住まいのオンラインマガジン「イエマガ」、サポーターによるクチコミ掲載数が1200件に

第3期イエマガサポーター募集開始!

メガソフト株式会社 2007年07月03日

住宅デザインソフト「マイホームデザイナー」シリーズを開発・販売するメガソフト株式会社(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長:井町良明)が企画・運営するオンラインマガジン「イエマガ」のクチコミ掲載数が、2006年11月14日の創刊から2007年6月までに1200件を超えました。 「イエマガ」は、住まいに興味のある人を対象に、身近な住まいの情報を提供するインターネット上の読み物サイトです。クチコミが掲載されている「イエマガサポーター発クチコミ特集」のページは、一般公募で募集したイエマガサポーターからの投稿を集めたもので、同サイトの人気ナンバーワンコンテンツとなりました。

■創刊から半年間で、「クチコミ」が人気ナンバーワンのコンテンツに
「イエマガ」は、「自分に似合う住まいについて考える」ことをテーマに、メガソフトが2006年11月14日に創刊したオンラインマガジンです。創刊にあたっては、イエマガを盛り上げる「イエマガサポーター」を2006年7月より募集し、編集部が約200人のイエマガサポーターと共に制作を進めました。
創刊後は各方面からご評価いただくと共に、クチコミ特集を読んだ読者からは「先輩の皆さんの“教えてあげたい”という熱意が伝わってきました」「皆さんの意見がとても役に立ちました」「お話を聞いているような感じで、とても参考になりました」「実際に使用している方の意見は貴重だと思います。ありがとう」といった声が相次いで届きました。
2007年7月3日現在、イエマガのクチコミ特集ページにおけるクチコミ掲載数は1220件に達しています。
※イエマガ: (リンク »)

■第3期イエマガサポーターを募集!
イエマガでは、2007年7月3日から第3期イエマガサポーターの応募受付を開始します。募集要項は下記の通りです。

≪第3期イエマガサポーター 募集概要≫
[資格] 新築、リフォームを計画中、または「住まい」に関心がある方。自宅にパソコンがありインターネットの環境が整っている方。ふと感じたことや気づいたことを人に伝えるのが好きな方。
※当社製品の購入経験は問いません。
※建築・住宅関係のお仕事に就かれている方はご遠慮下さい。
[年齢] 20歳以上。
[内容] テーマごとの投稿やアンケートへの協力など。住む人の立場から、日頃「住まい」に対して感じていることや、体験談などを投稿していただきます。
[活動期間] 2007年7月19日~2008年1月16日。※6か月ごと更新
[特典]
1) 「イエマガ」の制作に参加できます。
2) アンケートなどに協力するとポイントが貯まり、貯まったポイントは賞品(圧力鍋や、折りたたみ自転車など多数)と交換できます。
3) そのほか、特別企画などに参加してくださった方には別途謝礼をお支払いします。
[定員] 150人
[募集期間] 2006年7月3日(火)~ 定員になり次第締め切ります。
[応募方法] インターネットの応募フォームにて受け付けます。詳しい応募方法については、ページをご覧下さい。 (リンク »)
[お問い合わせ先] メガソフト株式会社 イエマガ編集部
お問い合わせフォーム: (リンク »)
[詳細] (リンク »)


■報道関係者からの取材、お問い合せ先
<メガソフト株式会社 広報室/鈴木>
TEL:06-6386-5810 FAX:06-6386-4697
〒564-0053 大阪府吹田市江の木町1-38 西谷東急ビル
受付時間:9:30~11:45 13:00~17:00(土曜、日曜、祝祭日をのぞく)
E-mail:press@megasoft.co.jp

※ 本リリースに掲載されている社名、製品名、技術名は各社の商標または登録商標です。
掲載されている内容は、報道関係者向けに発表した情報となります。
ご覧になっている時点で、情報が変更(生産・販売の終了、仕様、価格、リンク先の変更など)がある場合もあります。

このプレスリリースの付帯情報

イエマガトップページ

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

メガソフト株式会社の関連情報

メガソフト株式会社

メガソフト株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?