ターボリナックス、IP-PBX製品拡販のためのパートナープログラムを開始

TLホールディングス株式会社 2007年03月14日

ターボリナックス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:矢野広一、以下ターボリナックス)は、同社が開発・販売するIP-PBXソフトウェア「InfiniTalk」ビジネスの拡大を目的としたパートナープログラムを開始したことを発表いたします。

InfiniTalkは、最近注目を集めているオープンソースソフトウェアのPBXである「Asterisk」をベースとし、各種機能を拡張したIP-PBXソフトウェアです。
NTT東西のひかり電話ビジネスタイプやMEDiA IP PHONE等に直接接続が可能なため、高価なメディアゲートウェイ無しに、低コストでIP電話環境を構築することができます。また、ソフトウェア型の強みを生かし、カスタマイズ案件やIVR(音声自動応答)を利用したセルフサービス向けの開発プラットフォームとしても多くの導入実績があります。

これまでは当社から直接、または特定のパートナー経由での販売のみを行って参りました。しかしながら、企業におけるIP電話の普及とともにInfiniTalkの引き合いも増大し、地方のお客様をはじめ拡大する需要に対し、十分な対応体制を築く必要性がでてきました。
そこで、InfiniTalkの提案から導入・保守までワンストップで行えるSIパートナーの育成を目的とした、本パートナープログラムの開始に至りました。今後1年間に、全国で50社程度まで増やす予定です。

■InfiniTalkパートナープログラムについて

InfiniTalkパートナープログラムは、主にシステムインテグレーターやネットワークインテグレーターに対し、PCサーバーベースIP-PBXによる付加価値ビジネスを促進するためのプログラムです。これまで電話関連商材を扱ったことがない企業にも、営業・マーケティング・技術面で強力にバックアップします。また、案件の紹介や、ソリューション開発支援、パートナーが開発した関連ソリューションの相互販売など、パートナーのビジネス機会を創出することも目的としています。
なお、本プログラムに加入するためにはTurboLINKS基本プログラムへの加入が必要です。技術トレーニング、評価用ライセンス、バックエンドサポート、および当社が取り扱うすべての製品の仕切り価格での販売を含み、年間契約料金は30万円(税別:TurboLINKS基本契約を含む)となります。

InfiniTalkパートナープログラムの詳細につきましては、下記Webサイトをご覧ください。
(リンク »)


<本プログラムに関するお問合せ>
ターボリナックス株式会社 インフォメーションセンター
(リンク »)


Linux はLinus Torvalds氏の商標または登録商標です。Asteriskは、Digium,Inc.の商標または登録商標です。ターボリナックスおよび Turbolinuxは、ターボリナックス株式会社の商標または登録商標です。その他、記載された会社名および製品名などは該当する各社の商標または登録商標です

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから