『サイボウズグループのフィードパスとサルガッソーが業務提携 ~「サイボウズ Office 6 for ASP」と議事録ツールを連携させ、 機能強化 ~』

サイボウズ株式会社 2007年07月03日

サイボウズ株式会社 (本社:東京都文京区 代表取締役社長:青野
慶久 (戸籍名: 西端 慶久) 以下サイボウズ) の連結子会社、フィ
ードパス株式会社 (本社: 東京都渋谷区 代表取締役社長CEO: 津
幡 靖久 以下フィードパス) と株式会社サルガッソー (本社:東
京都港区、代表取締役社長:鈴木 健、以下サルガッソー) は、
フィードパスがASPで提供するグループウェア「サイボウズ Office
6 for ASP」とサルガッソーの提供する会議専用ウェブツール「
Sargasso eXtreme Meeting(以下Sargasso XM)」を連携させるこ
とで互いの事業を強化させ、更なる価値をお客様へ提供できるよう
業務提携することに基本合意しました。本日、2007年 7月 3日 (火
) から新たにサービスを提供開始します。サイボウズグループの
ASP事業の中核となるフィードパスは、今までの販売・運用ノウハ
ウを活かし、2007年5月15日 (火) からお手軽Webグループウェア「
サイボウズ Office 6」をASP提供してきました。これまで2万5千社
を超えるユーザーに利用されている「サイボウズ Office 6」は「
スケジューラー」や「掲示板」機能などが搭載されており、これら
の機能を使うことで、スケジュール調整などの中間業務の省力化が
可能になることはもちろん、各個人に閉じられがちだった知識やノ
ウハウなども蓄積・シェアすることが可能になります。

ビジネスパーソンにとって、会議の効率化や情報共有は、プロジェ
クトを進める上で重要な要素になります。今回の連携により、「サ
イボウズ Office 6 for ASP」のメニューから「Sargasso XM」が利
用できます。これにより「サイボウズ Office 6 for ASP」をお使
いのお客様は、議事録を中心とした会議やプロジェクトを運営して
、議事録を全員で共有しながら会議を進めることが実現され、企業
全体の生産性を更に向上させることが可能になります。両社は「サ
イボウズ Office 6 for ASP」に新たな「議事録ドリブン」(※)
の概念を加え、今後も両社のサービス連携を強化してまいります。

※ディスプレイやプロジェクターを使って、参加者全員が議論しな
がら議事録を作っていくという会議術で、全員の意識を議事録一
点に集中できることから、議論の脱線や誤解による認識のズレ等
をなくすことができます。「議事録ドリブン」の会議を行うと、
「会議の終了時点」で、「参加者全員が納得する議事録」が完成
し、議事録が手元に届くまで待つとか、解釈の違いをめぐって再
び話し合う等の、会議の「非生産的」な部分を改善できます。

詳細:「1分で分かる!議事録ドリブン」
(リンク »)

■サービス開始予定
 2007年7月3日 (火) ~

■販売価格(消費税別)

□「サイボウズ Office 6 for ASP」
 初期費用 : 無料
月額 : \1,500-/1アカウント
 月額 各オプション製品利用料: \ 500-/1アカウント

□「Sargasso XM」
 初期費用: \9,800-/1アカウント、
年額 : \7,200-/1アカウント

■目標導入社数    
100社

■製品概要

□Sargasso eXtreme Meetingについて
  (リンク »)
 Sargasso eXtreme Meetingは、会議そのものの生産性を上げるた
 めだけにつくられた会議専用ウェブツール。ブラウザ上で快適に
 動く議事録エディタと、ToDo管理の2つのモジュールから構成さ
 れています。「議事録エディタ」は議事録を中心にして会議とプ
 ロジェクトを運営するために設計された議事録専用エディタです
 。従来のエディタと同様の感覚で編集できるのはもちろん「議論
 の流れを見えやすくする機能」や、「結論を明確にする機能」な
 ど「生産的な会議」を実現する機能を多数備えています。「ToDo
 管理」は会議と会議の合い間に使用し、議事録の保管・検索、
 ToDo・メンバーなどの管理、メールなどの送信機能を持っていま
 す。
                
