Ajax技術を使用し内定辞退率低減を目指した内定者フォローサイト 「Fres-net(フレス・ネット)」のサービスを開始

合資会社ネクストフューチャー 2007年04月24日

株式会社ディープネットと合資会社ネクストフューチャーは新卒採用における内定辞退率低減・連絡や管理を一元化・効率化するためのコミュニケーションポータルサイト「Fres-net(フレス・ネット)」をASPサービスとして2007年4月23日にスタート致しました。

株式会社ディープネット(東京都武蔵野市、代表取締役社長:武田一歩、以下:ディープネット)と合資会社ネクストフューチャー(東京都狛江市、代表:高橋一紀、以下:ネクストフューチャー)は新卒採用における内定辞退率低減・連絡や管理を一元化・効率化するためのコミュニケーションポータルサイト「Fres-net(フレス・ネット)」をASPサービスとして2007年4月23日にスタート致しました。
またサービス開始記念として2007年5月末日までにお申し込み頂いたユーザに対し、利用料金を1ヶ月分無料とするキャンペーンも同時に開始致しました。
このキャンペーンと無料デモを組み合わせると最大2ヶ月間の利用料が無料となります。

少子化等の影響により売り手市場となっている新卒採用において、学生は複数の内定をもらい最も気に入る企業を選択する時代となっています。
また昨今の学生は内定時期にインターンシップをはじめ企業と密なコミュニケーションを望む傾向にあり、「Fres-net」のようなツールを使い内定者をきめ細かくフォローしていくことは内定辞退率低減に効果を発揮します。

「Fres-net」はディープネットとネクストフューチャーが共同開発したシンプルでわかりやすい画面構成と、Ajax技術による使いやすいユーザインタフェースを特徴とするASPサービスです。
また、内定辞退者には課金されないなどリーズナブルな課金体系を採用しました。

ASPサービスに先駆けて自社サーバで運用可能なパッケージ版も販売しており、導入企業様のニーズに合わせてASPサービスかパッケージ版を選択していただけます。

「Fres-net(フレス・ネット)」の詳細に関しては下記URLをご覧ください。
(リンク »)


【サービスの特徴】
■ シンプルでわかりやすい画面構成と、Ajax技術による使いやすいユーザインタフェース。

■ ファイルアップロードによる内定者情報の一括登録が可能です。

■ 送信したお知らせやイベントなどのメッセージを読んでいなかったり、返信がない内定者を簡単に抽出し、迅速なフォローが可能です。

■ 内定者に送るメッセージ、内定者が返信するメッセージにはファイルが添付できるため課題提出などが効率的に行えます。

■ イベントへの出欠や課題提出に対しては、返信期限が設けられます。

■ デフォルト送信メッセージ機能により、内定者登録時にあらかじめ決められたメッセージを簡単に送信することができます。

■ Internet Explorerをはじめ、FirefoxやOperaなど複数のブラウザで動作します。

■ 利用料金は毎月末時点の登録内定者数によって計算され、内定辞退者には課金されないリーズナブルな料金体系です。


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社ディープネット
〒180-0006
東京都武蔵野市中町1-27-12-206
TEL:0422-52-4105
Webページ: (リンク »)
Eメール:info@deepnet.co.jp

合資会社ネクストフューチャー
〒201-0004
東京都狛江市岩戸北1-20-17-105
TEL:03-5497-1590
Webページ: (リンク »)
Eメール:info@nextfuture.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

合資会社ネクストフューチャーの関連情報

合資会社ネクストフューチャー

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?