jig.jp、FOMA P903iX対応「jigムービーVer.2.2.0」を4月19日より公開  

~業界初、音質上限32kHzを実現したリッチコンテンツの配信が可能に~

株式会社jig.jp 2007年04月19日

携帯電話初のPCサイトが閲覧できるフルブラウザ「jigブラウザ」の企画・開発・販売を行う株式会社jig.jp(東京都新宿区 代表取締役社長:福野 泰介)は、「jigムービーVer.2.1.5」をバージョンアップさせ、FOMA P903iXに対応した「jigムービーVer.2.2.0」を、4月19日(木)より公開いたします。

■ FOMA P903iXに対応
「jigムービー Ver.2.2.0」は、4月19日にNTTドコモから新発売されるHSDPA端末FOMA P903iXの性能に応じた動画品質設定ができるように、機能拡張をいたします。P903iXに限り、音質の上限を16kHzから業界初の32kHzにアップしたことで高画質はもちろん、より高音質のエンコードが可能となります。

■「jigムービー」採用サイトによるP903iX対応コンテンツの配信
今回のバージョンアップを受けて、「jigムービー」を採用しているiモード公式メニュー、株式会社フロントメディア『Qlick.TV(クリック ドット ティービー)』、アクセルマーク株式会社『ベストヒット動画』、株式会社デジタルメディアマート『エロカワ娘☆フルムービーマニア』3社3サイトでは、P903iX 発売当日4月19日よりP903iX対応の動画コンテンツを配信いたします。同サイトでは、P903iXならではの高画質で高音質なムービーをお楽しみいただくことが出来ます。

今後ともjig.jpでは、「jigムービー」を新端末へ迅速に対応させ、携帯電話向けによりリッチなコンテンツを配信する環境を提供できるよう努めてまいります。

用語解説

◆「jigムービー」とは
「jigムービー」は、携帯電話向けのパケット通信を利用した動画配信プラットフォームです。従来の携帯電話向けの動画配信プラットフォームでは不可能であった長時間の動画配信を可能にしました。2006年1月25日よりNTTドコモ向けエンコーダーの販売を開始し、2006年9月7日にはHSDPAに対応、2006年11月16日に「jigムービーVer.2.0.0」へのメジャーバージョンアップを行いました。

◆『Qlick.TV(クリック ドット ティービー)』とは
「TBSニュース」や‘土6’アニメ「宇宙(テラ)へ…」、リアルタイム音楽チャート番組「Rankin’Qlick」などニュース、アニメ、音楽、バラエティの映像番組を完全無料で提供するケータイTV放送局です。視聴者はいつでもどこでも簡単に携帯電話で視聴することができます。  
  ・サイトURL: (リンク »)  ※携帯電話よりアクセスして下さい。  
  ・アクセス方法:
   [iモード]⇒[メニュー/検索]⇒[動画/ビデオクリップ]⇒[総合]

◆『ベストヒット動画』とは
劇場公開された映画を中心とした動画配信サイトです。近年人気の高い邦画に注力し、単館系の邦画作品を中心に、ショートフィルムや国内外のTVドラマ、音楽プロモーションビデオなど、動画に関するバラエティ豊かなサービスを提供しています。
  ・サイトURL: (リンク »)  ※携帯電話よりアクセスして下さい。
  ・アクセス方法:
   [iモード]⇒[メニュー/検索]⇒[動画/ビデオクリップ]⇒[総合]

◆『エロカワ娘☆フルムービーマニア』とは
iモード公式メニューの「グラビアアイドル」コンテンツでは初めて、DVD作品100タイトルの全編配信を開始しました。従来の技術では動画の一部を抜粋したダイジェスト配信のみ可能でしたが、jigムービーの技術を採用したことで、全編連続配信が可能となりました。
  ・サイトURL: (リンク ») ※携帯電話よりアクセスして下さい。
  ・アクセス方法:
   [iモード]⇒[メニュー/検索]⇒[芸能/グラビア/お笑い]⇒[グラビアアイドル]

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社jig.jpの関連情報

株式会社jig.jp

株式会社jig.jpの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから