セプテーニ・クロスゲート、「0120」番号でのPPC導入 1つの番号でオン・オフラインの複数メディアへの広告掲載と成果計測が可能に

株式会社セプテーニ・クロスゲート 2007年02月21日

 
 株式会社セプテーニ・ホールディングス(本社:東京都新宿区 
代表取締役:七村 守 証券コー ド:4293)の子会社で、オンライン、
オフラインにおける成果報酬型アドネットワークサービスを行う株式
会社セプテーニ・クロスゲート(本社:東京都渋谷区 代表取締役:
唐木 信太郎 以下セプテーニ・クロスゲート)は、21日、PC、モ
バイル、紙媒体においての成果報酬型広告の運用・管理を行う統合型
エンジン「xmax(クロスマックス)( (リンク ») )」
のPPC(電話着信型課金)システム『xcall(クロスコール)』に「0120」
番号を搭載し、販売を開始しました。
「0120」番号の開始にあたり、従来は広告主が広告を掲載するメディ
アの数だけ電話番号が必要でしたが、今回、『xcall』システムに広告
コードを利用することで、各広告主に1つの電話番号を割振るだけで、
成果計測を実現する機能を搭載しました。


【背景と追加機能概要】

 昨今、PPCにおいては0037番号が主流であったため、一般消費者に
は馴染みが薄く、消費者心理上不安を仰ぐのではないか、という広告
主の指摘が見受けられました。そこで03番号でのPPCの取り組みを始
めましたが、「通話料無料」という認識の浸透が深い0120番号を使用
することで、より自然なユーザーの流入を見込めるようになりました。

 また、従来のPPCでは、広告主が出稿するメディアの数だけ課金番
号を設定する必要がありましたが、広告コードの機能を搭載すること
で、広告主の電話番号管理における手間の省略に加え、簡単な成果計
測を可能にしました。広告コードは4桁から6桁で、事実上無限大に
組み合わせることが可能であり、PC/MOBILE、紙媒体、テレビ、ラジ
オのどのチャネルでも対応できます。
さらに、独自開発の機内交換機(PBX)を用いることで、番号非通知
拒否や、営業時間外のガイダンス対応も搭載しています。今後は発信
エリア別の接続先転送機能等も搭載し、より広告主のコールセンター
利用の実情に沿った仕様に追加開発をしていきます。


【セプテーニ・クロスゲートのペイパーコールの特徴】

 当社PPCシステム「xcall(クロスコール)」の特徴は以下の通りです。

①広告主は、0120番号、03番号、0037番号からプロモーションに最適な
 番号を選択可能。
②PC、モバイルだけでなく、新聞、雑誌、フリーペーパーなど、当社が
 ネットワークしているすべてのチャネルに対応可能。
③広告主の1つのプロモーションにつき1つの電話番号で複数メディア
 への掲載が可能であることに加え、メディア側には広告コードを割振
 ることで、成果計測が容易に実現。
④1つのプロモーション対して、複数の番号を使用する場合は、番号を
 動的に生成し、キャンペーンページ等のランディングページ内の電話
 番号を媒体ごとに自動的に差し替えることが可能。そのため、従来の
 ように媒体ごとのランディングページの準備が不必要。
⑤PC、モバイルURL経由のアクションに加え、電話からの顧客獲得情報を
 『xmax』の管理画面で一元管理が可能に。広告主は異なる広告媒体へ
 の出稿状況と成果状況を、一つの管理画面から把握できるため、簡単に
 日次、週次での成果状況と効果計測が実現。


 以上

=============================================
●本件・本メールに関するお問合せ
株式会社セプテーニ・クロスゲート 経営企画室
Tel:03-5304-5030 Fax:03-5304-5039
e-mail:pr@cgate.jp

●株式会社セプテーニ・クロスゲート 会社概要
【Web】   (リンク »)
【本社住所】東京都渋谷区代々木1-24-10 TSビル3F
【代表者】 代表取締役社長 唐木 信太郎
【事業内容】アドネットワーク事業

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社セプテーニ・クロスゲートの関連情報

株式会社セプテーニ・クロスゲート

株式会社セプテーニ・クロスゲートの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR