ドラッグ&ドロップ形式のAjaxカレンダーを搭載したグループウェア・アイポ3を公開!

株式会社エイムラック 2007年06月01日

株式会社エイムラックは、Ajax技術を駆使したカレンダー機能を搭載するグループウェア・アイポ3のバージョンアップ版を 2007年6月1日(金)から販売いたします。新バージョンでは、マウスのドラッグ&ドロップ操作でスケジュールを調整できるカレンダーや、要望の多かったワークフローなどの機能を新たに搭載したことで利便性が向上しており、より幅広い層のお客様にご利用いただくことを目指します。

報道関係者各位
2007年6月1日
株式会社エイムラック

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ドラッグ&ドロップ形式のAjaxカレンダーを搭載した
グループウェア・アイポ3を公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社エイムラック(本社:東京都中央区、代表取締役:永井哲)は、Ajax技術を駆使したカレンダー機能を搭載するグループウェア・アイポ3のバージョンアップ版を 2007年6月1日(金)から販売いたします。新バージョンでは、マウスのドラッグ&ドロップ操作でスケジュールを調整できるカレンダーや、要望の多かったワークフローなどの機能を新たに搭載したことで利便性が向上しており、より幅広い層のお客様にご利用いただくことを目指します。

新バージョンのアイポ3では、カレンダー機能やインポート機能、ワークフロー機能などを新たに追加しました。とくに、カレンダー機能では、Ajax技術を駆使し、マウスのドラッグ&ドロップ操作でスケジュール日時をすぐに変更できるため、利便性の向上を実現しています。インポート機能では、ユーザー情報やアドレス帳情報、スケジュール情報を一括して登録できるので、他のグループウェアやスケジューラからの乗り換え時に懸念されていた移行コストを大幅に削減できます。

パッケージ版アイポ3は、サーバインストール型のグループウェアで、自社内サーバでの利用をお考えの会社様に最適な製品です。 Webサーバやデータベースなどの環境をすべて同梱し、インストール時の複雑な項目を自動的に設定するので、簡便に導入/運用できます。スケジュールやブログ、ToDoなどのグループウェアとしての基本機能を搭載し、さらに今回追加したワークフロー機能などで、より広範囲な業種でご利用いただけます。パッケージ版では、すでに総ダウンロード数15,000件を突破いたしました。

サービスの詳細については「アイポ3サイト( (リンク ») )」で順次ご案内いたします(デモサイトもご用意しております)。


--- アイポ3概要 --------------------------------------------
■ 新機能一覧
カレンダー / ワークフロー / メモ帳 / 検索窓 / インポート /
タイムカードのエクスポート / アクセス権限(一部)

■ 既存機能一覧
スケジュール管理 / イントラブログ / あしあと / 掲示板
ToDo(進捗管理)/ アドレス帳 / Webメール / 施設予約 / 共有フォルダ
伝言メモ / タイムカード / Myリンク

■ ライセンス体系
5ユーザ ~ 500ユーザを想定。
500ユーザを超える場合はお問い合わせください。

----------------------------------------------------------------------
【本件に関するお問い合わせ先】

株式会社エイムラック
担 当: 古森
T E L : 03-3555-5260
U R L : (リンク »)
〒104-0032 東京都中央区八丁堀4-5-12アインツビル2F
----------------------------------------------------------------------

このプレスリリースの付帯情報

グループウェア・アイポ

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社エイムラックの関連情報

株式会社エイムラック

株式会社エイムラックの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!