいニュースです。OpenVZプロジェクトによって提供されるオペレーティングシステム(OS)レベルの仮想化技術の追加は、SPARCベースのサーバ性能に影響を与えることなく利用率向上を助けることによって、更なる価値を提供します。」

SPARCシステムユーザは、単一の完全な物理サーバではなく、複数の仮想サーバ上にて複数のアプリケーションが稼動する物理サーバを準備することが可能になります。OpenVZプロジェクトでは入手可能なテンプレートを用意しており、仮想サーバのプロビジョニングをほぼ瞬時(多くの場合1分程度)に行うことが可能です。

UltraSPARC T1をサポートしているOpenVZソフトウェアは (リンク »)  よりダウンロード可能です。 またユーザはOpenVZ wiki ( (リンク »)  )  よりインストレーション手引きへのアクセスが可能です。このサイトは、ドキュメンテーションやナレッジベースなどを含むOpenVZの情報を共有するためのフォーラムとなっています。

このプレスリリースの付帯情報

OpenVZ

用語解説

OpenVZプロジェクトについて:
OpenVZプロジェクトは、コミュニティのコラボレーションにより、仮想化技術を広く公開しており、OSレベルの仮想化技術のサポート提供と推進を行っています。2005年にOpenVZプロジェクトが発足して以来、サポートフォーラムではユーザコミュニティより8,000件以上のメッセージが寄せられています。また企業や個人のオープンソースによるOS仮想化プロジェクトへの参加と期待が高まる中、OpenVZのウェブサイトは先月100万近いアクセスを記録しました。

OpenVZソフトウェアには、仮想化サーバの自動管理に役立つユーザツールも含まれています。一つのOSのみで稼動するそのユニークな仮想化アーキテクチャにより、仮想化サーバはそれぞれのメモリ、設定ファイル、ユーザ、アプリケーションを持つ独立したサーバのように稼動します。OpenVZは、それぞれの仮想化サーバごとに再起動が可能です。 また、テンプレートをベースとしたアプリケーションの導入により、数分で仮想化サーバを簡単に構築、稼動することが可能で、他の仮想化技術よりも1CPUあたりの仮想化サーバを数倍も多く稼動させることが可能です。

SWsoft社の支援により、OpenVZプロジェクトは、コミュニティに参加して仮想化技術の開発プロセスを促進する開発者、テスター、ドキュメンテーション専門家、技術愛好家などの要求に応えます。OpenVZのオープンソースソフトウェアはSWsoft社の仮想化ソフトウェア製品「Virtuozzo」のベースとして使用されています。またOpenVZでは仮想化技術の意見交換のためのブログサイト  (リンク »)  も運営しています。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!