電縁の高性能ウェブ解析ツールの販売開始 ガイアックスのCGM活性化支援サービスについてのお知らせ

株式会社ガイアックス 2007年03月20日

ガイアックスグループの株式会社電縁(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:加藤俊男、以下電縁)は、ASP型リアルタイムウェブ解析ツール「SiteCatalyst(TM)(サイトカタリスト)」の代理店販売を開始いたしました。併せて、株式会社ガイアックス(本社:東京都渋谷区、代表執行役社長:上田祐司、証券コード:3775 、以下ガイアックス)は、SiteCatalyst(TM) を活用し、課題に対するCGM活性化支援を行って参ります。

<ウェブ解析にプラスするCGM活性化支援サービスの特徴>

● レポート結果と連動したソリューションをご提案
高性能ウェブ解析ツール「SiteCatalyst(TM)」は、「リピート率が少ない」、「新規流入が少ない」、「購買フローのこのページで最もお客様が離脱する」、「お客様が一番クリックする箇所」などの問題点を、サイト訪問者の行動を様々な角度から解析することでリアルタイムでレポートします。
ガイアックスはグループの電縁と協力、SiteCatalyst(TM)の解析レポートと連動して、それぞれのサイトの課題に対して最適なソリューションをご提案いたします。

※「リピート率向上サービス」「新規訪問者獲得サービス」など詳細は下記URLにてご確認ください。

(リンク ») (PDF)
(リンク ») (画像)

<背景>

● SiteCatalyst(TM)について
米オムニチュア社が開発した「SiteCatalyst(TM)」は、ウォルマート、シアーズ、GMなどをはじめ、フォーチュントップ5社中4社が採用するASP型ウェブ解析ツールです。ウェブの訪問者を多角的な視点からリアルタイムで解析し、レポートすることで、素早い課題発見を可能にします。
ガイアックスグループの電縁は、SiteCatalystの日本代理店として活動を開始しております。

● CGM市場の拡大
CGM=Consumer Generated Media=コンシューマー自身がつくりあげるメディアは、ソーシャルネットワークサービスやブログのみならず、掲示板や動画投稿サイト等、様々な形で急激にその市場を拡大しております。
このような拡大する市場に合わせ、CGMを活性化させることによって、サイト内の課題を補うソリューションをご提供いたします。

ガイアックスグループは今後、SiteCatalyst(TM)をはじめとし、今後グループ間での営業・企画・技術面での連携体制を強めてまいります。

<SiteCatalystご利用ケース>

● 現在サイトをお持ちで、何らかの課題を感じておられるとき
● すでにサイトをお持ちで、Web解析に手をつけられていないとき
● 現在使っているWeb解析ツールにご不満をお感じのとき
● ウェブ分析結果に対して、行うべきアクションにお困りのとき
● 効果的なWebキャンペーンを行おうとしているとき

【お問い合わせ先】

株式会社ガイアックス オンラインマーケティング部 
担当者: 江戸、蔵田
TEL:03-5464-0353 FAX:03-5464-0303 E-mail:pr@gaiax.com

株式会社電縁 WEBビジネス事業部
担当者:菅野
TEL:03-5766-3601 FAX:03-5766-3602
E-mail:omniture@e-relation.co.jp

< ガイアックスのソリューションについて >

ガイアックスは創業時よりCGMに特化したソリューションを提供してまいりました。
多数の企業様へのコミュニティサイトの企画・開発・運営及びコンサルティングの経験から、CGMの立ち上げや保守・活性化のお手伝いをいたします。

● リピート率向上サービス
リピート率を増加させるためには、どのような属性の顧客がどのような時間・場所でログインするのか、またログインしないのかという要因を解析し、ログインのきっかけ作りを強化する必要があります。
この問題には(1)個人同士の交流の場をつくる(レビューやBlogなど)、
(2)毎日チェックしたくなるようなコンテンツをサイトに設置する
(占いやビンゴなど)等の施策が有効です。
 
≪例えば≫
『SNS』:サイトの通常コンテンツにSNSの機能をプラスすることで、会員を囲い込み、交流させることで、訪問の新しいきっかけを作ります。
『ユーザーサポート』:顧客対応が良いことで好感と信頼が生まれ、ロイヤリティを高めます。

● 新規訪問者獲得サービス
会員登録のプロセスにおける問題点を解析、取りこぼしが起こっているステップに対し、改善を加えていく必要があります。
この問題には(1)サイト外の露出を増やす、(2)サイト内外からの口コミによってサイトへの導線を増やし、関心を高める等の施策が有効です。

≪例えば≫
『CGMプロモーション』:Blog設置やトラックバックキャンペーン・Blogパーツの配布・ サイト外コミュニティサイト内でのナビゲーションなどでサイト外の露出を増やし、口コミのよって関心を生み出します。また、Blog設置やキャンペーンはSEO対策にも有効です。

■ 関連URL
  ガイアックス ソリューションページ  (リンク »)
  株式会社電縁  (リンク »)
  株式会社ガイアックス  (リンク »)
  オムニチュア株式会社  (リンク »)

■ リリース文及び画像
(リンク »)

■ 著作権表記
Copyright (c) 2007 DENEN Co. Ltd. All rights reserved.
(C) 2007 GaiaX Co.Ltd. All Rights Reserved.
Copyright 1996-2007. Omniture, Inc. All rights reserved.

■ サービス名表記
  英字表記 SiteCatalyst(TM)

■ 株式会社ガイアックス 概要(2007年2月末現在)
設立:1999年3月5日
資本金:7億3897万5千円
代表執行役社長:上田祐司
従業員数:93名
本社所在地:東京都渋谷区渋谷2-17-5 シオノギ渋谷ビル8F
事業内容:コミュニティサービスの企画・開発・運営及びコミュニティを中心とする各種ASPの提供・コンサルティング

■ 株式会社電縁 概要 
設立:2000年7月24日
資本金:3500万円
代表取締役社長:加藤俊男
従業員数:62名
本社所在地:東京都渋谷区渋谷2-16-1 日石渋谷ビル4階

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ガイアックスの関連情報

株式会社ガイアックス

株式会社ガイアックスの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!