(株)シュビキ:BISCUEeラーニングⅡ、Learn@Stageへの提供開始

BISCUEeラーニングⅡ、Learn@Stageへの提供開始

株式会社シュビキ 2007年06月18日

【BISCUEeラーニングⅡ、Learn@Stageへの提供開始】 株式会社シュビキは、SCORM2004対応のeラーニングコンテンツ「BISCUEeラーニング Ⅱ」DX版 239コースを、リコーソフトウエア株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役:高田 外志男)の「Learn@Stage」用に提供を開始致します。

株式会社シュビキ(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:首尾木 義人)はSCORM2004対応のeラーニングコンテンツ「BISCUEeラーニング Ⅱ」DX版 239コースを、リコーソフトウエア株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役:高田 外志男)の「Learn@Stage」 用に提供を開始致します。

シュビキでは、「BISCUE LMS Ⅱ」で、SCORM2004として世界初のSCORM Adopter登録認定を米国ADLから受けており、保有するオリジナルコンテンツ239タイトル・478コースも、全てSCORM2004対応版を揃えております。

現在、国内eラーニング市場で流通するSCORM対応LMSは、SCORM ver.1.2に準拠したものが専らでしたが、今回、リコーソフトウエア株式会社で、SCORM2004版対応のLMSを発売したことから、その対応コンテンツとして提供が決まったものです。


リコーソフトウエア「Learn@Stage」
(リンク »)

ADL登録サイト(BISCUE e-Learning/LMS)
(リンク ») BISCUE LMS Ⅱ
(リンク ») BISCUE e-Learning Ⅱ


***** 株式会社シュビキの会社概要 *****

ビジネス系デジタルコンテンツの企画・製作・販売会社で、
 「BISCUE eラーニング」「BISCUE モバイル」
 「BISCUE ビジネスDVD」「BISCUE ビジネスビデオ」
のクロスメディアで、各約300タイトルを発売中。
全編CGによる解説、Learning Organization支援ツールとしての「eラーニング・ライブラリ」「DVDライブラリ」等を特徴としている。

(eラーニングの詳細は、 (リンク »)  をご参照下さい)

用語解説

SCORM2004:

米国防総省系組織ADL(Advanced Distributed Learning)が推進するeラーニングの世界標準規格「SCORM」の最新規格。

インストラクショナル・デザインに基づく、自由度の高いコース設計ができることが従来規格との大きな差で、旧規格「SCORM1.2」からの移行が各国で進められている。

詳しくは、 (リンク »)  をご参照下さい。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社シュビキの関連情報

株式会社シュビキ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR