インドの無線市場は成長余地が大きい

株式会社データリソース 2007年02月19日

米国の調査会社インスタット社(In-Stat)は、インドの携帯電話加入者数はまもなく1億を超え、2010年には2億6520万と2倍以上に増加し、プロバイダは利益を上げ続ける一方で、ユーザあたりの収益(ARPU)の減少傾向は続くと予想している。

インドの携帯電話加入者数はまもなく1億を超え、2010年には2億6520万と2倍以上に増加するだろうと米国調査会社インスタット社は報告する。プロバイダは利益をあげ続けるだろうが、ユーザあたりの収益(ARPU 、Average Revenue Per User)の減少傾向は続くだろうと同社は述べている。

「加入者数増加の主要要因は、現在のインドの普及率が低いことのほかに、低価格で機能の高いモバイルサービスやオペレータの急速なネットワーク拡大による低料金戦略にある」とインスタット社のアナリストMayank Jain氏は語る。

インスタット社は下記についても調査した。
■ インドのARPUは世界一低いレベルで、2010年までに5.60USドルに下落するだろう
■ ARPU下落の主な理由は、加入者獲得の激しい競争による値下げ戦略によるものである
■ 主要オペレータは、Bharti Airtel、BSNL、Reliance、Hutchison、Idea Cellularで、これらの企業の合計で2005年の加入者数の約84%を占めた

インスタット社の調査レポート「インドの携帯電話市場:低ARPU市場で収益を生むオペレータの戦略 - Achieving Profitability in the Indian Wireless Market」は、インドの無線サービス市場を調査した。モバイルオペレータのコスト構造などの、この市場における企業の収益性を分析し、2010年までの加入者数、収益、ARPUの予測を提供している。

調査レポート
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
インドの携帯電話市場:低ARPU市場で収益を生むオペレータの戦略
Achieving Profitability in the Indian Wireless Market
(リンク »)

インスタット (In-Stat)について
(リンク »)

※このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!