ASPが中小企業向けAsterisk IP-PBXパッケージの販売を本格化

既存の電話システムをIP化するフレキシブルなソリューションを展開

株式会社巧 2007年03月14日

 AsteriskのIP-PBXソリューションを展開する株式会社ASP (神奈川県横浜市、社長:浅田高春、以下ASP)は、3月15日から中小企業向けAsteriskアプライアンス「AT-1000」アプライアンスのパッケージ販売を本格的に開始することを発表しました。

【AT-1000アプライアンスは実現します】
(リンク »)

 製品販売の背景には、企業ネットワークのIP化は着実に進んでいるものの、中小規模クラスの企業にとって、IP電話導入は構成品が割高で、予想以上にコストがかかるという認識がありました。
 
 今回発表した「AT-1000」アプライアンスは、ASPがこれまでに販売したIP-PBXアプライアンス「ATシリーズ」で蓄積したお客さまのニーズをもとに開発しました。既存のNTTアナログ回線やISDN回線を使い、電話機をIP化することが可能です。さらに将来的なフルIP化にも対応できる柔軟性に富んだパッケージです。

 製品内容は、オープンソースのIP-PBXであるAsterisk対応の電話機6台と、ヒューレット・パッカード社のサーバ、NTT回線に接続可能なJATE(電気通信端末機器審査協会)認定の電話回線ボードで構成されています。
 電話網はアナログ回線・ISDN回線、フルIP化も可能な「FUNAI G-LEX」回線から選択でき、コンパクトなソリューションでありながら、高品質で安定した稼働のパッケージを提供します。通信費や管理費の削減を実現し、SOHOや企業のセクション単位、中堅企業などオフィス環境に合わせてIP電話を導入することができます。

【接続事例】
(リンク »)

 今後1年間の販売は300セット、2億円の売上を目標としています。価格はオープン価格で、ASPの通信販売サイト「ASP DIRECT」 (リンク ») でも購入できます。
直販参考価格は、アナログ回線の「AT-1000A」が65万円、ISDN回線の「AT-1000I」は
55万円(ともに税抜価格)となります。
 IP-PBXソリューションの「AsterTel」は、SOHOから大規模企業まで、様々な用途に合わせた製品群でビジネスシーンをサポートし、高付加価値のIPビジネスフォンを提供します。
 ASPはIP電話ソリューションの販売網と利用者拡大を図るため、代理店の募集も積極的に展開しています。2007年中に全国で100社の代理店体制を目指しています。

【AT-1000アプライアンス 構成表】
(リンク »)

・AsterTelは、株式会社ASPの商標登録です。



<本サービスに関するお問い合わせ先>
株式会社ASP  (リンク »)
2007年4月1日より、「株式会社 巧」に社名を変更します。
営業統括本部 第一営業部
TEL:045-210-0260
e-mail:info@astertel.biz
URL: (リンク »)

<本リリースに関する報道関係のお問い合わせ先>
株式会社ASP 広報企画担当 宮内
TEL:045-210-0260
e-mail:press@aspinc.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社巧の関連情報

株式会社巧

株式会社巧の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!