□サイボウズ Office 6 for ASPについて
  (リンク »)
 「サイボウズ Office for ASP」は、サイボウズが提供している
 ユーザビリティを第一に考えたグループウェア「サイボウズ 
 Office」をフィードパスがASPで提供しているサービスです。当
 サービスは「スケジューラー」や「掲示板」機能を使うことで、
 スケジュール調整などの中間業務の省力化が可能になることはも
 ちろん、各個人に閉じられがちだった知識やノウハウなども蓄積
 ・シェアすることができるようになります。ASPで提供すること
 により、サーバーの構築やソフトウェアのインストールをする必
 要がなく、インターネットにアクセスできるPC を用意するだけ
 でサービスをご利用いただくことが可能になります。

■会社概要

□サイボウズ株式会社について
  (リンク »)
 サイボウズはソフトウェア会社として1997年に設立されました。
 誰もが簡単に使えることを追求したコンセプトに基づき、ビジネ
 ス用ソフトウェアを開発・販売しています。主力製品のウェブ型
 グループウェア「サイボウズ Office」と「サイボウズ ガルーン
 」は、現在2万5千社を超えるユーザー様にご利用いただいていま
 す。今後はソフトウェア事業だけでなく、インターネットサービ
 ス事業やモバイルサービス事業などにも注力してまいります。

□株式会社サルガッソーについて
  (リンク »)
 2005年12月に設立。「文明とライフスタイルをデザインする」を
 ミッションに、ソフトウェアの開発・販売を中心とするサービス
 を提供しています。主な業務は、会議の効率化を支援するASPサ
 ービス「Sargasso eXtreme Meeting」や、誰でも簡単にホームペ
 ージを作成することのできるソフトウェア「NOTA」の提供など。
 代表取締役の鈴木健は国際大学グローバルコミュニケーションセ
 ンターの主任研究員を同時に勤め、ITMediaでの連載も手がける
 など、IT業界の牽引役的な役割を果たしています。

□フィードパス株式会社について
  (リンク »)
 フィードパス株式会社は、インターネットを通じて「情報共有の
 価値」をご提供するテクノロジーベンチャーです。企業向けITソ
 リューションとして、セキュアなメッセージングサービス「
 feedpath Zebra」、イントラブログ・システム 「blogengine」
、グループウェアの代名詞である「サイボウズOffice6」とWebデ
ータベース「サイボウズ デヂエ」をSaaSで提供しています。ま
た一方で、最先端技術を活用したWeb型フィードリーダーである
「feedpath Rabbit」をコンシューマー向けに提供しています。
フィードパスは、企業向けアプリケーションソフトのSaaSビジネ
スを中心に、アプリケーションソフトのライセンスビジネス、及
びコンシューマー向けのネットサービスの企画・開発、販売を事
業ドメインにしています。個人・法人を問わず全てのお客様にご
利用いただける革新的なサービスを、今後も企画・開発、ご提供
し、SaaSのリーディングカンパニーを目指します。

------------------------------------------------------------
《マスコミ各社様からのお問い合わせ先》
■サイボウズ株式会社 担当:村松
広報担当 村松
 TEL :03-5805-9037
MAIL:pr@cybozu.co.jp
■株式会社サルガッソー
広報担当 加藤
TEL :03-3403-6999
MAIL:info@sargasso.jp
■フィードパス株式会社
広報担当 西川
TEL :03-5728-2721
MAIL:fp-relations@feedpath.co.jp

《一般の方からのお問い合わせ先》
■フィードパス株式会社
MAIL:asp-inquiry@feedpath.co.jp
------------------------------------------------------------
※本プレスリリースに記載されている会社名、製品名等は各社の登
録商標または商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

サイボウズ株式会社の関連情報

サイボウズ株式会社

サイボウズ株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!