MosP人事給与を細分化し、手軽な勤怠管理、人事管理を単独動作させオープンソースとして公開

株式会社マインド 2007年06月28日

マインドが運営するMosPはMosP人事給与の勤怠管理、人事管理を単独動作させオープンソースとして公開する。

ユーザからの要望が多い、勤怠管理と人事管理の単独動作を可能とし、更なる利便向上を追及する。

MosP勤怠管理は入力した勤怠情報を勤務表で出力できるほか、CSVでの出力も可能で、給与ソフトなどへのインポートも考慮している。

6月29日にMosP (リンク ») のホームページで公開される。

マインドは引き続きMosPシリーズのサポートを手掛けると共に、オープンソースの業務アプリケーション普及に努めていく。

用語解説

MosPとは株式会社マインドが運営する業務アプリケーションオープンソースプロジェクトで人事給与をはじめ、勤怠管理や経費精算などのアプリケーションをオープンソースで公開している。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?